ぼっかけ焼きそば
 自他共に認めるカレー好きの私だが、実は焼きそばも大好きだ。
 カレーは専門サイトを運営している立場上“真面目”に食べることが少なくないけれど、焼きそばには何の責任も義務もない。ワガママに楽しんでいる。

 先日、おいしい焼きそばを食べた。期待していなかったのに、意外なおいしさ…メッケモンというやつだ。
 「長田本庄軒」という焼きそば専門店。嘉島町のショッピングセンター「ダイアモンドシティ・クレア」のカフェテリアに入っている。

 主力メニューは「ぼっかけ焼きそば」。その名の通り、牛スジとコンニャクを甘辛く煮た神戸名物のぼっかけを具にしてある。濃厚なソース味に、不思議と馴染んでいる。ぼっかけは見た目よりもあっさりしており、お好み焼きに入れる食べ方はポピュラーだし、カレーなどに合わせてもうまいのだ。
 この店は、極太のそば麺も特徴。九州で焼きそばに使われるチャンポン麺より太い。モッチリとした歯触りで、噛み締め甲斐があり、食べ応え充分だった。

 ショッピングセンターで食事をする時、私はレストランよりカフェテリア(フードコートとも呼ぶ)を利用することが多い。レストランのような“箱”には、テナント料や人件費が余計にかかっているはずで、それは料理の値段や質に影響するだろう。
 カフェテリアは総じて値段が安い。和・洋・中いろんな料理屋台が並んでいて、ハンバーグとエビチリと生ビール…みたいな自由な食べ方ができるのも魅力。

 ただ、カフェテリアで複数の店から料理を集めるのは、なかなか面倒だ。
 テーブルを確保して、料理のトレイを置いた後、別の店に行く。心配なので、目はテーブルの方を向いたまま。オレの飯、大丈夫かなぁ…。
 店員から「お客さん! 何にします?」と急かされ、ハッと我に返ったりする。