いちはらの麻雀ブログ

天鳳でサンマ天鳳位、ヨンマ10段 〓いちはら〓のブログです。
天鳳で数少ない面前、攻撃型で 三人打ち、四人打ちのダブル天鳳位を目指します。

闘牌列伝 天鳳祭り 終了◆

改めて今回の闘牌列伝 天鳳祭りを振り返ろうと思う。

ルールは以下で、天鳳のラス回避とは異なり、トップ取り麻雀だ。

【「闘牌列伝天鳳祭り」ルール】
・25,000点持ちの30,000点返し
(2位、3位、4位は終了後、持ち点をそのまま申告、トップ者に持ち点+20,000点が加点される。
 トップ者が複数の時は、その人数で20,000点を割り加点される。
 また、順位ウマとしてトップに+15,000点、2位に+5,000点、3位 に-5,000点、4位に-15,000点が加算される)。

最初の自己紹介で、大げさに自信をアピールして下さいと言われたので、
かなり自信があるようなスピーチをした。
もちろん、実際に自信があったのは事実だw。

4回の順位は、2、2、4、2と、結局優勝には届かなかったが、
自分が上がりも振込も一番多かったと思う。(数えてないけど)
しかし、本当の勝負手は何度かテンパイしたが、全て不発だった。
役2混一の親マン、ツモれば親倍マンのトイトイなど。

中でも、4回戦での親のメンピン三色リーチは、38000点位点棒を持ったトップ目だったので、
是が非でも上がってリードを広げたかった。
直前にアサピンのリーチをかいくぐり、2600オールを上がってこのリーチ。
「クックック。。やはり、やはり俺の優勝だったか!リーチ!」
日頃から、流れなどないと言いながら、
場に超絶に安い36ソウだった事もあり、当然ツモると思っていたら、まさかの流局。

上がれば優勝の可能性が一気に高まる場面だったな。。。
結局、この36ソウリーチが自分にとっての最大の見せ場だった。

オーラスは役満ツモか、独歩さんからハネ直という厳しい条件だったので、ほぼ目無し。
スズメさんはリーチで、ひとつツモがズレていれば優勝という所までせまったが、
最後は独歩さんがタンヤオの25ソウでアサピンから出上がって終了。これはしょうがない。

解説の人や、リスナーが、「いちはらの手が2234で打ちそう〜。こらえてくれ!」
みたいな発言をみんながしていた。
俺ってどんだけブンブン丸だと思われてるんだ。。。
さすがにこの状況で振り込むわけがないw。

トータルで見れば、3回戦のトップ目からラスに転がり落ちたのは、
もう少し守備的に行けば良かったのかもしれない。
しかし、自分が一番普段の麻雀を打てていたような気もするし、
全体的に見れば悔いは無かった。
本当にいいイベントに出させてもらって、麻雀やってて良かったな〜。
と思える一日だった。

人気ブログランキングへ

闘牌列伝 天鳳祭り 終了

10/25日、闘牌列伝 天鳳祭りが無事に終了した。→ 闘牌列伝 天鳳祭り

結論から言うと、優勝は独歩さん。
最終半荘まで、全員に優勝の目があり、とても白熱した戦いでかなり楽しめた。

間違いなく、自分の人生で打った麻雀の中で、
卓の面子の雀力の合計は最高レベルだったのではないか。
予定の終了時間より2時間以上早く終わって、
今までのスリアロチャンネルの対局の中で最速で終了したらしい。
対局部屋では対局者だけに聞こえる放送が流れており、何度も
「もう少しゆっくり目で打って下さい。」と言われ、ある程度遅めに打ったにもかかわらずだw。

ただ、自分でも終わってから放送をみたけれど、別にあの程度の速度なら、
観戦するぶんには問題ないのではないか。
対局によっては、12時間以上掛かったりしたのもあるらしいし、
そんなの誰もずっと生放送で付き合わないだろう。
実際、視聴者の満足度は、【とても良かった87.9%】【良かった6.4%】と、
他のプロの対局に比べてかなり高かったらしい。
自分で言うのもなんだけど、最後の半荘なんて、かなりドラマチックな展開で、
麻雀好きなら確実に楽しめると思う。
生放送のまま視聴出来るのは、11/2までらしいのでぜひ見てもらいたい。

次回は天鳳祭りの自分の麻雀について、
その次で他のプレイヤーについて書こうと思う。

人気ブログランキングへ


闘牌列伝 天鳳祭り

9段に落ちてから、イマイチ麻雀が冴えない。

次のブログの更新は、三回目の10段に復帰した記事にしようと決めてたら、
一ヶ月も間が空いてしまったw

現在のポイントは2500/3600くらい。復帰後の安定段的にも、8段に落ちる気配はまるでないが、
さすがに天鳳祭りに間に合わないので、観念して更新することにしよう。。。

知らない人も多いと思うけれど、10/25日の夜、闘牌列伝 天鳳祭りなる大会?がある。
この大会に参加させてもらう事になった。→ 闘牌列伝 天鳳祭り

参加者は、ASAPIN、独歩、すずめクレイジー、いちはら の4人。

優勝者は11月29日(土)開催予定の「麻雀の鉄人」の挑戦者として出演することになっている。
聞くところによると、芸能人とかも出るらしい。
これはなんとしても勝たねば。

ラス回避麻雀ではないので、若干有利だとは思うが、なんと言っても短期決戦なので、
どういう戦略で行くか迷うところ。
対戦者のみんなは、運営の方への質問メールをかなり出したり、やる気まんまんなので、
こちらも気合を入れていくとしよう。

人気ブログランキングへ





リアトラ終了 3.女性プロ雀士とラーメン

―性プロ雀士
【たじまなみプロ】
今回ゲスト同士の対局があり、生まれて初めて女性プロと麻雀をした。
対戦相手は、たじまなみプロ。天鳳も4マ8段らしい。
今回対局出来て、本当にラッキーだったと思う。
レジェンドが初めて打った女性プロ雀士になれたなんて。おめでとう。自慢できるね。

【白田みおプロ】
二日目の打ち上げの席で、隣に白田みおプロが座った。
計算し尽くされた表情と声。これは、おっさんはイチコロだろう。
実際、shoot39さんは、「みおちゃんのファンクラブ一号は俺って決まってるから。」
と、ライバル心をむき出しにしてきたw。
μの下出 和洋プロが共通の知り合いだったりと、麻雀業界ってホントに狭い。
これまた、レジェンドが初めてサインしてもらった女性プロ雀士となった。おめでとう。

正直、今回のリアルトライアルに参加する前は、女性プロの存在には否定的だった。
しかし、今回参加して考えが変わった。
女性プロ雀士の存在は、
癒される。かなりいい。
有りか無しか、といえば、まぁ有りだろう。


¬惴泥織鵐瓮鹵翹
リアトラ会場のすぐ近くに、有名なラーメン屋の蒙古タンメン中本があった。
東京に来たら一度行ってみたいと思っていたので、名古屋に帰る直前に寄ってみた。
ノーマルの蒙古タンメンを頼んで食べてみたが、正直、辛味はあっても旨みが殆ど無い。
これが、辛うまラーメン日本一?
正直リピートも絶対無いレベルだった。
前日に独歩さん、あーにゃさんらと行ったラーメン屋のほうが普通に美味しかった。
やはり東京は、普通に美味いラーメン屋より、こういう変わった店のほうが流行るのかもしれない。
池袋駅近くにある「カレーは飲み物」という店も、大繁盛だったし。
まぁ、食べログにも書いてあったように、日によって味が違ったり、本店のほうが美味しいとか
あるかもしれないので、一度だけで判断するのは可哀想かもしれないけれど。

名古屋人の舌に合わなかっただけかもしれないけれど、
岐阜の台湾ラーメン大吉のほうが、はるかに辛うまラーメンとして上だと思う。
田舎なのに、十数年前から、行列が絶える事がない。
ネットショップもあるので、辛いラーメン好きはぜひ。(売り切れが多いけど)
台湾ラーメン大吉ネットショップ

人気ブログランキングへ

リアトラ終了 2.昔の麻雀仲間

【事前情報のリーク】
天鳳にゆいちゃんのパパという雀士がいる。彼は今回参加しなかったが、
15年以上前からの知り合いで、「いちはらは髪型がスネオ」という事前情報を
色んな人にリークしてたらしいw。
あんな絵合わせ雀士が10段達成とは。。
 いつも打っていたメンツは、やはりレジェンドが手合わせしていただけあって、
レベルが高くなっているのかもしれない。
先週もリアルでセットで4マを打ったが、その中の一人のkyonko11も、
鳳東4000試合以上打った中では、平均順位1位だ。
もうひとりの奴も、天鳳はほとんどやってないが、打ち込めば10段はいけそうな感じ。

【旧友との再会】
リアトラ一日目、終了間際に15年以上前から知り合いの、
μ(ミュー)の下出和洋プロが会いに来てくれた。
彼とは大学時代によく麻雀を打った。お互い別の雀荘に勤務していたが、
彼の雀荘に行くとよく、「打牌はソフトにお願いします。」
と注意されて恥ずかしい思いをしたのを思い出すw。
彼が主催したリーグ戦、ヒゲリーグでは、
一方的に搾取した  熱い戦いを繰り広げた のはいい思い出だ。

最近、彼が天鳳でも打っているのを見かける。
μしもでというIDで打っているみたい。
自分の所属団体と名前を
ここまで明確にして打っているプロは他にいるだろうか。
天鳳で打っている麻雀プロは沢山居ると思われるが、
その殆どは自分の団体や個人を特定されないようなハンドルネームで
打っているのではないだろうか。
もっと沢山のプロが、団体や個人名がわかるようなハンドルネームで打ったら
面白いのになぁと思う。

人気ブログランキングへ

リアトラ終了 1.天鳳雀士の人達

9/13、14と二日間に渡って開催された、天鳳リアルトライアルが無事終了した。
初めて参加したオフ会だったが、日頃天鳳で打っているみなさんや、
麻雀関係の色々な人達と会い、非常に楽しい二日間だった。
色々と書きたい事があったので、何回かにわけて書こうと思う。

【天鳳位達】
・天鳳位のアサピンさん、独歩さん、すずめさんの3名と初めて会った。
何切るについて議論したり、初日の大会では全員が予選敗退した為、
四人で東風戦を打ったりした。
10/25にスリアロチャンネルで、この四人で対局する為、とりあえずラスを引いておいた。
本番ではもらったな。。
このスリアロチャンネルでの優勝者は、
麻雀の鉄人というニコニコ生放送での番組に出演するようだ。
 3代目天鳳位の独歩さんと福地誠さんが、
最下位だった人が頭を坊主にする対戦を10月にするらしいので、
是非とも独歩さんに負けてもらって、坊主で出場してもらいたいw

【天鳳位の嫁】
・女性があいさつしてきた。「いちはらさん、はじめまして。サンマ天鳳位abantesの嫁です。」
時代が違うので同卓した事はないが、サンマ天鳳位の奥さんのあーにゃさんにあいさつされ、
今度大阪で全員サンマ天鳳位のセットを打つ約束をしたw。

【福地誠】
・福地誠さんとはじめて会った。
会場に現代麻雀技術論という本が置いてあったので、
福地さんに、「麻雀勉強したいので、本くださいよ。」というと、
「そんな上っ面だけの言葉はいい。あんたは表舞台に出てきてはいけない人だ。」
と、初対面とは思えない発言がw
まぁ、確かに勉強しようなんて1ミリも思ってないのは間違いないが。。。
それでも本を欲しがると、
「大会の賞品で提供した3冊しかないから、1冊盗んでいいよ。」とのお言葉が。
この人、ブログで感じるそのままの人格すぎて笑った。

・その他にも、色んな人が挨拶や麻雀の質問などに来てくれた。
十数人の人にサインをして下さいと言われ、生まれて初めてのサインもしたw。
日頃からディスプレイの向こうでは、
「てめー!そんなクソみたいな手で勝負してくんじゃねぇよ!」とか色々と、
罵詈雑言の浴びせ合いをしているであろう人達も、リアルでは礼儀正しい。

こちらも礼儀として、二日目の最後のゲストのあいさつで、
「四人打ち鳳凰卓のみなさん。いつもポイント有難うございます。これからも宜しくお願い致します。」
ときちんと日頃のお礼を言うのは忘れなかった。

人気ブログランキングへ

いよいよ今週末


いよいよ天鳳リアルトライアルが今週末となった。
ネット麻雀のオフ会は、東風荘時代から考えても、ほぼ初めてだ。

今までも何度かオフ会に誘って頂いた事はあった。
だいたい開催が関東や大阪だったりして、
なかなか参加する機会はなかったが、今回はゲストとして参加する事にw。

色々な人達と会うのも楽しみだが、今までの対戦相手の中で、
誰と一番会ってみたいかというと、やはり、〓松井CS〓さんだろう。
(残念ながら、今回は参加されていないようですが。)
自分のハンドルネームの〓は、〓松井CS〓さんのハンドルから付けたものだ。

10年以上前になるが、彼とは第3東風荘でかなりの数の対戦をした。
東風荘は対局が終わると、退室しない限りチャットが出来る為、
「じゃあまたここで。」と言っては、同じ卓で5連戦とかざらだった。
ひょっとすると、ネット麻雀で対戦した回数が一番多い人かもしれない。

お互いにどちらかが第3東風荘最強だとわかっていた為、
かなり熱い戦いが繰り広げられたのを思い出す。

松井さんは、とにかくトップへの執念がものすごくて、役満ツモしか届かない場面での
見逃しとかも平気でしてくる人だった。
本当に強かったなぁ。
「この人、まじでめちゃくちゃ強い。。。下手すると、俺に匹敵するっ!」
当時の偽らざる感想だ。

第1、第2、第3東風荘の代表が選ばれて対戦する、殿堂入りプレイヤーの大会には、
第3東風荘から、松井さんといちはらが選ばれて、熱い戦いをしたのはいい思い出だ。

天鳳にはこういった、強豪プレイヤー同士で何度も対戦する仕組みはないが、
10段4人で対戦しても、ポイント的にお互いがボロボロになるだけだと思うので、
まあ、いらないかw

色々な人達と会えるし、初めてのオフ会を楽しんでくるとしよう。

人気ブログランキングへ

サンマのススメ

天鳳リアルトライアルでサンマの対局を行う事になった。
もともと自分はヨンマよりサンマが好きで、ネット麻雀でサンマとヨンマがある場合、
必ずサンマを選ぶほどだ。

選ぶ理由としては、やはり単純にサンマのほうが実力差が出やすくて面白いからだろう。
最近は変わってきたが、昔は東海地方ではサンマといえば、
完先2ハン縛りでつもり損無しが普通だった。(親のハネマンをツモると9000オール)
このルールだと、えげつない程に実力差が出る。

昔、通っていた雀荘のメンバーや常連達とサンマのセットをよくやった。
実力的には、Aランク5人。B、Cランクが15人くらいだったか。(もちろんいちはらはSランクw)
長時間セットで打った場合、
ヨンマの場合、つかなければ負ける事もある。
サンマの場合、Aランクが居ると負ける場合も当然あったが、B、Cランクしか居ない場合、
負けた記憶はほぼ無い。一晩に点3(千点30円)で7万勝った事もあるw

以下にヨンマとサンマの違いを少し書いてみよう。

【ヨンマ】
**************************************************
情報量と不確定要素が多すぎて、確定している情報を使った状況判断で精一杯。
「ネット麻雀で好成績を残すには、特別な読みなどが必要なんですか?」
みたいな質問を受ける事があるが、ヨンマに関して言えば、そういった読みはほぼ不要。
せいぜい、単騎待ちの選択くらいだが、それに関してはあまり差はつかないだろう。
自分も含めて、確定した情報ですら完璧に処理出来ないのに、
不確定要素をあれこれ読もうとしても無駄だ。
多少読めたつもりになったとしても、その情報を利用して受けを変えたり、
ターツ選択をするなど、下手すると打ちにまわったり、逆効果になる。
素直に牌理と打牌の安全度等で判断するべきだろう。
確定している情報の処理がほぼ完璧になれば、天鳳でいえば天鳳位までは行けるはずだ。
**************************************************

【サンマ】
**************************************************
対戦相手が一人少なく、萬子も19以外無い為、情報量と不確定要素は
ヨンマに比べればはるかに少ない。
ヨンマではほぼ意味のない山読みなども、有効な場合がある。
一人がピンズ染手の場合、もう一人の捨て牌だけでソウズの情報はかなりわかる。
ヨンマだと、ソウズ待ちにもって行きたいと思っても、なかなかツモが言うことを聞いてくれないが、
サンマの場合、マンズが無い分、はるかに自分の思い通りの待ちに持って行きやすい。
完全な傍観者になる場面も少ない為、自分のミスが他家の上がりに直結する。
サンマは運の要素が強いという人もいるが、それはみな平等。
他家のリーチ後の打ち回しも、サンマ特有のセオリーみたいなものもあり、
ヨンマのようにベタオリするしかない場面は少ない。
上達すればするほど、勝てるようになるのが実感出来る。
**************************************************

サンマよりヨンマが流行ってるのは、フリー雀荘の経営と関わってるんじゃないだろうか。
実力差が出やすいゲームというのは、ギャンブルとして成り立ちにくい。
胴元の立ち場から言えば、客が平等に場代分負けてくれるのが一番ありがたいはず。
フリー将棋なんてものが成り立たないのは、実力差がある場合に、確実に実力者が勝つからだ。

簡単にヨンマとサンマの違いを書いてみたが、どうだろう。
少しはサンマが打ちたくなってきたのではないだろうか?
サンマが上達すれば、dora麻雀で稼ぐ事も出来るし、(ただし、まともに稼ぐには相当な腕が必要)
打った事がない人は一度打ってみてはどうだろうか。

人気ブログランキングへ

天鳳リアルトライアル4 ゲスト依頼

天鳳リアルトライアルという天鳳の大規模なオフ会のようなものがあるのをご存知だろうか?
http://www.tenhou-rt.net/

正直、このオフ会の存在自体、今年初めて知り、名古屋で開催なら出たかったなー、位に思っていた。
しかし、サンマ天鳳位なんて天鳳のオフ会ではゴミのような存在だろうし、実際参加する事はないかw。
その程度に考えていた。

ところがある日、まさかの天鳳リアルトライアル4 ゲスト依頼メールが。
どうせ東京に行くならと、二日ともゲストとして参加する事になった。

しかし、他にもゲストが何人か来るらしいが、みなさん麻雀の表街道を歩んで来たような人達ばかり。
眩しすぎるぜ。この中に俺なんて入っていいのだろうか。。。

昔通っていた、高レート雀荘の光景が頭をよぎる。
あるメンバーは、
「いや〜。麻雀負けすぎて、女房の実家売っちゃったよ。ケッケッケッ」
と笑いながら言っていた。

寿司屋のオヤジは、種銭が尽きて店を出たと思ったら、
額に赤字で「必勝」の文字の書かれたハチマキをして来た。
「春日井の銭は名古屋に持っていかせんぞ!」
この日以降、オヤジを店で見る事はなくなったw

今から考えれば、阿佐田哲也の小説に出てきてもおかしくないようなすごい時代だったな。。。
そんな自分が、このような健全なオフ会のゲストとして呼ばれるのは、感慨深いものがある。
現在、天鳳ヨンマは、3190/4000で、後少しで天鳳位になる。
やはり、鳴き麻雀の軍門に下ってからは、ひどいラスモードも引かなくなったので、
ヨンマ天鳳位は時間の問題だろう。

多分、最初で最後のW天鳳位(仮)だと思うので、(そんな暇人は他にいないw)
よかったら参加して下さい。
一緒に麻雀打ちましょう。運営さんがOKならサンマでもいいので。

人気ブログランキングへ

ハイブリッド麻雀の完成

2014年になってから、2年ほどまともに打っていなかった天鳳ヨンマを本格的に再開した。
サンマ天鳳位は、ブログのタイトルにも書いたように、面前、攻撃型で押し切って登り詰めた。

同じようにヨンマも面前、攻撃型で行こうとしたが、結局10段すら届かずに
壮絶な地獄モードで7段落ちし、
「俺の麻雀スタイルでは天鳳ヨンマは9段止まりなのか。。。」と、失意のまま天鳳を引退した。

しかし、久しぶりに天鳳のサイトを見ると、昔はほとんど居なかった10段が結構居る。
しかも、ヨンマ天鳳位まで誕生しているではないか!
これは、結婚する前に人生最後のネット麻雀鬼打ちをしてみるしかないな。
再開する以上は、以前のように面前へのこだわりは捨て、鳴きも大幅に増やしてみる事にしよう。
これでダメなら、諦めもつく。
いちはらが面前へのこだわりを捨てる。例えるなら、
「ラオウが馬から降りて戦う」といった所か。。。

そして、天鳳再開から大体1200戦程度戦った結果。
1200戦安定10段









安定段位10段越え!これはこのままの成績なら普通に天鳳位に届くという事だ。
この成績は、以前の面前型では、決して到達出来なかった領域だと言っていい。
1000戦位ではわからない、最低5000戦位しなければ、実力通りの結果は出ないという人もいる。
しかし、実際に5000戦している人なんて数少ないし、その5000戦の間で全く雀力が変わらないという
前提がそもそも間違いなので、まぁ勘弁してもらいたいw
個人的には、その人の雀力の目安の指標として公平な値があるとすれば、
その人の全ての戦績の中で、一番好成績の1000戦の部分を抜き出した値とかが最適ではないかと思う。
直近1000戦だと、好不調の波が激しいからだめだし、誰でも長く麻雀を打っていれば超絶確変は何度か引いているはずだからだ。
この値なら、最初の1000戦は2.55、次の1000戦は2.45という人の実力も正当に評価出来る。

1200戦の間には、最初の10段でR2375→R2200の地獄モードも経験しているし、
トップ目から国士を打ってラスったりと、ツイテナイ時期も当然あった。

というわけで、ついに面前と鳴き麻雀の完璧なバランスにたどり着いた!(と思うw)
鳴いてよし。面前よし。蝶のように舞い、蜂のように刺す。
ハイブリッド麻雀」が完成したのだ。

プロ野球選手は、絶好調時には、「ボールが止まって見える」らしい。
今のいちはらの状態を例えるなら、
「麻雀牌が止まって見える」といった所か。
完成したバイブリッド麻雀を駆使して、このままの勢いでヨンマ天鳳位まで上り詰めたいものだ。

人気ブログランキングへ
プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ