100円ショップでそろえた薫製の道具
 ベーコンを自作したい…と思い立ったのが数年前。きっかけは忘れてしまったが、食欲だけはくすぶり続けていた。

 重い腰が上がったのは、どこかで「100円ショップの商品を組み合わせて薫製ができる」と聞いたから。安く手軽にできるなら、それが一番。…ベーコン作りに不可欠な薫製を行うには、手間も費用もかかるため、これまで手が出せなかったのだ。
 近隣の100円ショップで、鉄製の小さな中華鍋、円形の焼き網、そしてボウルを購入した。いずれも直径は21センチ。あと、薫製用チップとザラメ糖も買う。
 薫製の道具が1000円以内でそろった。何だかワクワクしてくる。

 初めての薫製は、鶏のササミ。クレイジーソルトを強めに振ってもみ込み、ビニール袋に入れ、冷蔵庫で2時間ほど寝かせおいたものだ。

 中華鍋の底にアルミフォイルを敷き、薫製用チップとザラメ糖を入れる。合わせて大さじ山盛り1杯程度。その上に焼き網を載せ、ササミをサッと水洗いして並べる。
 ガスコンロに点火。強火で熱していると、やがてザラメ糖が溶け、ブスブスと煙が立ちのぼる。樹木が焦げたようなにおいも。
 焼き網にボウルを被せ、コンロを弱火に落とす。あとは待つのみ。

 20分後。コンロの火を消し、おそるおそるボウルを取った。
 ササミが飴色に染まっているではないか。思わず「おっほほ♪」と笑ってしまう。
 切り分けて、ビールのツマミに。薫製ならではのフレーバーが鼻腔に抜ける。適度な塩味がついて、うまいうまい。ビールがグイグイと進むぞ。

 次はベーコンだっ!

 拳を固めて盛り上がっているところに、外出していたカミさんが帰ってきた。鼻をクンクンさせて「うわ、煙くさ〜。においが家具とかに移ると困るから、ベランダでやってよね、ベランダで」。

 次はベランダでベーコンだっ!