2005年10月12日

家具

EQ2で何か面白い記事はないかとググっていると家具を主題に扱っているHPをみつけました。

←にあるリンクから飛べますがCocoMixさんです。

思ったより多種多様な装飾があるんですねぇ。
ギルドLv20でゲットできるナガラフェン(Naggy)の絵画は欲しいなぁw

それ以外にも色々と欲しいのがでてきたw

tenchi_muyou at 22:44|PermalinkComments(3)TrackBack(0)EQ2 

2005年10月09日

あらら?

#14アップデート変更
トレードスキルの経験値が50%増(全レベルで永久)
これは生産全然やってないのであまり関係ないけど、まぁよしw

▲Εーデン、フューリーのヒールに調整。
マイナスにならなきゃいいなぁ

クエスト完了の経験値が大幅増(全レベル対象。高レベルでほぼ2倍)
いまはクエスト終わらせるなということで

て各見送り:
- 3人グループ、フルグループ(4〜6人)の経験値取得率アップ。
なんでやねーーーーーーーーーんんんんん!!!!


tenchi_muyou at 23:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)EQ2 

2005年10月06日

今回の#13での変更

目玉親父






今回のアップデートでは思った以上に変化が有りました。

フューリーでは回復クラス最弱ではないかと思っていたヒール関連が改善されて、いい感じに変わってくれました。15分に1回使ってたBuffも永続に変更されるなど使いやすくなりました。

コンジェラーでは職業Spellで覚えていた召喚魔法が無くなったのが痛いですね。通常召喚魔法全然使わなかったけど中級買っておいて良かったかな。通常召喚は前よりずっと強くなってますね。召喚生物の職業でもずいぶんと違ってるようですが、そこまでは試してません。

ヒロイックには勝てなくなる修正とのことでしたが、本当に勝てないですね。緑のマイナス1ヒロイックにボコボコにされました。

魔法が表示どうりに発動されるので、その点はいいところかな。少しプレイした感じではこんなところです

tenchi_muyou at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月05日

Live Update #13 (抜粋)

今回のアップデートでは、色々変更がありますが情報が多すぎるので自分のクラスの部分だけ抜粋。

<フューリー>
・プリースト
呪文: グループ・ヒール
全てプリーストのグループ・ヒール系統は向上されます。リキャストまでの時間は短縮され、ヒール/パワー量の効率は向上します。これによりグループ全体がダメージを受けている際、プリーストはより素早く対処できるでしょう。

呪文: 治癒
全ての単体を対象とするタイプの治癒は、リキャストまでの時間がなくなり、以前よりもパワー消費が減少します。結果として、時間経過ダメージ効果を治癒することはダメージを防ぎパワーの消費を抑える効果的な方法となるでしょう。リキャスト時間がないことで、プリーストはより柔軟に複数のグループメンバーを治癒したり、異なった弱体効果に素早く対処したりすることが可能になります。

呪文: グループ治癒(42)
全てのプリーストは2つのタイプのグループ治癒に特化されます(タイプにはエレメンタル、ノクシャス、アーケイン、トラウマがあります)。各グループ治癒呪文は20秒毎に使用可能です。

呪文: 復活(22)
全てのプリーストは復活呪文をレベル22までに習得します。
プリーストの各サブクラスの直接ヒール(ヒール、アークヒーリング、グループ・ヒール)は異なった働きを持つように差別化されますが、それぞれ類似点があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・フューリー
呪文: ストライク・オブ・サンダー(23)、ストライク・オブ・ストーム(37)
ストライク・オブ・サンダーのダメージは飛躍的に底上げされます。パワー消費量は増加し、リキャストまでの時間は長くなりますが、プリーストの直接ダメージ呪文の中で最も威力のあるものになるでしょう。

呪文: ファイ・ファイヤー(35)、ファイ・フレイム(49)
5%の確率で炎熱ダメージを与える単体用の強化呪文ではなくなります。代わりとして、プリーストとメイジを含め、詠唱直後に繰り出す3回の攻撃に対して、グループ全体に炎熱ダメージを与える一時的な強化効果を持つようになります。フルグループ時のダメージ量は、メイジの強力な直接ダメージ呪文の多くを凌ぐ可能性があります。

---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------

<バーサーカー>
・ファイター
コンバットアーツ: インターヴィーン(6)、インターセプト(20)、インターシード(34)
インターヴィーン系統のコンバットアーツは、味方に対する物理ダメージを1度のみ100%遮断するように変更されます。詠唱時間を持たないため、緊急時に非常に役立ちます。グループ戦闘時にメインタンクではないファイターは、このコンバットアーツをメインタンクに使用することでメインタンクが被るダメージを軽減することができます。レイドの場合、タンクではないファイターは、メインタンクのダメージを遮断することにより、生存率を高めレイドが壊滅することを防ぎます。

コンバットアーツ: レスキュー(25)
レスキューのリキャストは以前より短くなり、ヘイトを上昇させる効果が以前よりも強力になります。グループ内でのヘイトが一番低い場合でも、レスキュー、タウント、シャウトタウントと続けて使用することでヘイトを上昇させ、ほぼ全ての敵を味方から引き剥がすことができます。

スタンス:攻撃型スタンスと防御型スタンス
全てのファイターはレベル4で防御型スタンスとしてタフネスを得ます。そしてその後のサブクラスの進行により攻撃型スタンスを得ます。状況に応じて一方のスタンスが勝ることがはっきりわかります。状況に応じてスタンスを切り替えることを覚えましょう。攻撃型スタンスは危険の少ないソロの場合や、ファイターが敵のメインターゲットではない場合に、ダメージを増加させたいときに有効です。防御型スタンスはファイターが敵のメインターゲットになっているときに非常に有効です。戦闘中でも、スタンスをダブルクリックするか、ホットキーを2回押すことで、スタンスの切り替えを迅速に行うことができます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
コンバットアーツ: ブラッド・レイジ(21)、ブラッド・フロー(35)、ブラッドボイル(49)
バーサーカーのフォーカス・レイジ系統はバーサークの発動率を特化し、ブラッド・レイジは戦闘中攻撃を受けた際に発動するリジェネレーションとして変更されます。スクリーム・フューリーと融合させることで、バーサーカーは全てのファイタークラスの中で、最も高い戦闘中の自然治癒能力を得ることができます。

コンバットアーツ: ウエポン・シールド(30)、ウエポン・ガード(44)
このアビリティは短い効果時間を持つ強化呪文に変更され、アビリティを使用した直後の3回の攻撃にカウンター攻撃するように変更されます。ファイタークラスの中で最も効率的なダメージを与えるアビリティですが、バーサーカーが敵のメインターゲットになっている場合のみ有用です。

------------------------------------------------------
------------------------------------------------------

<コンジェラー>
・メイジ
呪文: マギ・シールド(4)
この強化呪文をかけずに街を離れる理由はありません。マギ・シールドを維持するために集中力を消費することはなくなります。また、メイジのフォーカススキルを増加しソロにおいて重要となるインタラプトを防ぎます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
コンジュラー
呪文: ブレイジング・プレゼンス(50)
ブレイジング・プレゼンスは単なるペット用の強化呪文でありません。持続時間は限られていますが、ペットが攻撃したり、呪文を詠唱したり、攻撃の対象となった際には強力な炎熱ダメージを敵へ与えます。この呪文が生み出したヘイトはコンジュラーではなく、ペットへと向けられます。

呪文: ロアリング・フレイム(35)、パイロテクニック(49)
この呪文は時間経過ダメージから、ターゲットした敵を攻撃する火のエレメンタルを一時的に召喚する呪文へと変更されます。ペットが与えるダメージが範囲効果の炎熱ダメージである以外は、その機能はアケアス・ハンターに類似しています。



tenchi_muyou at 02:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年10月01日

キャンプ

昨日パーティに誘われたので入ったところ、箱狩りといわれ何をするかも分からずエバーフロストについていきました。

内容はインスタントゾーンやエバーフロストのNM狩りでしたがヒーラーが私一人なのでドキドキでした^^;

はこはこ1はこはこ2はこはこ3







はこはこ4はこはこ5はこはこ6









NM5匹ほど殺して、当りは弓になる本(黒ちゃんが作ってもらった弓)1つでした。1時間ほどで終わったのですが、NM狙いのみというキャンプはとても新鮮でした。

tenchi_muyou at 21:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)EQ2 

2005年09月22日

長かった・・・




続刊は無い物と思っていた小説が出ました。
前作の第10巻が1999年12月1日発刊ですから5年8ヶ月ぶりの新刊になります。

まだ読んでいませんが、前10巻までに国同士の戦争は終結していましたので、それまで色々と暗躍していた魔物が表舞台に出てくるようです。



・・・・というか内容忘れちゃいましたよw あらすじぐらいは覚えてますが・・・・

本何処に置いたかなぁ・・・ダンボールから探すかな^^;

ただ、とても面白い作品だったので今作も楽しみです。



tenchi_muyou at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説 

2005年09月19日

ショック・・・

雷の剣序章





SHの宝箱から出る「雷の剣」ですが、1つはクエの途中のものを、もう1つは新品を持っていたのですが・・・

消えちゃいました!!!!!!


クエを受けると別のアイテムに変わるのでまさか消えないだろうと思ってましたが、クエが終わったあと見事に消えました。一応Petiしましたが・・・・

PC売りで1p(プラチナ)なんで大ショックです。返ってくるといいなぁ・・・無理かなぁ

tenchi_muyou at 21:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)EQ2 

2005年09月15日

EQ2 UI変更

EQ1もできましたが、EQ2もUI(ユーザーインターフェイス)の変更ができます。画面のカスタマイズですね。マップ上に色々とクエスト情報を載せられるEQ2MAPもそのひとつです。
EQ2MAPは導入してたのですが、他は面倒なのでUI変更はしてませんでした。しかしグループのHPバーが細くて見えにくいので少し変更しました。

UIへんこー







http://www.eq2interface.com/
このサイトにあるコンプリートセットを使用しました。
ただし、そのままではEQ2MAPが使えなくなるので、その部分だけは変更する必要があります。
グループが見やすくなり、場所のロケーションが表示される、スキルやスペルのホットボタンが小さくなり数をおけるようになるといった感じですね。あとカスタマイズしたUIが使えるようにeq2.iniで変更してやれば使えるようになります。

ターゲットはデフォルトに近いので▲▲とか▼▼とか表示されるやつに変更しようかなぁと思ってます。

tenchi_muyou at 01:31|PermalinkComments(11)TrackBack(0)EQ2 UI 

2005年09月14日

ラヴァストーム

Lava1




火山が土地の過半数を占めるという、夏場にはあまり近寄りたくない場所ですw
あまり目に優しくない土地ですね^^;

変身魔法も覚えました


へんしーん2

tenchi_muyou at 00:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)EQ2 

2005年09月10日

されど罪人は竜と踊るシリーズ5




 今回はEQを離れて、おすすめ小説をご紹介。
この小説は森羅万象を支配する物理力を自在に操る咒式士の2人組ガユスとギギナのコンビが事件に巻き込まれていく物語です。

私は映画、漫画、小説を読む際、基本的に明るい内容を好んで読みます。というか暗い話とか悲しい話は大嫌いです。仮想の話でわざわざ暗くなりたくないっていうのが理由ですね。例外は内容がそれを感じさせないぐらい出来上がってる物、内容的にすばらしいものです。


さて、この小説ですが、とてつもなく暗いです。ええもうこれでもかって言うぐらい。しかしそれを感じさせずに一気に読ませてくれます。主人公2人の絶妙な言葉の掛け合いと罵り合いを繰り返して笑わせてくれるのですが、内容はまったく救いがないぐらいダークです。現実に起こる悲劇にはまったく救いやヒーローなど現れず、ただ現実としての悲劇のみ残されていく、、、そしてそれがまた悲劇の連鎖を起こしていく。。。 いや〜ここまで人の暗黒面(まぁ欲望ですね)を前面に出しているのも珍しいのではないでしょうか?

おすすめの小説ですが、鬱気味だったり心の弱い方は絶対読まないように!あと気分がダウンしてるときに読むのも危険です!読んだ後味の悪い小説は珍しいですが、それを感じて尚読まずにいられない作品ということです。ぜひ一度読んでみてください。

tenchi_muyou at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説