日常探求とこだわり

日常生活におけるこだわりを書いています。
頭に浮かぶ女性を追い求め、自転車を漕ぎながら精神世界を探求中です。
トレーニング・サイクリング・精神世界・食べ物・現実逃避の内容がメインです。

2016年08月

私は、一見素直に人の言う事を聞くようでいて、その実全く人の話を素直に聞かなかったりします。
自分でも聞いていないと言う自覚があり、相手からも全然言う事を聞かないと説教される事がよくあります。
空手道場では、「頷きながら否定している。」と言われました。

別に人が話している事を無視する訳ではなく、ちゃんと耳を傾け内容は頭に入れているのですが、明らかに信じていないのが態度に出てしまっていると言う事なのでしょう。
例え私が、「ありがとうございます!私もそう思います!楽になりました!」と媚びを売ったとしても、その態度が胡散臭く見えてしまっているのか、印象が悪いみたいです。

そんなんですから、場合によっては周囲から袋叩きにされる事もありました。

でも最近になって、それはそれで良かったのではないかと思っています。
なぜかと言うと、一回頷きながらも、その後に「果たしてそれは本当なのだろうか?」と『考察』と『検証』をする人間だったからです。
人の話をそのまま頭ごなしに信じず、考察と検証を間に挟むようにしていたと言う事です。

よく、「あの人の言っている事は本物だ!!絶対に正しい!!絶対に真実だ!!学べる事はとても幸せな事だ!!」と絶賛されている方が周囲にいたりするのですが、
私からすると、よく他人の言葉を、そのまま己の『真実』として組み込めるものだと思ってしまいます。
その方がそう思い信じていると言うだけで、実際にそれが『真実』であるかどうかは別の話であり、その事に関する十分な考察がなされていないように見受けられたりもするからです。

酷い時は、相手を信じる根拠が、『自分がその組織に所属しているのだから絶対に正しいに決まっている。』と思い込んでしまっている場合です。
最早、『考察』以前に自分の感情だけで相手の事を『本物』だと断定し、『真実』であると思い込んでしまっている。
いや、『思い込もう』としてしまっている。

読んで下さる方にとって不愉快な内容であるかも知れませんが、
『饅頭』で例えると、表向きの目に見える『皮』と、その『中身』は必ずしも一致する訳ではないと言う、ごく当たり前の事を指摘しているのです。
人の良い方程、自分の思考と考察を捨て、感情で表向きの『饅頭の皮』を『真実』として信じ込んでしまっている。

口を悪くして言うと、多くの人が『権威』にそそのかされて、上辺の綺麗事の部分である饅頭の皮しか見ようとしていないのです。
ビジネス、宗教、スピリチュアル、自己啓発を始めとする多くの分野では、饅頭の皮の部分をあたかも真実であると触れ込み、それをそのまま真実として信じてしまっている場合が多いように見受けられます。

人間は、そもそも『権威』に弱い。
『権威』が目を曇らせてしまう。
○○億円売り上げただの、書籍が○○万部売れただの、○○と言う有名人とコラボしただの、○○先生のお墨付きが得られただのと言った『権威』そのものを信じてしまっている。

『権威』と『真実』は、必ずしも一致する訳ではないと言う事は、私みたいな糞馬鹿にだって分かります。

私のような糞馬鹿うんこチンチンから言わせれば、『権威』を武器にして商売をしている方がおられた場合は、要注意、若しくは少なからず警戒には値すると言う事です。
だって『権威』の力を利用し、己の言葉の『信憑性』を高めようとしているんですよ!?
それが必ずしも『真実』とはイコールではない事なんて当たり前じゃないですか?

稀に、物事の『真偽』ではなく、自分の信じたいものを守ろうとしている方とちょっとした揉め事になる事があるのですが、
その時に私が、『証拠』を突き付けると、突然話題を逸らされたり、感情的な反応を示されてしまう場合があります。

言い方が悪いですが、「あなたは『思考停止』されており、『感情』で物事を判断なされているのでは?」と思ってしまうのです。
更に悪い言い方をすれば『洗脳』されている場合もあると言いたいのです。
だからと言って、守りたいものに対する信頼・尊敬・共感などの感情まで否定しろと言っている訳ではなく、ソレはソレ、コレはコレと言った感じで、物事の『真偽』と個人的な『感情』は分離すべきと思っています。

以上の事から、物事に対する『考察』と『検証』は、非常に重要だと言いたいのです。
そして『感情』だけで物事を信じるな(判断するな)と言う事です。
検証をせずに信じたいものを信じてしまっている。
それでは、いつか騙される可能性がありますよ!?

人から何か言われた際も、相手が『断定』して来た場合は要注意です。
相手の自信ありげな『断定』を、感情だけで信じるなと言う事です。

しばし冷静になり、『断定』に関する『根拠』を考察なさるのがよろしいのではないかと思われます。

身近な事でも、『真実』と言うものはそんな簡単に分かるものではありません。
近所の美味しいケーキ屋さんの最高級カカオをふんだんに使ったチョコレートケーキに、『犬のうんこ』が混入いない保証なんてどこにもないと言う事です。

『真実』と言うものは、そう簡単に分かるものではない事から、取りあえず結論を『確定』させずに、『保留』する事をお勧めします。
物事を仮の答えとして『仮定』するのです。
その後も『考察』と『検証』を繰り返し、『仮定』を『真実』へと近づけて行く。

それが正しいのではないでしょうか?

あくまで私は、物事に対する『真実』に付いてフォーカスした記事を書いてますが、
別に嘘でも心地が良く、それで楽で幸せで都合が良いのなら、それはそれでいいんじゃないかと思っています。

今回の記事を書いたのは、個人的な感情は勿論な事、世の中が良くなって欲しいからです。
いや、別に義侠心から世の中が良くなって欲しいと願っている訳ではなく、私自身がもっと素晴らしくなった世界で楽で幸せな生活をしたいだけです。

世の中で様々な事が起こっていますが、メディアで言われている事を鵜呑みにせず、それに対する様々な反対意見や異論を見てから『考察』し、『検証』する事が非常に大切だと思います。
私達は、『思考停止』した状態で、上からの情報を鵜呑みにするように『洗脳教育』されてしまっている。
私達を洗脳教育している側にとって、最も脅威なのは、洗脳が解け、一人一人が『考察』し始める事です。

私達、一人一人が『考察』し、『検証』をし始めた時、様々な『真実』が明るみにされ、今の世知辛い世の中を作ってしまった『原因』が浮き彫りにされる。
その時になって初めて、世界が平和へと向かう事でしょう。少なくとも私はそう考えています。
決して偉い指導者を信じて付いて行っているだけでは、世の中は変わる事はない。
だって、その偉い指導者が『洗脳教育』する側だったとしたら、ミスリードもいいとこでしょ?

一人一人が本当の意味で賢くならない限りは、平和など訪れる事がないと私は考えています。
全人類の内、1%が『考察型』の人間になるだけで大分違う筈です。(そんだけいたら支配者側も一々探して始末し切れないし、コントロールし切れない。)
むしろ思考停止した傀儡人間が多い程、支配者にいいように利用され、平和が遠のいてしまう。
日本を支配し操っている存在が誰であるか?世界中で戦争やテロを仕組んでいるのは誰であるか?
その正体を、我々一人一人が考察し始めるようになった時、もう支配者は『洗脳教育』により騙し続ける事が出来なくなります。

世界情勢だけではなく、身近なビジネスでも、顧客が考察や検証をし始めた時、成り立たなくなる分野は沢山あると思います。
特に、相手の思考を奪い『傀儡』にするような『洗脳ビジネス』なんてそうですよね。
一人一人が考察を始めるだけで、思考停止洗脳ビジネスは、この世界から消え去ります。
しかし、この場合も自分では何も考えず、指導者の言う通りにしながら生きている方が楽で安心と感じる方が多かったら、洗脳ビジネスが存在する価値はあるのではないかと思っています。

『饅頭』の『皮』だけではなく、『中身』を見た上で、物事の『真実』を見極めていきまっしょい!!

なんか非常に偉そうな事書いちゃいましたが、ボク・・・、ご存知の通り、そこまで『考察』していないっスから・・・。
今までかなり適当な事を書いてますし、普通に騙されたりしてしますからね。
偉そうな事書いちゃって、ホントごめんな!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックせよ・・・

次の記事以降、いつも通りの平常運転で、可もなく不可もない、どうでもいいような内容に戻そうと思います。

本日、仕事中に某自己啓発ブログのI先生との連絡を取る事が出来ました。
前記事『持論の根幹』


絶対に無視されると思っていたので、まさか応対して頂けるとは思ってもみませんでした。
先生からのお言葉により、私の中の先生に対する『怒り』は消え、とてもスッキリとした気持ちでトレーニングに集中出来ております。
なんと先生は、私の人生がこの一年で楽になった事に対し『嬉しい』と書いて下さり、これからもどんどん良くなる事を心から『応援』しているとの激励まで下さったのです。

先生との一連のやり取りで、時々、蒸し返していたI先生に対する『わだかまり』も消え去りました。
石田先生からは、自分のブログにだったら自由に発言しても良いとの許可を頂きましたので、その一連のやり取りを掲載させて頂きます。

I先生、最初、滅茶苦茶無理難題を吹っ掛けてしまい、大変申し訳ございませんでした。
5bca835d
198c093a
46db9b57
以上が、I先生との一連のやり取りです。

本当に救われましたよ。
I先生の言葉の『重さ』が分かったのですから、これ以上の救いはありません。
肩の荷が下りて軽くなりました。

私が訴えた事に対して一つも『釈明』しない辺りが、本当に先生らしいですね!

一応、I先生のブログの過去記事を軽めに検索したので、一連のやり取りと見比べて頂ければ、先生の言葉の『重さ』が良く分かって頂けると思います。
その過去記事での言葉を参考にして、先生に対して、ちょっと無理難題に近い要求をしてしまったのです。

それでは、先生の名言シリーズ、行っちゃうよぉ~~~~!!!

「おかしい」と思ったことは、その感性に正直になって、ちゃんとモノを言う。だけど言うからには、間違った時はちゃんと謝罪できるように、実名で正直に発言する。それくらいの覚悟と責任は持っているつもりです。


やっぱ、オレは批判する側よりも、される側でいたい。もちろん批判したり、disったりすることもあるけど、そのときは堂々と実名で。それもまた勇気のいることだけど、自分の言葉には責任持ちたいですもん。


「あいさつ」と「きれいな言葉」と「後始末」、、、これができる人間に育って欲しいという願いが込められており、 ちょっと感動してしまいました。世の中、この3つができない大人も少なくありません。ろくすっぽ挨拶もできず、悪口や不平不満とか汚い言葉ばかりで、自分 のことは棚に上げて責任を取らずに逃げてしまう。実際、世の中、こんな大人が多いのも事実。これからの日本を少しでも良くしていきたい。そんな願いが感じ 取られました。

どうでしたか?
凄く立派な事が書かれていますね。
私には、そこまで書けません、それが凡人である私との差なのでしょう。

ちょっと時間がなくて三つしか掲載出来ませんでしたが、先生の言葉の『重さ』を理解するには十分だと思います。
もっと時間を掛けて探せば沢山の名言が出て来る事が予想されますが、私も私で忙しいのでそんな暇はございません。(今度時間がある時に書籍、ツアーの記録、セミナーでのレジュメに目を通そうと思います。)

兎も角、楽になった・・・。

今回の記事は、グループで起こった事の裏側を批判しているだけであり、詐欺にあったとかではないです。
離反理由はリンク先の記事の下部に記載『醜いアヒルの子状態』
●過去記事からの要約●
主催者のI先生からは、以下のような扱いを受けました。
・基本的に私の存在は無視され、話し掛けても無視、話し掛けられた事に対して答えても無視される。(人間としてその態度はどうなのかと思う。)
・どうやら私は児戯に等しいらしい。(これは文章で書かれたので、二年以上前のブログのコメントを探せば残っていると思います。)
・お前は、国○さんの次につまらない。と言われ、ツアー中は、存在を抹消されたように無視される。私にだけは意図的に話し掛けない。(一応こちらは、お金を払ってサービスを受ける立場なのですが・・・)
・お前は『真面目に生きていないから』と言う理由で、ツアー中に行われた神社での御神事への参加を私だけ拒否される。(こちらも一応お金を払ってサービスを受ける立場ですが、恐らくサービスの対象外が存在しているのでしょう。私は対象外と規約に書いて欲しかった。)
・ 食欲に支配されている。注目を浴びる為に腐った豆乳を飲んでいる。お前の苦痛の原因は周りから普通に見られる事。苦しんでいるように見えるけど本当は毎日 幸せ。と言うような謎の迷言を発する。(身体作りの為にノンサプリメントで1日160gのたんぱく質を取るようにしているから、食事が多くなると本心から 返したのに、それすらいい訳だと一蹴されました。)
・存在してはいけないと言うビリーフがある。(これは要素としてはあるのかも知れないが、手当たり次第に言っている感がある。)


最後に、もうこれ以上は、自分自身の内面が本格的に濁り始めてしまうので、よっぽどの事が起こらない限りは、この件に関しては終わりにする事に致します。
折角良くなって来たのに、また『怒り』に囚われるような事には、もうなりたくありません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックしてちょ!

空手道場の方は、『物証』が無いので、ずっと動けないままでいます。
道場に対する忠誠心から、当時、『録音』『ビデオ撮影』等の証拠の確保をしようとしなかったものでして・・・。
メール等のやり取りもなかったので、一切証拠が残っていないのです。

もし、このまま道場へ行っても、人前では「高田君、久しぶりだね!!ずっと元気にしてたのかい!?」と言った感じで、上辺だけフランクに迎え入れられ、しばし社交辞令続いた後、帰らされる事は明白。
私が訴えても、今回の先生とのやり取りの様にいなされてしまう事でしょう。

もし、仮に大きな証拠があったとしても、その宗教が抱える『弁護士』は、裁判に於いて無類の強さを誇るので、勝つのは難しいです。
私は、こんな性格ですので、他流派の友人を通じ、たま~に現況や噂を聞いたりはしています。

前回の記事で実名を出した以上は、名誉棄損で訴えられても仕方がないと思っています。
零細ブログですので、弱者の一人相撲と言う形で終わりにするつもりでしたが、個人的なメッセージやブログコメントを団体関係者の方達から頂けました。

私が書いた内容は、その団体の主催者の先生から受けた『屈辱』と言う個人的な事だけではなく、
その先生の私に対する『言動』と『行動』が、先生のブログに常々書かれていらっしゃる内容の『根幹』に関わる事なのではないかと言いたいのです。

例えば先生のブログには、幾度も「人間誰しも存在価値があって素晴らしい。」と書かれていました。(若しくはそれに近い言葉。)
それは、悟りを開いた先生から発せられる『心の底』『魂の底』からの言葉なのだと思います。

「人間誰しもが価値があり、それは素晴らしい事である。」
「だからこそ願望を叶えて最高にハッピーな人生を送ろう!!」
先生のブログから抜き出した言葉そのものではないので、私が歪曲させてしまっているかも知れませんが、少なくとも私はそう言っているように解釈しています。

もしそれが、私が先生から「ハッキリ言って児戯に等しい。」や「真面目に生きている人間しか、この先に入っちゃいけないから。」と言われたとしたら、単刀直入に言って、常々先生のブログで書かれている言葉と抵触しますよね?
先生は、私に対し、「お前には価値ない。児戯に等しい人生である。」と言っているつもりはなかったのかも知れませんが、
少なくとも、前の記事に書いたような扱いをされて来た私は、先生から『お前だけは、例外的に無価値である。』と断言されたように認識しました。

ちなみに、2014年5月の東京飲み会を最後に、以後先生と会う事はなくなり、電話やメッセージのやり取り、ブログコメントのやり取り、フェイスブックの「いいね!」も一切なく、
『児戯に等しい』レッテルを貼られたまま、関わりが断たれた状態で今日まで過ごして来ました。

もし、私が数々の困難と直面していなければ、その言葉にショックを受け、病気になっていたかも知れません。

だって、「人間誰しも価値がある。」と言っている先生に「ハッキリ言って児戯に等しい。」と書かれた訳ですから、その言葉の重さは並々ならぬ訳です。

私が「その言葉は本当なのか?」と、考察するタイプの人間でなければ、それなりにダメージを受けていたと思います。
事実、私のブログのワード検索で『児戯に等しい』と言う単語を打てば、その言葉が含まれた記事が幾つか出て来る筈です。(10個位出て来ると思ったらそうでもなかった。上手く引っ掛からない。一応参考までに、真相追及者勿論今編集した訳じゃないよ。)
正直言うと、ショックと言うよりハラワタ煮えくり返る位怒ってましたからね。

その言葉を書かれた2013年の8月頃から毎日です。

私のブログの過去の見苦しい内容を見て下さった方には分かると思いますが、私は、子供の頃からつい一年前まで、24時間、365日怒りっぱなし、憎しみっぱなし。
怒りと憎しみと苦しみで、夜中に寝付く事すら出来ない生活を続けていました。
正直根に持つタイプです。
だから、今日も掘り返している。

先生の足を引っ張る事になってしまいますが、持論の『根幹』が濁ってらっしゃるのではないでしょうか?

少なくとも、純度100%じゃない持論を言葉にし、それを様々な方達に伝えてしまっている。
これで言っている事に関する純度が100%なのだとしたら、心の中に嘘や誤魔化しがあると言う事になります。

正直、こんな言葉が出る時点で、自分でも心の底から信じていないだろうと思っています。

先生のブログの何千人、何万人もの読者の方達は、純度100%ではない、嘘や誤魔化し混じりの文章を読み、セミナーを受けている事になってしまう。
いや、別に純度100%じゃなくとも問題は無いのかも知れませんが、私からはそう見えてしまうと言うだけです。
あくまで私個人が、先生のブログに書かれている事の一言一言が素直に受け入れられるものではなくなったと言いたいだけです。

先生のブログの読者の方達にとっては、別に書かれている事の根幹が純粋ではなくとも、先生のブログの内容が役に立ち、願望が叶い幸せになるのなら、それで良いと言う方もいるのかも知れません。

私が言いたかった事は以上です。
否定的な事ばかりを書いてしまい大変申し訳ございません。

先生の団体のメンバーの方達の何人かは、今でも私のブログを読んで下さっているので、恐らくその方達を通じて私の書いた文章が先生の目にも留まっていると予想しているのですが、
今の所、先生からの連絡はありません。
そもそも始めっから一人相撲を取るつもりでしたので、別に連絡を求めている訳でもありません。
本当ですよ?
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックしてちょ!

もし、思春期真っ盛り、体力真っ盛り、怒りと憎しみ真っ盛りの、十代後半から二十代前半の時に、今回(三年前)のような事態になっていたら、恐らくこんな事を早い段階で決行していたと予想されます。
実際にそんな事はしないとあらかじめ釘を刺しておきます。

①先生のブログが、後から過去記事の編集をされても大丈夫なように、全てのデータを保存する。
②先生のフェイスブックページの友達全員に友達申請を送る。
③先生のブログ記事に書かれた事と、私が受けた扱いの『矛盾』を、ブログに毎日書き綴る。 (膨大な過去記事を全部読み漁り、一個一個矛盾点を突く。)
④それを毎回フェイスブックのリンクに貼る。
⑤ついでに先生のブログのコメントにもリンクを貼る。


と言うような事をしていたかも知れません。
流石に思慮分別の付いた大人ですから、そんな事はしませんけどね。


最後に、スピリチュアル・自己啓発ビジネスに対し一石を投じている、私の友人のD造さんのブログへのリンクを貼ります。
人生は壮大な人体実験だと思う件
去年の12月頃から今日まで、私が個人的に大きな衝撃を受けた内容ばかりが目白押しで書かれています。

直近の記事を見るとこのような事が書かれていました。
人に怒鳴れたときなどにどうにもならないようなパニックになるような人は読んでみてください

D造さんは、かなりのハードコアで一切の妥協が無く、表現も直接的な方なので、
一緒に富士山に登ったり、一緒に食事をしたりする仲であっても、常に傍らに『地獄の処刑人』がいるようなスリルがあります。
間違った行いをすれば、いつこちらがエクスキューション(処刑)されてもおかしくない!!

最近、すっかりと日々の生活が変わって来ました。
いや、実際はそこまで変わっていませんが、周りの人付き合いが圧倒的に豊かになったり、自分自身のコンディションが一年ちょい前とは比べものにならない程楽になったり、ちょっとしたチャンスのようなものも生まれたりしています。
まだ満たされるような生活は送っていませんが、様々な面で明確な変化が起こっているのです。

ずっと死力を尽くし続けても何も変わらなかった生活が嘘のようです。
DSCN4740_R
先日、賃貸古民家が見付かった訳ですが、建設会社の方からも住宅用地を紹介されました。
以前逃がしてしまった土地の1/2以下の価格で、立地が良く、450坪と広く、井戸付きで、日当たりも良好、整地の手間も少ないと言う非常にマーヴェラスな土地です。
地主さんとの個人契約なので、他の誰かに先を越される心配もありません。
将来的に新しいお家を建立する事を選択した場合、とてつもなく良い条件の土地と言えます。

不思議な事ですが、以前は本気で探しても全く手応えがなかったのに、急に魅力的な話が舞い込むようになって来たのです。
これは不思議としか言いようがありません。

後、この話は冗談だと思いますが、「ウチの娘と会って見ない?」みたいな話を持ち掛けられるような事が二回程ありました。
二回ともお相手は19歳の淑女と言う事で、内心「フオオオオオオオオオオオ!!!」と不覚にも興奮してしまいましたが、そのまま積極的なレスポンスを返さなかったら勝手にその話は流れてしまったみたいです。

まぁ・・・俺は和服を着たどらえもん・・・、年配の方や『ガチホモ』の方達からは比較的高評価な傾向がありますが、若い女性に好印象を与えられるとは、ちょっと考えにくいです。(だが、若すぎる幼女からはモテモテよぅ!!)
ちなみに私が男風呂に入った際、ガチホモの方達からは、グラビアアイドルが登場したのと同等の評価を受けている節があります。

もし、今後「会って見ない?」的な事を言われる機会があったら、取り敢えず四の五の言わずに会うだけ会って見る事にします。
例え相手方が明らかに嫌がっていたとしても、私の価値感からの魅力を感じた場合は積極的な姿勢を見せ、
「あなたと一緒にマコモを栽培したい!!」とか、「あなたの作った豚汁が食べたい!!」とか荒ぶる猛牛の如くブルってしまおうかと考えています。
ひょっとしたらみやこちゃん指数100%の希少個体が、我が眼前に現れるかも知れません。

この変化は、自分自身のコンディションを調整出来るようになった事と、この現実をほんのほんの少~しだけ調整出来るようになった事が関係しているものと思われます。
以前は、人から向けられた想念がフィルターの詰まった掃除機の様に蓄積され、尚且つその土地土地に蓄積した不協和を否応なしに吸い込んでしまい、割と本気で死ぬ寸前だったのです。
それ以外にも、怒りの結晶である『業魔』とか、見えない世界が関連する要因は幾つかありましたが、
白い靄のおやっさんによる強烈無比なエルボーや、夜な夜な電話越しに行われる『次元探求』により、一つ一つ解決して行く事が出来ました。(本当に色々な事がリアルタイムで解決している。)

自分自身が整うと、確かに様々な面で良くなる事が実感できました。
逆を言うと、自分の状態が整わない限りは、今までどんなに死力を尽くしても、何も変化しなかった訳です。
しかも私を蝕む問題は、自分自身にも他者にも解決させる事は出来なかった。
本当に八方塞がりで、どうしようもなかったのです。
大多数の人達にとっては、自分の問題を理解・認識してもらう事すら不可能でした。

そんな状態が30年以上続き、これでもかと言った位に生き地獄を堪能した訳ですが、偶然、自分の問題を扱える方が現れ、その事によりこの一年で急速に変化してしまった訳です。
これは、単純に運が良いとしか言いようがありません。

後、それと共に周りからの扱われ方も変わって来ました。
不思議な事に、ある団体からは、私の存在価値が0点だとしても、他の団体にとっては、私の存在価値が高得点だったりするような事態が発生しているのです。
これは、本気の本気で不思議としか言いようがありません。
私と言う存在は変わらないのに、ある場所では邪魔者であったとしても、また別の場所では、明らかに重宝されるような事になっているのです。

まるで醜いアヒルの子状態ですね。

これも本当に不思議としか言いようがありません。
散々周りから否定されて来た、私の考え、行動、感性が、ある場所では貴重だったりする訳なのです。
むしろ、それが人間として本来正しいと見られるのです。
割と本気で180度扱われ方が変わり、未だに戸惑っています。

本心では、どう考えても私が正しく、周りの方が間違っていると思っていましたが、
間違っている方が大多数だから、どう足掻いても袋叩きにされて来たのです。

今まで、周りに理解者が少なかったので、周りに人が居たとしても圧倒的な孤独を味わって来た訳ですが、それも急に変わってしまった。
数年前までは、本当に極一部にしか、理解者がいなかったのです。
ずっと大衆社会向けの自分を演じ、自分を捻じ曲げ、割と本気で死ぬ程に苦しんで来ました。
それも、自分を抑えて表現を制限する必要が殆どなくなってしまいました。
話したい事が、ほぼそのまま通じてしまう人達がここ数年で増え始めているのです。

しかもその人達は、私と同じく、周りに人が居たとしても孤独を味わっていたような人達です。
本当に不思議としか言いようがありません。

最後に周りからの扱われ方で、どう考えても腑に落ちない事があったのですが、それを幾つかピックアップしてみます。

十年程前まである空手道場に通っていたのですが、
最初は可愛がられ、後に『犯罪者』として扱われ、徹底的な嫌がらせを受け、心身共にズタボロになった後に去る事になりました。
・私が弟を毎日殴っている。
・自己啓発に洗脳された。
・その道場が信じている宗教の教えを否定している。
・師範を尊敬していない。
等と疑われ、毎日身に覚えのない事に対して、ある事ない事責められ、
師範や一部の高弟の方からは、会う度に肩をぶつけられる、あぐらをかいて座っている時に後ろから蹴られる等の嫌がらせを受けました。
後から分かった事ですが、一部の高弟に対して、師範直々に私に暴力を振るうように指示を出していたようです。
道理で、いきなり殴られたりする訳です。

自転車で右側車線の路側帯の内側を下っていたら、急に対向車が幅寄せをして来て、危うく自転車から落ちそうになった事がありますが、その時の車が空手道場の所有物だった事もあります。(まだ自転車での右側通行が規制される前の出来事。)
空手道場では、実際に私がそうでなかった場合だとしても、憶測で犯罪者にでっち上げられ裁かれたりと滅茶苦茶でした。
そして、師範からは訴えられても困ると言うような事を言われ、まるで私が裁判を起こすと断じ、それに対して釘を刺しているようでした。

確かに幼少の頃から弟と仲の悪い時期があり、24歳の時に弟を殴ったのは事実です。
私に非がある事も沢山あります。
しかし、毎日殴っている訳でもなく、弟との適正距離を保ち、お互いに良好な関係を築いているのは、事実だと感じているのですが・・・、
むしろ、この年になり、兄弟仲が断絶したりする事例がある中で、上手く行っている方だと思っています。

その空手道場では、私は姑息な犯罪者でした。
一旦犯罪者として扱われると、もう人間としては見られなくなります。
武術の道場と言う事もあり、弁解など出来よう筈がありません。
そうなると私の一挙一動、その全てが攻撃の対象となり、責められる事となる。
どう考えても納得出来ない事が沢山ありました。
だが、それでも私は週に4回から5回、その空手道場の練習に参加していた。
今にして思えば、人生で一番無理をしていました。これ以上の無理は出来ないレヴェルでした。
それでも空手道場に対する忠義と、練習に参加しようとする意地は捨てなかった。(可愛がられていた時期もあった。)
だが、その状態で一年以上経過した後に、どう見ても私情で裁かれていると感じ、人前で言う事と、私に対する行いが違う師範に対し、疑いを持ちました。

それが師範に対する不敬と扱われ、役に立つかも知れないと学び実践していた自己啓発を洗脳されていると否定され、その道場の宗教をより強要?される事態に繋がったのかも知れません。
道場生としての立場上、その宗教に対して反論する事など出来ませんでした。

当時から思っていましたが、実際に犯罪行為をして来たのは、どちらかと言う事です。
私は、今でも自己啓発、精神世界、政治経済と、様々な情報に目を通していますが、決して洗脳はされていないと自分では思っています。
あくまで自分的には、様々な情報を掘り下げ、ひとつひとつ時間を掛けながら真偽を確認して行っているつもりでいます。(何年も掛かる地道な作業)

私は比較的真面目なので、疑いを持ちつつも、『『『認めて貰う為に』』』道場に通えなくなるその日まで、練習は一切の手抜きはせず、大会設営の手伝いとかも本気の本気でやっていました。
最後に一言言うと、私に対してそう言う行為が出来てしまう以上、その宗教の教えは間違っていると思います。
改めて、実際の犯罪者はどちら側なのでしょうか??

自分の中では本当に生きるか死ぬかの日々でした。
極真空手の練習は、ただでさえハードな上、その様な事が毎日起こっていたのですから、本当に辛かったですよ。


後、その出来事に比べれば小悪党レヴェルですが、
二年前まで一時期関わっていた某自己啓発ブログのグループでも数々の不快な思いをしました。
こちらは、別に命に関わる様なイベントではなく、あくまで小悪党レヴェルなのですが、今でも納得の出来ない事があります。

主催者のI先生からは、以下のような扱いを受けました。
・基本的に私の存在は無視され、話し掛けても無視、話し掛けられた事に対して答えても無視される。(人間としてその態度はどうなのかと思う。)
・どうやら私は児戯に等しいらしい。(これは文章で書かれたので、二年以上前のブログのコメントを探せば残っていると思います。)
・お前は、国○さんの次につまらない。と言われ、ツアー中は、存在を抹消されたように無視される。私にだけは意図的に話し掛けない。(一応こちらは、お金を払ってサービスを受ける立場なのですが・・・)
・お前は『真面目に生きていないから』と言う理由で、ツアー中に行われた神社での御神事への参加を私だけ拒否される。(こちらも一応お金を払ってサービスを受ける立場ですが、恐らくサービスの対象外が存在しているのでしょう。私は対象外と規約に書いて欲しかった。)
・食欲に支配されている。注目を浴びる為に腐った豆乳を飲んでいる。お前の苦痛の原因は周りから普通に見られる事。苦しんでいるように見えるけど本当は毎日幸せ。と言うような謎の迷言を発する。(身体作りの為にノンサプリメントで1日160gのたんぱく質を取るようにしているから、食事が多くなると本心から返したのに、それすらいい訳だと一蹴されました。)
・存在してはいけないと言うビリーフがある。(これは要素としてはあるのかも知れないが、手当たり次第に言っている感がある。)

大まかな事を抜粋するとこんな感じなのですが、本当にいい加減な事を言われたような気がします。
その中の一つでも合っているのかと問いたいですね。

I先生に対し、こちらの話は一切通じないが、歪曲解釈され、一方的に訳の分からない事を言われる感じです。

私は、結構真面目な性格なので、言われた事に対する自覚はなくとも、専門家の先生の言った事だからと、二年間もの間掘り下げるようにしていました。
だが、どう考えても、I先生の言っていた事が合っているように見えないのですが、それは私が至らないからなのでしょうか???

ふざけた奴には、100日間願望を書き続ける事は出来ないそうですが、普通に100日間書けた上、その以前に8カ月以上毎日書いていました。
『1000日ブログ』も達成していますね。

なぜ私が自己啓発ブログのイベントに一年以上参加していたのかと言うと、周りの人達から「ピストン来て!」と言われていたのもありますが、
私は様々な場所で否定されて来た経緯から、どうしても『認められよう』としていたのです。

これは私の持つパターンで、否定されるのなら、誤解を無くし『認められよう』と行動していた訳です。
それは先に述べた空手道場を含め、様々な場所でです。
考えて見れば、今までの人生で、そうやって認められた試しなど殆どありませんでした。

私の間違いは、意思の通じない人間には、これから先も決して理解される事はないから、関わるべきではないと言う事を知らなかった事です。
今まで、まるで不快な思いをする為だけに、お金と時間を使う事が結構ありました。

これも、記事の中で述べた事ですが、私が0点として扱われる場所に無理して所属せず、80点以上に扱われる場所に参加するようにするのが正しいのかも知れません。
私の場合、それが楽になった要因の一つであると言えます。
良い流れが生まれ始めたのも、そのようにしてからです。

後、私のアイデンティティである脳内に浮かぶ女性の『みやこちゃん』も、ある人にとってはただの妄想としか扱われませんが、
またある人にとっては、本質的な美しさを保持した、この世界に滅多にいないタイプの女性と理解されます。
白い靄のおやっさんに至っては、みやこちゃんの概念を数値で理解され、脳波1Hz以下、周波数が最低でも3億以上、覚醒値+90以上の女性と表現されます。
人それぞれ、物事の捉え方は本当に違うと言う事に驚かされます。

文章が超長くなってしまいましたが、世の中ってのは本当に不思議です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックしてちょ!

生きる上で一つ分かった事は、非を持つなと言う事です。
例え過失割合が、私が5%、相手が95%だったとしても、
相手は、その5%を徹底的に責めて来る。
こちらが使わないような手段も使う。

そうならない為に、自分の思想や行動は、裏も表もオープンにし、(勿論、社会的な節度は守る)
小汚い事をせず、正直に生きる事が大切だと理解しました。
非が無ければ、例え大人数が相手だったとしても、こちらは最強のパワーでいられるのです。

なので、これからも自分の中の小汚さと向き合う事にします。

自己啓発、精神世界の傾向として、現在と未来にピントを合わせる風潮がありますが、
過去の自分の汚い行いを直視する事も、大きく自分を成長させます。
私はそれを理解しました。

先日の富士五湖カヌーの記事を書きます。
DSCN4462_R
まずは、西湖。
西湖近くの案内看板には『サイコ』と書いてあります。
このサイコ野郎が!!
DSCN4473_R
前列に座っているM田さんに写真をお任せしたら、湖面と樹海とM田さんのあんよが写っておりました。
DSCN4476_R
岸にキャンプ場があろうものなら、
お子様達の羨望の眼差しを浴びんが為にキャンプ場を横切る事にしているのですが、
見ての通り、既にカヌーが飽和状態であり、見向きもされませんでした。

普通だったら、颯爽とカヌーを漕ぐ私達に向かって、嫉妬に狂ったお子様達が金切り声を上げると言うのに残念です。
DSCN4488_R
西湖でのカヌーを漕ぎ終った後、水温が暖かくて丁度良かったので、ライフジャケットを着たままクラゲのように浮遊していました。
これが非常に心地よく、まるで大いなるママンの中にいたようでした。(ママ~~ン!!)
しばらくしてから岸へ上がると、地球の重力が凄まじすぎて社会復帰するまでそれなりの時間を要しました。

西湖に一時間位浸かっても肌が荒れず、むしろツルツルになっていたので、中々良い水質である事が伺えます。
DSCN4511_R
西湖周辺の景色。
DSCN4512_R
悪くない景色ですね。
DSCN4515_R
富士山の周辺で最も落ち着いた場所は、西湖周辺なのかも知れません。
脳波がシータ波に誘導されるような心地よさと、癒しの里周辺の細やかで落ち着いたエネルギーがとても印象的でした。
DSCN4518_R
民宿での夕食。
ほうとう鍋の蓋に白蟻さんがお散歩していた以外は、とても満足度の高いお食事でした。
昼食を食べず、ドッグフードのCMに出て来る飢えた犬コロのような状態だったので、量が多いのはむしろ助かりました。
DSCN4519_R
夕食を堪能した後は、富士眺望の湯ゆらりさんへ行きました。
多分、ここへ来たのは三度目か四度目。
昼間は露天風呂から富士山を眺める事が出来ます。

露天風呂に入りながらずっとUFOを呼んでましたが、特に来ませんでした。

一旦記事を切り上げます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックしてちょ!

先日の大型台風襲来により、貸家で育成していた大豆とトウモロコシの苗がほぼ全部倒れてしまいました。
チキショウ、ユ○ヤ金融資本家共め・・・、お前達が気象コントロール兵器を使って不自然な台風をこさえてくれたお蔭で、
大切に育てていた大豆さんとモロコシさんが逝っちまったよ・・・。
大豆さんは、徐々に社会復帰している節がありますが、モロコシさんはぶっ倒れたままや・・・。

このページのトップヘ