アロッタファジャイナ番外公演『クリスマス、愛の演劇祭』
感想6
松枝組『スノー・グレーズ』

慣れって恐ろしいなって思いました
ダブルのストーリーテラーにしろいきなり役が変わる事にしろ
違和感なく受けられる自分にちょっとビックリでした

松枝さんの本も良かったです
今までの中でも1・2を争うと思います

原田さんは凄いなぁと、車椅子の上なんて特に
峯尾さんは滑舌がなぁと思ったのですが、その危なさが逆に良かったのかなぁと
井川さん、ナカヤマさんは予想通りな感じでした
鎖雪役の安川さん、飛び道具はありましたけど、それ以外は?って感じもします
でも、安川さんなりによく頑張ったと思います

安川さんの演技を初めて観る人と安川さんをよく知っている人では
感想が全然違うのだろうなと思います
終演後の変わり身の速さにはビックリしましたけど