連載〜胞肓〜

「胞」は、膀胱の別名。

本穴は、膀胱兪の側にあり、癃閉を治し、鍼灸により膀胱の気の機能を増強し、小便の排出を容易にするので、名づけられた。

通利二便、強腰脊の作用があり、

腹鳴、腹部膨満感、腰背部痛、排尿困難、排便困難、尿閉などを主治とする。
FullSizeRender

連載〜志室〜

蔵することを「室」という。

「腎は志を蔵す」。

本穴は、腎兪の横にあって、腎疾患を治すので名づけられた。

精宮ともいう。

補腎健腰の作用があり、

遺精、陰萎、排尿困難、浮腫、腰背部の強張り・疼痛などを主治とする。
FullSizeRender

連載〜肓門〜


「門」は、出入りするところを指す。

本穴は、三焦兪の横にあり、の根は腎にあり、三焦の衛気は、膜に通じるので、名づけられた。

行気、活血、通便の作用があり、

尿閉、上腹部痛、痞塊、便秘などを主治とする。
FullSizeRender

連載〜胃倉〜

物を貯えるところを「倉」という。

本穴は胃兪の横にあって、胃疾患、納少不食、小児食積、背脊部痛、仰向けになれないものを治し、健脾強胃の効を持つので、名づけられた。

理気和胃の作用があり、

腹部膨満、胃痛、脊背部痛などを主治とする。
FullSizeRender

連載〜意舎〜


「舎」は、住むところ。

脾は、意を臓す。

本穴は、脾兪の横にあり、脾病・腹部膨満感・腹鳴・食欲不振を治すので、名づけられた。

健脾温陽、清利湿熱の作用があり、

腹部膨満感、腹鳴、嘔吐、下痢などを主治とする。
FullSizeRender

記事検索
アクセスカウンター

プロフィール

三毛

当院のホームページ
鍼灸(はり・きゅう)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ