日常探求とこだわり

日常生活におけるこだわりを書いています。
頭に浮かぶ女性を追い求め、自転車を漕ぎながら精神世界を探求中です。
トレーニング・サイクリング・精神世界・食べ物・現実逃避の内容がメインです。

2017年12月

こんにちは。
先日、木更津のアウトレットモールへ買い物に行って来ました。
木更津までの片道がバイクで60km以上と、千葉に住んでいた時よりも木更津が遠いです。
おまけに暗くなってから帰り道がサッパリ分からなくなり、ヤケクソになってグーグルマップを見ないで帰ったら、なぜか養老渓谷の山奥に迷い込み、寒さと山道の地獄を見ました。(帰るまでに3時間以上費やした)
しばらくの間バイクは乗りたくないと、バイクに乗る度に思います。
DSCN7757_R
アウトレットモールで購入した代物を挨拶代わりに紹介します。
こちらはエアーマックス95のレプリカです。
お靴のタンの部分がエアーマックスのエンブレムじゃなく、ドクロマークになっている事により、
非常にパチモン臭いですが、アウトレットショップで購入したので多分本物だと思います。
このあんましカッコよくないドクロマークは秘密結社『スカル&ボーンズ』のマークとかではなく、どっかの外国の有名人のマークのようです。

このエアーマックスさんの履き心地は、最新型のエアーマックスさんに比べて硬い!!そして重い!!
如何に最新のエアーマックスさんの履き心地と機能性が洗練されているか分かりました。

しかし、最近のエアーマックスシリーズはデザイン的には糞ったれで、強度的にも1年で天寿を全うしてしまう程の貧弱ボディーなので、かつて人気を博したエアーマックス95にしたのです。
栗のイガとかを踏んでエアーが破裂しないように気を付けたいと思います。(エアーマックスは冗談抜きで破裂する)
DSCN7756_R
続いてアウトドアメーカーのコロンビアのジャケット。
冬場のお自転車やおバイクは、かなり寒い事から耐寒性能が高そうな一着を購入しました。
試しに勝浦の山奥へ行ったら、全然寒さを感じない。
今更ですが、寒い時は重ね着すると暖かい事が発覚!

基本的にはそこまで厚着をせず、夜寝る時も掛布団と肌掛けを1年中貫いているので、この暖かさに衝撃を受けました。
去年は、室温が1.9度以下になると、寝ている際に足先とかが冷え始めたので、そろそろ毛布も買うかも知れません。
しかし、一度楽をしてしまうと、身体が熱を生み出す機能が損なわれるような気がするので、多分買いませんが・・・。
DSCN7758_R
そしてGショック。
これはアウトレット品ではなく、Amazonで取り寄せた逆輸入の代物です。
ついに腕時計を購入してしまいました。
これで時間を確認する際に、一々カバンからスマートフォォンを取り出さなくて済みます。

腕時計を日常的に装着するのは、多分生まれて初めてであり、腕時計を買うのも、恐らく韓国でロレックスのバッタモノを購入して以来、二回目だと思います。

しかしながら腕時計は滅茶苦茶邪魔ですね。
デスクワーク中も邪魔ですし、リュックサックを背負う際に、腕時計が引っ掛かって非常に邪魔っちいです。
多分仕事中に装着し続けたら、ボールペンのインクが引っ付いたり、スタンプインクが引っ付きまくって、迷彩柄になる可能性があるので、基本的に外しています。
以上が年末の買い物です。


そんな感じで、今年ももう終わりでやんスね・・・。
27日から年始に掛けて、岡山県と四国地方の旅行へ行ってしまうので、ブログの更新も今年最後になると思われます。
今年も一年間地味に読んで下さる方がいてありがとうございます。
来年もまたよろしくお願いいたします。

来年こそは、お家のネズミ共を殲滅したいものです。
出来る事なら、最新の科学技術の粋を結集した、目から1000Wのレーザー光線を放ちネズ公共を分子レベルで焼き尽くす、メカネズミでもお家の中に配備したい!!
やはりネズ公はネズ公の力を持って武力制圧するのが一番!!
もし、そんな商品が19,800円以下で売っていたらええなぁ。

そして来年からの生き方も、もうちょっと謙虚に初心から、物事を学んで行きたいと思いました。
人間と言うものは、何かを手にすると、その何かが大したものでなかったとしても、傲慢になるのですね。
こう言った心理も、観念が生み出した悪魔に支配された状態であると認識し、気を付けたいと思いました。

ここ最近、背骨のエネルギー解放がどうとか書いていますが、
エネルギーが解放される際に、過去の出来事とかを思い出す訳です。
学生時代とかは、本当に碌でもない生き方をしていたのだと、改めて後悔しています。
私の場合、勉強であれスポーツであれ、家事であれ、人付き合いであれ、『謙虚』に『丁寧』に行えなかった場合、それが後悔として残るようです。

大人になってからこれじゃいけないと反省し、あらゆる物事を丁寧に行うようになって来ましたが、
学生時代の適当で誠実さに欠けた行動をやり直すつもりで、より初心に戻って謙虚に丁寧に取り組めたらと思っています。
ここ半年は、お風呂入る時も手を合わせてから入るようにするレヴェルで、敬意を払うように気を付けている。
毎日、塩素の入っていない、肌の荒れない井戸水のお風呂に浸かれるのは、本当にありがたい事であると認識しています。

同様に人から何か学ぶ事があった際も、取り敢えず謙虚な姿勢で我を出さないように気を付けたいものです。
謙虚さに欠けた行動があった際に、トラブルが起こる訳ですしね。
しかし、こちらが下手に出まくると、それはそれで調子こいて主導権を握ろうとしたり、利用して来ようとする輩が出没したりするので、その対処も出来うる範囲で謙虚に行えたらと思っています。

それにしても背骨のエネルギー解放が進むにつれて体調がよろしいです。
シャドーボクシングの際とか、以前よりもスピードの乗ったパンチが繰り出せます。
もし、若い時にこの状態で格闘技の練習が出来たら、陸上競技がこの状態で出来ていたらと、そんな風に思ってしまう程に、身体の状態が違うのです。
背骨は、神経と筋肉の働きに密接に関わっているのだと、知識ではなく体感で理解させられています。

同時に背骨には、自分の感情パターンや、御先祖様、当時の世界が生み出したであろう感情エネルギーなどがはちきれんばかりに詰まっていたりするので、
ここが解放されるにしたがって、鉄格子をブチ破るような解放が何回も起こる事が分かりました。(他の人はどうか分からない)

解放が進むと、心身に平和が訪れ、静かに活力が湧き出るような状態が続く。
これは過去にない経験です。
脳内興奮物質による一時的なパワーと一味違ったそんなに疲れない穏やかなパワーが湧き続けます。

正直、幼少期からこの軽い状態で生きれたら、あらゆる面で違った生き方が出来ていたな・・・と言う思いがありますが、
これからに活かして行きたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックしてちょ!
DSCN7762_R
勝浦市の上総興津海岸の夕焼け。
基本的に私は内陸派で、海はそこまで好きではありませんが、ここの海は好きですね。
DSCN7764_R
ゆず酵素シロップの進捗状況。
冬場の寒さからか砂糖が中々混ざらず、20日以上掻き混ぜてやっと全ての砂糖が溶けました。
ゆず酵素は非常に美味であり、「今回のシロップの出来は上々で申し分のない仕上がり」と、
ボージョレ・ヌーヴォーの胡散臭いキャッチフレーズを流用したくなってしまう程の期待値です。

ネズ公と謎の半透明スケルトンゴキブリがやって来るので、蓋の上に重しは必須。

こんにちは。
今週、トレーニング種目のベンチプレスの重量がまた2.5kg増えました。
これで扱える重量が約一カ月で10kg増えた事となります。
トレーニング時の感触としては、まだ増やせそうです。

田舎に引っ越してから一年ちょいで、トレーニング種目全般の扱える重量が1.1倍~1.2倍へと増えてしまいました。
引っ越してから、地味にパワーアップしていたのですが、ここ最近は更に急激にパワーアップしております。
体調も良く、活力と集中力も以前より高まりつつあると言う、生まれてから一番良い状態が続いているのです。

エネルギーによる身体の解放は、結果に直結していて本当に面白いと感じています。
特に先月初頭から本格的に入り込めた『背骨』の解放は、長い年月抱えていた重荷が解消されるようなかつてない変化なのです。
毎日、変化による波がありつつも、非常にグッデストと言えます。(goodの最上級)

本題へ入ります。
あくまで私の体感なのですが、この一年で、世の中を覆う波動(はどぅ)が大分変わって来たように感じます。
空間のエネルギーが高まると共に、空間を濁らせるようなエネルギーノイズが大分消えました。
DSCN7728_R
いすみ市の夕暮れ。
空間のノイズが減り、波動自体が去年よりも1.5倍程細かくなっているからか、去年見た夕焼けの印象よりも大幅に美しく見えます。(数値で表現しますと、去年までが大体8前後だとすると、今現在は12以上)
特にここ二カ月の波動上昇により、いすみ市周辺にいるだけで、本当に心地良いです。
DSCN7708_R
波動そのものに限定すると、本当に良くなっています。
もし、今後環境が再生されるような事になったら、割と本気で良い場所になってしまう。
DSCN7744_R
勝浦市の海。
ここも特有のエネルギーノイズの重さが大分晴れてきました。
画像奥の光が差している方面は、空間エネルギー激高地域だからか、このような光の差し方になっている事が多いです。
DSCN7704_R
そして場所は変わり、先日久々に寄った千葉市稲毛区にある白○神社と言う場所。
引っ越してから行く機会がなくなり、約一年半ぶりに訪れました。

ここは人の多い千葉市だからか、いすみ市と比べると空間ノイズが濃いです。
それでも以前と比べると大分薄くはなっています。
稲毛区方面で久々の空間調整を行うと、以前は通っていなかった空間の階層に思いっきりエネルギーが通る。

以前よりも『人柱役』としてパワーアップしているのを感じました。
いすみ勝浦方面は、千葉市よりも汚れていないのと、しょっちゅう調整しているからか、現状できる範囲の事は既に行っている感があり、もうあまり大きく変化しません。
なので、久々に訪れた稲毛区でのエネルギーの通りっぷりには驚いたのです。

一応、ここで厭味ったらしく『人柱役』に付いて解説いたしますと、
世の中の不協和エネルギーを吸い込む性質のある『人間ゴミ処理機』のような人達がいます。
水、植物、鉱石、自然神などがこの世界を覆う空間ノイズを分解していますが、人間にもノイズを吸い込んで分解する係がいるのです。

ただし、そう言う人間は罰ゲームと言える程に、快適な人生を送れない。
この世の中を覆う不協和エネルギーである空間ノイズを吸い込むと、身体が重くなり、苦しくなるのです。
身体に取り込んだ不協和ノイズと同じ感情、同じ状態が再現され続ける訳ですから、結構堪えます。
怒りの感情、悲しみの感情を吸い込んだ場合、常に怒り続け、常に悲しい気持ちになり続ける事となる。

そして全身に不協和ノイズが溜まり続け、自然分解出来る限度を越えてしまった場合は、冗談抜きで死ぬんじゃないかと言う状態になります。
私の経験と、他の人柱役の人達の話を聞いた範囲では、死ぬんじゃないかと言う位体調を崩しても、周囲から一切の理解が得られないので、ただサボっているだけに見られる不条理が存在する。
私自身、幼少期からメンタルが弱いとか、自己管理がなっていないとか、散々な言われようでした。

言い訳ですが、一般人よりもかなり低いスタートラインに立っているから、仕方ないだろうと言い返したいのです。
心と身体が重い状態だと、苦しくて集中できない上、結果にも繋がらない。
毎日やれる範囲で最大限の努力はしているのです。

それと、私の場合は迫害が多かったですね。
昔から分かっていましたが、どこがどう違うから迫害されるかを、大人になってからよく理解出来るようになりました。
人間と言うものは心根がカスである場合があるので、盲導犬にタバコの火を押し付けるような心理が働くのですよ。

そのような感じで人柱役は、他の多くの人間より、幸せに生きれない要素の多い、損な役回りです。
割と本気で『罰ゲーム』ですね。
かなり嫌味ったらしい言い方をしますが、この罰ゲームを受けるのは、波動の低い人間ではなく、波動の高い方の人間だったりするのです。
波動の低い人間の方が、何も背負わずに好き勝手にやりたい放題生きれている。
そして、性根が腐った人間から波動レベルで嫌われたり迫害されるのも人柱役ですね。

そんな訳で生まれてから長い年月かなり苦しんで来ましたが、身体に蓄積し続けるこの世界を覆う不協和エネルギーの対処法、意図的な分解法を理解して行く内に、大分『普通』に生きれるようになって来ました。
あくまで『普通』です。
ようやく他の人達と同じラインに立つ事が出来ました。

冒頭に、過去最高の状態に生きれるようになったと書きましたが、今までの状態が悪かっただけであり、ようやく『普通』になれたと言う事を意味しています。
トレーニングすると肉体が強くなり、仕事にも趣味にも『意識』を割ける、それが『普通』。

今まで、常に心身が重い中、凍えるような苦しみ、焼かれるような怒りを味わいながら生きて来た身からすると、本当に天国です。
自分の中にある不協和エネルギーの重さを抑え込む為に、24時間365日、常に寝れなくなる位苦しみながら7割以上のエネルギーを割く事なく生きられる。
それが減るだけでも全然違う。(勿論、多くの人間が、社会に生きる中で様々な重責を背負っているのでしょうが・・・)

今では、2.5割位の負担で済んでいるから本当に楽なのです。
苦しみながら、身体が動く限り行動し続け、人前では平静を装い続けるような生き方をしなくても済んでいます。
これからも心身を解放し、『普通』を越えたグッドな状態に生きれるようにしたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックしてちょ!
DSCN7745_R
浜辺のカフェから眺める夕焼け。

人の居ない喫茶店などで、周囲の自然神から「ここ周辺の空間の重さを消して欲しい。」と言うような訴えが届いたりします。
そんな場合人間として出来る役割を行う。(自然神や植物や動物が持つそれぞれの守備の範囲外の事を行う感じです。)
こう言う瞬間は、昔から好きだったりします。

こんばんは。
突然ですが、ネズミが粘着シートに引っ掛かりました。
DSCN7732_R
土間と家の中の境目を粘着シートのバリケードで覆っているのですが、まさか奴が引っ掛かるとは・・・。
土間は穴を掘ってネズ公共が入って来てしまう防御不能の地。
なのでこの禁断の地を粘着シートによって隔離していたのです。

当然ネズ公サイドも、粘着シートの存在を熟知している筈なので、何か月も引っ掛かる事などありませんでした。
しかし私が在宅中で、尚且つ電気の灯っている時に侵入を試みた経緯から、奴等は本気で飢えている事が伺えます。
DSCN7733_R
取り敢えず、割り箸を使って徐々に粘着シートから剥がしました。
時間を掛けてゆっくりと剥がしたので、何とか四肢と尻尾がもげずに剥がす事に成功。
多分、思いっきり剥がすと身体が千切れる事と思われます。
剥がす際は、祭りの屋台の型抜き並の集中力を要しました。

それにしても8cm位のちっこいバディーなのに恐るべきトルクです。
DSCN7734_R
捕獲籠の中に輸送しました。
奴はこのアルマゲドンの戦争捕虜です。
DSCN7735_R
ネズ公は寒さに弱いので、グラファイトヒーターで暖めました。
DSCN7737_R
奴等の大好物の天かすを補充したら、もの凄い勢いでパリパリ食べる。
やはり奴等は飢えている・・・!!
十数分でほぼ全ての天かすを喰らいフルチャージ!!

なんと言うか、天かすを食べている姿が、胸キュンしちゃう程にかわいいじゃないの!?
やる事なす事下劣極まりないのに問答無用にかわいい!!
臭いもゲボ臭いけどかわいい!!

うん・・・、かわいいから無罪。
ネズ公無罪を勝ち取りました!!

そんな感じで、今回2回目のネズ公の生け捕りに成功した訳ですが、今回は島流しにせず敷地内に逃がしました。
敷地内に逃がす事で、仲間達にこの家は危ないと言う情報を伝え、一家揃っておさらばしてくれる事に期待したのです。

もし、次に同じ事があったら、ガスガンを撃ちまくってひき肉にしてやります。
多分、スリングショットを撃ったらパァンと身体が爆ぜるぜ・・・!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックして欲しいでちゅ~~!!

youtubeの『ch政経』と言う、社会情勢に付いての情報を配信しているアカウントが停止されました。
ネットジャーナリストのリチャード・コシミズ氏の動画速報アカウントも停止されたりしているので、まだまだ裏社会の工作員達が頑張っている事が推測されます。
それだけ一般大衆には知られたくない情報なのかも知れません。
次は知的好奇心ちゃんねる辺りが消されそうな匂いがプンプンしやがるぜ・・・。(眉唾な題材も扱ってますが)

こんにちは。
予言者ペストラダムスの大予言通りに、我が家はネズ公とのアルマゲドンが勃発しています。
もう奴等はなりふり構わぬ最終手段に出てきている。
DSCN7707_R
画像だと分かりにくいかも知れませんが、土壁を食い破って侵入して来るのです。
1年掛けて家中の4mm以下の隙間を塞ぎ、侵入出来る隙間がなくなったからか、今度は土壁を食い破り始めました。
しかも、私が家で寝ている明け方や、庭で竹炭作りをしている間など、以前は警戒して侵入して来なかった時間にも入ってくる。
奴等は、相当飢えているようです。

流石に臭いの凄まじい大型茶色糞ネズミはシャットアウトされましたが、目下の所小型灰色糞ネズミ共が暗躍中ですね。
小型灰色糞ネズミ、それは体長5cm位のニュージェネレーション。
その灰色のバディーは、家ネズミの証。

野ネズミは、枯れ草に紛れる為に体毛が茶色になりますが、生粋の家ネズミとして生を受けた新世代は、カラーリングが灰色なのです。
ただ、ニュージェネレーション糞ネズミは、まだ大人になる前のモラトリアム期間であるからか、粘着シートに引っ掛かりました。
これも若さ故の過ちか・・・。
成熟し切った大型糞ネズミは、決して罠なんぞには引っ掛かりません。

まだ生きていたら粘着シートから剥がそうと思いましたが、余裕でくたばっていました。
仮に生きていたとしても、小型糞ネズミは粘着シートから剥がす際に、恐らく身体が千切れると思われますので、死の運命を変える事は出来ない・・・。

そんな感じで糞ネズミ共の存在が、動物愛護精神に溢れるこの私を修羅へと変えたのです。
粘着シートに誤爆して命を落としたゲジゲジ達、アシダカグモ達の為にもネズ公共を殲滅だ!!

我が不倶戴天の宿敵である糞ネズミ共は、私の感情をピンポイントで逆なでる知性、悪い意味で諦めの悪いポジティブシンキングさを併せ持つ究極の害獣。
もうこれは最大限の敬意を払ってSATSUGAIするっきゃないのです。
死こそが呪われたペスト一族の魂を解き放つ唯一の手段・・・。
DSCN7710_R
話題が変わり、最近のスーパーマッスル農園の様子です。
畝の高さを改良し、竹炭とウッドチップを撒いたからか、畑の雰囲気からしてこの前とは一味違います。
これこそがワンランク上の畑。
DSCN7713_R
空豆さんも順調に育成中です。
最早春までにどれだけ巨大化するか未知数。
DSCN7714_R
土質が改善されたからか、雑草レヴェルだった白菜も不死鳥の如く息を吹き返しています。
竹炭パワーが全てを解決してくれる・・・。

もしこのまま順調に育つと仮定すると、自然農法は謳い文句通りに、最初にきっちり準備さえすれば殆ど手間の掛からない農法かも知れません。
DSCN7712_R
竹炭は畑だけではなく、庭全体に撒いています。
庭の土質が改良し、来年は背の高い雑草が生えにくくなり、ゲロ不味夏ミカンがアルティメット夏ミカンに生まれ変わってくれる事に期待です。
DSCN7711_R
庭の土壌が改良されつつあるのが原因か知りませんが、モグラの穴が多いです。
モグタンが掘ったお穴が土の中に空気を通し、土壌を更なる次元へと引き上げる。
DSCN7720_R
そして今日も今日とて竹炭作りです。
裏山から枯れ竹を切り出しては燃やす日々が続いています。
竹炭は裏山にも撒いたりするので、幾らあっても足りません。

人が住む事で自然を育む生き方が出来るのか、やれる範囲から実験しています。
そんな感じで切り上げマッスル!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックしてちょ!

☆本日のいすみグルメ紹介☆
DSCN7729_R
いすみ内陸部の県道174号沿いに、980円で特大アナゴ丼を堪能できるお蕎麦屋さんを発見しました。(伊八セット)
大原で水揚げされた地アナゴだそうで非常に肉厚極まりない。
最初は「うまか~~!!」と思っていましたが、最後の方でちょっとげんなりしてくる程のビッグサイズでした。

こんにちは。
いすみ市内陸部に古民家のお蕎麦屋さんを発見したので行ってきました。
DSCN7692_R
中々ナイスな古民家でおじゃりますねぇ。
地面をコンクリ舗装せず、木の板を敷き詰めているのも相当グッドですよ!
これなら地表近くの地下水脈が寸断されず、周囲の植生も元気いっぱいだぜ!
DSCN7693_R
天ぷらそばを注文いたしました。
超強気なお値段と比例するような玄妙な味わいでした。
もし、1,000円以下のお値段だったら、毎週山を二つ越えて食べに行くのですが、流石に毎週食べに行ける価格設定じゃないのが残念極まりなし!
DSCN7694_R
店内も古民家っぷりを遺憾なく発揮!
雰囲気も相当よかとよ。

この時、平日の午後1時前にお蕎麦を食べに行ったのですが、店内が結構満員だった事に驚きました。
昼しか営業していない、とんでもなく不便な場所にあるのにこの盛況っぷり。

この近くにある、本気で山の中にあるちょっと怪しいケーキ屋さんも大盛況なように、人は不便な場所にあったとしても、来る所には来るようです。


本題に入り、久々にトレーニングに付いて書きます。
ここ最近調子が良く、トレーニング時にいつもより重い重量が扱えるようになりました。
先月の中頃、急にベンチプレスと言うトレーニング種目の重量が5kg多く持ち上げられ、先日更に2.5kg重い重量を扱えて驚いています。
その時は、限界重量に挑戦してから4セット目(4回目)だったので、疲労する前だったらもっと重くしても持ち上がったかも知れません。

長い年月、トレーニング重量が頭打ちだった身としては、異常事態です。

なぜそうなったのかと言うと、長い年月に渡ってぎっくり腰やぎっくり首に煩わされて来た背骨に、エネルギーが通り始めた事が要因であると考えられます。
周波数調整により、骨に溜まったノイズが徐々に溶かされ、骨の機能が解放されつつあるのです。

私は、今までしょっちゅうぎっくり腰やぎっくり首を頻発しており、常に硬くなっている首と背中と腰は、かなり危険な火薬庫と化していました。
首ヘルニアを発症した際には、永続する首に痛みと痺れが走り、かなりの無間地獄でした。

この状態を改善する為に、整体師さんのお世話になったり、ストレッチをしたり、コラーゲンのサプリメントを摂取したりしていましたが、そこまで良くはなりませんでした。
十数年掛けて、徐々に徐々に自然回復して来たと言った所です。

そんな状態が、まさか周波数調整で劇的に改善するとは、予想外と言えます。
オカルトパワー万々歳ですよ。

最近、やっとこさ骨格のエネルギー解放が出来る段階へ移行しました。
身体の各部の解放は、順番と言うものがあるらしく、順番が来ていない部位は、いっくらエネルギーを通そうとしても、浅くしか入りません。
ずっと背骨は扱えない部位であったのです。

背骨にエネルギーが通るようになると、背骨も呼吸し始める。
実際に酸素が出たり入ったりと言う訳ではなく、解放された身体の部位は、眼球だろうと、臓器だろうと、呼吸のリズムに合わせて連動し始めるのです。

そんな感じで背骨の解放が進んでいるのですが、背骨は、今までの身体ノイズよりも更に深い事に驚いています。
もうなぜそんなノイズが詰まっているのか、原因すら分からないような圧縮ノイズが入っていたりする。
例えば胸が詰まっている際、同時に悲しいとか苦しいとか不安とか言うような感情が湧き上がると思うのですが、
背骨はそんな事はなく、明らかに悪い状態で詰まっているのは認識出来ても、ガチガチに圧縮封印されている状態で、背骨からの訴えが聞こえなかったのです。(自閉症状態)

しかし、一旦背骨が解放され始めると、結構凄い。
様々な感情が圧縮された、とても頑丈な黒い石のような圧縮ノイズとかがまろび出て来たりする。
黒い石のようなノイズには、様々な感情が圧縮されているのですが、圧縮されすぎていて最早どんな感情か判別が難しい状態。
何千年も閉じ込められて、最早当初の原因がよく分からなくなっているかのような、数多の風化した感情です。

今現在も、背骨の解放はリアルタイムで進行中なのですが、黒い石のようなノイズ一つを取っても、分解するまでに三日間費やしたりとかなり強力極まりない。

ただし、背骨が解放されるにしたがって、体調が明らかに良くなり、感情も安らかで心地良いものへと変化しつつあります。
しかもそれをトレーニング重量など、目に見える形で判別出来るのが嬉しいのです。
生まれながらにして抱え込んでいたものを、やっとこさ降ろしているような解放感すら感じています。

これは推測ですが、一族代々が発症する病気、一族代々が遺伝する障害なども、『深部ノイズ』が関連している場合もあるのかも知れません。

私の場合、『深部ノイズ』が原因で、ずっと背骨が本当の意味で使えていない状態だったみたいです。

心身の状態ですが、それが良くない時は原因がある。
そして、原因を解決させない限りは、本当の意味では解決しない。
なので、世間一般のメソッドは、表層的な誤魔化しでしかないのではないかと思う事が多々あるのです。
今まで本当に色々な事をやりましたが、本当に効果があったものは、ごく一部でした。

そして物事が原因から解決すると、心身共に自然な心地良さが訪れる事を理解しつつあります。

ちょっとだけトレーニングの話に戻ります。
今現在、食事の蛋白質量をそこまで気にせいておらず、サプリメントも一切摂取せず、トレーニング内容も苦痛を感じない程度にしているにもかかわらず、勝手に筋力が増します。
4年前までの、いくら食事とトレーニング方法に気を付けても、怪我と体調不良ばかりが続く状態が嘘のようです。

ストレスと怪我が原因でそうなっているのは、理解していましたが、
どうやってそれを解決させる事が出来るのかが、色々試しまくってもサッパリ分かりませんでした。
長い時間寝るようにしても、身体がガチガチになるだけで、休まらない状態。

本当にどうしようもない状態でした。
ただ、どうにか原因を発見し、原因を解決させる事で、ずっと続いていた不調が嘘のように解決。

あくまで私の場合ですが、今までの不調の原因は、身体に蓄積した様々なエネルギーノイズが原因だったようです。
だからそれ以外の事を改善させても、殆ど変化がありませんでした。

原因を知って、それを解決させようとする心構えが大切だと言う事を、改めて理解しています。
世間一般のメソッドは、人それぞれ状態やスタートラインが違うのに、同じ事をやらせようとしたりするので、殆どの人達が上手く行かないのも当たり前かも知れません。
見当違いの事を、それが原因であると断定して来るような先生もいたりするので、人の言う事は本当に滅茶苦茶だったりするのです。

あと、トレーニングの『蛋白質神話』もあまり関係ない事を理解しました。
勿論人それぞれの体質があり、万人に当てはまらないと思っていますが、趣味でトレーニングを行う分には、蛋白質はそこまで関係ないのかも知れません。
そもそも蛋白質を摂取すると、身体の中で筋肉に変化すると言う常識自体がちょっと怪しいと疑っています。

そろそろ文章を切り上げたいと思います。
一つの事が解決すると、それを発展させようとするのが人の性と言うもの。
周波数調整により、身体を若返らせたり、エネルギーによる事象の顕在化などを、今後行えないかと模索しています。
今までも、そんな事を考えて自分なりに実行していましたが、それが本当に出来るのではないかと言う思いが、自然に高まりつつあるのです。

肉体が心を縛る重荷ではなく、動力機として作用する事を今更ながら理解しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
良かったらクリックしてちょ!
DSCN7703_R
私が聖域と例えている場所の夕暮れ。
この場所は何気ない情景が本当に美しいです。

しかし、昨今の太陽光発電所の増設っぷりには困惑しています。
いずれここもソーラーパネルが設置されてしまうかも知れません。
本当にちょっと油断すると糞ったれソーラーパネルが設置されてしまう。

太陽光パネルは、あたかもエコロジーなイメージで宣伝されていますが、
①大規模な森林破壊
②廃棄の際の有害物質
③パネル生産時に掛かる電力、廃棄時に掛かる電力と、発電電力の割合(一説では1/10しか回収出来ないと言われている)
と言う致命的な問題を抱えているみたいです。

このページのトップヘ