-------------------------------------------------------------
北九州の花屋naturica 和田生花店
オリジナルフラワーギフトを贈れます!
門司区送料無料・小倉北区・南区送料500円
その他北九州地域送料800円
全国への配送:送料1000円
------------------------------------------------------------

どうも。
一月も半月が過ぎ、お店も春の花でいっぱいになってきました。
春のシーズンフラワーは、本当に魅力的で、
また出回る時期が限られているのが惜しいくらいです。。

春の花といえば。。いろいろありますが、球根系の花たちには
ギリシャ神話のいわれを持つものがたくさんあります。

今日はまず、ヒヤシンスを紹介しますね!

mail326-0-1








ヒアシンスの名は、ギリシャ神話の美青年ヒュアキントスから由来する。
彼は、彼が愛する医学の神アポロンと一緒に円盤投げに興じていた


しかしその親しげそうで、楽しそうな様子を見ていた西風の神ゼピュロスは、
やきもちを焼いて、意地悪な風を起こした。

その風によってアポロンが投げた円盤の軌道が変わり、
ヒュアキントスの額を直撃してしまった。
アポロンは医学の神の力をもって懸命に治療するが、
その甲斐なくヒュアキントスは大量の血を流して死んでしまった。

ヒアシンスはこの時に流れた大量の血から生まれたとされる。

このエピソードから花言葉は「悲しみを超えた愛」となっている。(Wikipediaより抜粋)

(^∀^)他にもいろいろあるので、機会を見て、紹介させてもらいまーす!