日常探求とこだわり

日常生活におけるこだわりを書いています。
頭に浮かぶ女性を追い求め、自転車を漕ぎながら精神世界を探求中です。
トレーニング・サイクリング・精神世界・食べ物・現実逃避の内容がメインです。

2020年02月

こんにちは。

以前からずっと思っていた事であり、ここ何年か特にそう思うのですが、自分は生きている価値があるのか不明なんですね。
これは、否定的に捉えている訳ではなく、
この地球にとって自分はプラスであるのかマイナスであるのかが気になるのと、
人間社会の中で、プラスであるのかマイナスであるのかがよく分からないのです。

だからせめて、自分が生み出しているマイナスを認識し、それをプラスに変換出来るように努めたいと思うようになりました。

私が生きるだけで、兎に角、沢山の紙類やビニール類を使いますし、リサイクル困難な重金属類や化学物質も消費します。
食事の度に、生き物の命を頂戴している訳ですし、兎に角凄い量の資源と命を消費しまくる訳です。

資源を消費しても、それが自然環境に循環する形だったら問題はないと思うのですが、そうではありません。
果たして、消費する資源の量に見合うだけの存在価値が自分にはあるのでしょうかね・・・?

そう考えると、地球にとって出来るだけ負荷が少ない形で生きる事を模索すると共に、何か地球にとってプラスになる事を生み出せないか?と思う訳です。

一応、約3000坪の土地と古民家を購入したので、そこで健全な自然環境を育み、出来る範囲での自然循環を実現する為の場所は手に入りました。
私が存在する事で、地球が汚染されるペースの方が圧倒的に早いと思われますが、せめて今後地球を汚染させる事なく生きる為のサンプルデータが得られたらと思っています。

私だけではなく、人間が存在するだけで、凄いペースで地球が汚染されていますからね。
かなりの急ペースで、崩壊へと向かっている。
しかも、本格的にそうなり始めたのが、ここ100年の間なんですよね・・・。

それまでは、建築物も日用品も、自然に還る材質であり、生命にとっての要である水脈や気脈も汚したりつまらせる事も少なく、
むしろ、人間が生きる事で、自然が豊かになる行為すらあった。

これは、地球で何がどうおかしくなっているかに目が向かない限り、分からない事だと思います。
私は、エネルギーによる認識によってまず違和感を感じ、その違和感の原因を探る事で、なぜ地球がいけない方向へ向かっているかが分かってきました。

個人的には、今の土木技術、農業、日用品と、何から何までがダメだと考えています。
地球の自然環境に還元しませんし、有限と思われる地下資源を消費してしまう。

地表にある物で循環せず、有限の地下資源を使ってしまうのが、そもそもおかしいと、子供の頃から考えていた記憶があります。

生きているだけで、どう足掻いても地球を汚してしまうので、せめて自分のやっている事は認識し、
出来るだけ汚染が少ない手段を使い、やれる範囲で自然を豊かに出来る行為を行えたらと思うのです。

具体的に私がやっている事は以下の事となります。
・ゴミを分別する。
・路上に落ちているゴミを拾う。
・物を大切に扱い、必要以上に買わないようにする。
・食べ物を残さない。
・極力化学物質を使わない。(電池とかも極力買わないようにしている。)
・洗剤等は、自然由来の製品や、マグネシウムを用いる。
・生ごみは、家庭内ゴミ処理機で堆肥化する。
・環境保全の為のボランティア活動に参加する。
・自然が豊かになるように、庭や山林を出来る範囲で整備する。
・なぜこうなっているかの、原因と解決策を探る為の学習をする。

私にも野人として、野山で暮らせない理由がありますから、今やれるのはこの程度です。
まぁ、そんなに意味はありませんね。

私が生きるだけで、容赦なく資源が消費され、廃棄物によって環境が破壊されますが、今後そうならないように、地球にとってプラスになれるように学習と行動を積み重ねて行きたいと思っています。

科学技術が発展し、地下資源を使わないで済むようになり、地球を汚染しないまで進化するように、
個人の範囲からヒントを見付けて行きたいものです。
その為には、常に小さな範囲からでも行動を積み重ねる必要があると思うのです。

取り敢えず、現在の地球環境と人間社会を蝕む原油利権と原発利権が滅びれば、バイオ燃料や常温固体核融合などのクリーンエネルギー技術が日の目を見る事になると思うので、
現行の社会システムを構築した大元の権力が失脚してくれる事を祈っています。

まとめると、正直私は地球にとってプラスであるとは思えないので、せめてプラスになれるように努めたいものです。

一旦前半部を終了し、進化した犬の画像を貼ります。
DSCN6969_R
竹炭作りのボランティアの場に、突如として二足歩行に進化したDOGGYが出現しました。
DSCN6971_R
や、奴のDNAは確実に進化している・・・!!


前半に、地球にとって私が価値があるかに付いて書きましたが、後半は人間社会の中で私が価値があるのかに付いて書こうと思います。
これもどうなのでしょうかね・・・。
私の存在が有益とは、胸を張って言う事はできませんね。

だから、これもせめてプラスを生み出せるようにしたいと考えるようになりました。

具体的に行動している事は以下の通りです。
・礼儀正しく、丁寧に応対する。
・突然怒ったり舌打ちをするなどの悪態をつかないようにする。
・周りを不快にするような行為が何であるかを学習し、慎むようにする。
・他人を利用せず、お願いがあった場合も対価以上のものを提供出来るように努める。
・聞く耳を持つ。
・手伝いを率先して行う。
・悪人と判断した人間に力を貸さない。(無視しないが、関わらないようにする。時として公共の利益の為に弾劾する事もある。)
・家族など、身近な範囲から大切にする。
・自分の思考と行動を常にチェックする。
・人間の卑怯で醜い性質を理解し、それに抗う。

この生き方を実践する中で、特に全てが上手く行くとかはなく、問題も次から次へとやってきますが、
以前よりは、楽に生きれるようになり、厄介事の発生頻度も減りました。

それでも、なぜか嘘を吐いている側から嘘吐きと呼ばれ、犯罪を犯している側から犯罪者と呼ばれたりしますが・・・。
こう言った事の発生頻度も減ってきましたが、納得出来ない事は多いです。

世の中、まともな人間が少ないとしか言いようがありません。
まともじゃない人間は、自分の中の卑怯で醜い性質と向き合っていないから、他者に対し、自分自身の罪を被せて生きているのですね。
そう言った人間の傾向として、安全な所では粗暴で攻撃的な態度を取り、強者には媚びへつらうような性質を持っていたりする。

ただし、そんな人間でも容姿が美しかったり、何か実績があれば、社会からはプラスとして見られるのですよ。
だから、人間社会の中でもプラスと言う概念は、非常に難解と言えます。

詐欺師の類も、本心では全くそう思っていなくとも、相手の事を褒めたり、目先の利益をほのめかしたりしますが、
相手に被害が出なかった場合は、それはプラスとして受け取られるのですね。

実際のプラス、虚構のプラスと言うのも、定義が難しいのではないかと思いました。
嘘でも、相手に「かわいいね。かわいいね。」と言っていたら、本当にかわいくなった場合、プラスだと思うのですよ。

自分ではまだ検証していない事ですが、
明かな詐欺師に対し、「あなたは数少ない本物だ!」「あなたほどの実力者はいない!」「あなたのお陰で救われている人が沢山いる!」と言うような言葉をごく自然な形で浴びせ続けたら、詐欺師側にとってプラスとして受け取られるか、よく分かっていません。
私は、勿論本心では、「この詐欺師の屑野郎。」と思っている対象に試すのです。

人間、匿名性や安全が確保された場所では、本音がそのままの形で出ますが、
敢えて、匿名性が確保された場所で、詐欺師に対し、本心ではないプラスの言葉を浴びせ続ける行為は、プラスとして受け取られるのか?
詐欺師が、ますますやる気を出したら、それは『プラスエネルギー』として受け取られる事になります。

こう言うのって凄く気になります。
例え嘘でも、プラスを生み出している事になるからです。

しかし、これは業の深い行為であると思っているので、まだやっていませんが・・・。
勿論、過去において褒め殺しと言う嫌味を言う事はありましたがね・・・。

逆を言うと、白いものを白と言い、黒いものを黒と言い、ある程度の根拠や証拠を持ってきても、
事実が都合悪い人間にとっては、『マイナスエネルギー』として受け取られるのです。
その場合、袋叩きにされる事もあります。

だから、人間社会にとってプラスを生み出すと言う行為は、案外難しいのではないかと思いました。
同じ言葉や行為が、全員にとってプラスになる訳でもないですしね・・・。

取り敢えず、自分の行動で、他者を不幸にしたり、不協和を生み出す行為は避けつつ、相手の望んでいるプラスを考え、出来る範囲で提供できるようにし、
自己信頼を失う行為をしない事が、正しい生き方なのではないかと思う事にしています。

このブログも、こちらは嘘を吐いているつもりはなくても、これを書くとアクセスが落ちると言う内容も大体分かっています。
この場合、自分がプラスと思って書いても、相手からはマイナスと受け取られる訳です。

それなら、心にもない嘘を書き続けても、相手に希望を与えた方がプラスなのではないかとも思うのですが、そうはなりたくありません。

どうせなら本物と思えるような価値を生み出したいものです。
他者には認められなくても、本物の価値を生み出すと言うのが理想なんか?
しかし、その場合、社会からはマイナスとして受け取られ、不快な存在とされる可能性もあります。

前半に自然環境がどうこう書いても、ぶっちゃけ多くの人達にとって、そこまで実感の伴わないどうでもいい話の筈です。

だから、これからもマジョリティー側には属せず、日の当たらない世界をダンゴムシさんのように生きる事になると思われます。
目先のプラスではなく、長期的な視野で発展と言う形で作用するものが、本物のプラスだと思いたいのですが、
長期的な視野で発展として作用するものが、思いっきり悪意のある卑しい人間の妨害だったりする訳で、本気で難しい!!
このビチ糞みたいな人間から嫌がらせを受けたからこそ、オレはここまでやれたと言う事も多々あると思うのです。

だから、人間社会でプラスを生み出す行為も、非常に難しい事と解釈しています。
一つの判断材料として、『波動』があるのですが、それも人によって解釈が違ったりするので、絶対ではない・・・。
取り敢えず、相手のニーズに沿いつつ、曲げちゃいけないものは曲げないようにするのが正しいのですかね・・・。
そうなると、相手の為に生きる事になり、ちょっと違うと感じますが・・・。
どちらにせよ、後から間違っていたと思うような生き方は避けたいものです。

本気で自分は生きる価値があるのか分からなくなってきました。
そんな感じで切り上げます。
良かったらクリックしてちょ!

☆本日のどうでもいい話☆
DSCN6989_R
麻の実を練り込んだスコーンさんを焼き上げました。

うむ!
そんなに美味しくない!!

麻の実を練り込む事で、お菓子から非常食にランクダウンしてしまったようです。

こんにちは。
今回は、目に見えない存在の事に付いて書きます。

いすみ市や勝浦市の神社を巡っている時に、稀に80cm位の大きさの人型の存在を見かける事があります。
人型の存在の頭身は、6頭身から7頭身位で標準的な人間と変わらず、
恰好は、古墳時代っぽい感じの白い服装を身に纏っている感じです。

出現する時は1体だけではなく、複数体の時もありますし、
服装は、必ず白い訳ではなく、古事記に出て来るアメノウズメノミコトのような白に近い水色の衣装とか、様々なバリュエーションがあります。

神社以外でも出現するようで、いすみ市内の林の中でも、確認しました。

この80cm程の存在が謎なのですね。
謎極まりない存在なのですが、それなりに高い頻度で見掛けます。

一応、意思の疎通は取れるようで、向こうが訴えている事も、何となく分かる感じです。

この何となくに付いて補足を加えますと、
目に見えない存在は、肉眼を通じて見えつつも、現実のものと見え方が違うので、細部まで記憶する事ができません。
見え方も、何となくを強くした感じと言えます。
意識的に細かい所まで見ようとしたり、見た事を憶えようとしない限り、上手く認識出来ないのです。
向こうの訴えている事も、日本語ではない形で、相手の心がこちらに入って来る形で認識されます。(それこそが共鳴なのだと考えています。)

目に見えない存在に対する認識は、過去の記憶を思い返す時と同じ感覚が、現在に起こっている感じと言ったら良いのか・・・。
少なくとも、私にはそう言った感じで認識されます。
私の持っている知覚力の精度が低いから、そう言う認識しか出来ないのかも知れませんが・・・。

ただ学生時代に、肉眼と同じ精度で廃屋のガラス窓に写る、こちらを睨む大きな目を見てしまった時、凄くビックリし、左肩が急に重くなったりしたので、肉眼と同じ認識も可能なのだと思われます。
それを意図して行う事は出来ませんが・・・。


話を、80cm位の人型存在に戻します。
この存在の事は、ブログの過去記事でも何回か触れている記憶があります。
憶えている範囲では、確か3年位前の『ノット腕ブンブン』と言うタイトル。
6年位前にいすみ市の佐室トンネル近くで見たのを、書いた記憶もあるようなないような・・・。
兎も角として、ちょくちょく見掛ける存在ではあるのです。

この存在が長らく謎だったので、ちょくちょく同じ事を言っている人がいないか調べていました。
私が調べた範囲では、80cm位の存在に付いて言及された情報を見付ける事が出来ませんでしたが・・・。

他者と比較出来る情報を見付ける事は出来ませんでしたが、確かに存在している・・・思われます。

しかし、その状況も変わりました。
最近友人と電話で話していた際、80cm位の存在を見た事があると言う話を聞き、それが見えているのが私だけではないと言う事が分かりました。
これは、個人的にかなり大きな収穫です。

友人の証言では、大きさは80cm位で、恰好は白い平安時代っぽい服装だったとの事です。
友人が手術を受ける際に、80cm位の存在が、周囲の医者や看護婦さんをお祓いしており、病院内の不協和存在を牽制していたと話していました。

大体、私が見ている80cmの存在と一致するのですが、まさか病院にまで出張していたとは・・・。

その友人は、岩手県にある北の早池峰神社に行った際も、40cm位の大きさの緑色のタケノコみたいな存在が、境内一面に出現したのを見ていましたから、
共通して同じものが見える場合が多いです。

この緑色のタケノコに付いては、私はブログで『青汁かき氷』と言う名称で例えていた記憶があります。

友人としては、『青汁かき氷』の件もそうですが、今まで見えても他人に説明しようがない事を認識してくれるから嬉しいのだそうです。
私としても、共通して同じものが見える人物が増えると、「これは妄想ではなかったんだ・・・。」と言う参考材料となり、非常に助かっております。

傲慢かも知れませんが、世間一般のスピリチュアル教祖や、霊能者が見ているとされる『神様』の類よりも、私や周囲の友人達が見ている存在の方が正しい認識が出来ていると思うのですね・・・。
と言うか、スピリチュアル教祖や霊能者の見ている存在の方こそが、『思い込み』(ゴースト)なのではないかと思っています。

霊能者の人達は、絵に描いたような神様を見て、テンプレートと言うべき『日本語』の御神託を受けており、
どう見ても波動の低い場所を、最高に波動の高い場所と言っていたりして、色々とおかしいのですね。

今では、「お前達は、実際に見えていないし、ビジネスの為に都合のいい嘘を吐いているだろう?」と言う認識に改まっています。
実際に見えていたら、そんな表現はしないだろうと言うケースが非常に多いのです。

勿論、本当に見えている霊能者は存在しているのでしょうが、明らかなニセモノが台頭してきているのが、昨今のスピリチュアル業界全体の流れと言えます。
本物の能力者は、私なんぞよりも高い精度で見えており、より細かな情報を拾う事が出来ているでしょう。


今回、私が言いたいのは、80cm位の人型存在など、
神社や山の中に居る存在は、様々な外見な上、複数体いると伝えたかったのです。
三角形で、透き通るような氷のような外見で、内部に青汁みたいな色の入っている、『青汁かき氷』や、
絹のような質感でボーリングのピンみたいな形をしている『ひょうたんペンギン』など、形容しがたい外見をしている存在の方がむしろ多い。

レイヤーのように重ねた様々な空間の階層に、様々な存在がいると言った感じであり、
人型をした、神社の主祭神の概念の方が、後世の後付けなのではないかと考えています。

東の早池峰神社では、20m位の大きさの、霧で出来た仙台大観音みたいな存在がいたり、
千葉県南部のある場所では、エノキタケみたいな白い大木が出現した事があったりと、
異世界存在には、様々な姿形があるのです。
なので、実際に見えていないと出来ない表現もあると思うのです。

西東京には、微生物のボルボックスと十六菊花紋が合わさったような精霊が、森林に浮いていたりしますし、
神社に封印されていた水龍も、水で出来た凄く長い鯉のぼりを、立方体の空間に無理矢理詰め込んだような感じだったりします。

実際に見えていたら、こう言う風な例えになるのです。
今まで似非能力者の類に、相当いい加減な事ばかりを言われてきたので、「俺の方が正しいじゃないか!?」と言い返したくなりますよ。

ちなみに、引っ越し先の古民家には、沢山の人間の霊、残留思念と言うべき存在がいるのですが、
その見え方も、着物を着たおばさんが50cm位の距離のすぐ近くにいるのに、凄く遠くにいるような感じで見え、大きさも120cm位で、全体的に白黒に近い色合いとして認識されます。

宇宙人は、基本的に補足する事が出来ませんが、
UFOに乗ったり、宇宙人が家にやってくると言う友人の1人と電話で話す際には、
波動共鳴を通じて、「こう言うような外見の存在が近くにいますよね・・・。」と言う感じで認識されたりします。

ある程度、状況調査や情報収集をして来た事で、人それぞれ見える存在の種類や、認識幅が違う事も分かってきました。

まだ、4年分のデータしかありませんが、
目に見えない存在に対し、出来る範囲での検証をしているだけ、まだ私の方の認識の方が正しいだろうと思ってしまうのです。
世間一般のスピリチュアル情報配信者は、合っているか間違っているかすら分からない内容を、あたかも真実のように断定して伝えている印象があります。
実際の所、ちゃんと検証しているかすら怪しい訳です。


話がまた逸れてしまいましたが、
80cmの人型存在こそが、大昔から神々と言われてきた存在の一つなのではないでしょうか・・・?
別に80cmじゃなくて、15cm位の人型存在もいますし、4m以上の巨人もいたりするので、大きさは場所によって結構違うのですが・・・。

私としては、古事記や日本書紀に出て来るような固有名詞で出て来る神々が、そのままの形で神社に存在しているとは思えません。
何千年、何万年も前から、今現在の日本語が使われる以前から、多種多様の存在が様々な場所にいたのではないかと考えています。

そして、その様々な存在達とは、日本語ではない認識を通じて、意思の疎通を取る事も出来る。

目に見えない存在もそうですが、歴史と言うものも分からない事だらけです。
分からない事の方が遥かに多い。
その上で、私達は合っているかどうかすら分からない情報を信じ込まされている場合もある。

だから、世間一般の知識ではなく、実際に見える存在や、認識出来た存在から得れる情報から、探って行けるアプローチもあるのではないかと考え始めています。
これからも、探って行く姿勢で精神世界を探求していきたいですね。

最後に、スピリチュアル情報配信者が、断定的に決めつけるような情報を配信していた場合、それが本当かどうか確かめる姿勢が大切だと思います。
彼等は、本当にいい加減であり、ビジネスの為や箔付けの為に平気で嘘を吐く人種として見た方がいいかも知れません。

真実を探求しようとする姿勢のある人間は、気軽に『真理』だ『悟り』だ『覚醒』だなんて言葉を断定的に使わないと思うのですよ・・・。
そうそう、答えなんか見つかるものではない。

事実、上辺だけの『悟り』を売りにしている人間は、ちょくちょく言っている事が180度変わりますからね・・・。
幾らなんでも、自分を曲げすぎだろと・・・。
その場凌ぎの『ライブ感』で生きているとしか言いようがありません。

そんな感じで切り上げます。
良かったらクリックしてちょ!

☆本日のどうでもいい話☆
コメダ珈琲シロノワールのようなウンコ
コメダ珈琲でどう見ても、ウ○コにしか見えないシロノワールが発売されていたようです。
私も、ウ○コシロノワールを食べに行きたかったのですが、その前にゴディバ・ウ○コフェスティバルが終わってしまいました。

ふと思ったのですが、これでチョコレートとしてアリなら、
DSCN6932_R
移住先の庭にも、沢山のチョコレートのような物体が落ちていますよ。

これなんか、パッと見、脳がウンコ判定するのを躊躇う程の気品を兼ね備えた、ノーブルチョコレートです。

オレは、実は野生動物達から、沢山のバレンタインチョコレートを貰っていたんか・・・!!?

こんにちは。

只今、移住予定先の庭の手入れをしております。
実際に引っ越すのはまだ当分先の話なのですが、今の内にやっておかなければならない事があるのです。
DSCN6906_R
これは、先日購入した竹の消し炭。
総重量、1.1t位あります。
この炭を9,000㎡以上の敷地に撒くのです。(大体90m×100mの広さ)

本当は、自分で3tの炭をこさえておきたかったんですが、イマイチそこまでのガッツが湧きませんでした。
炭をトータル1.5t程購入し、残りは現地でこさえたいと考えています。

この消し炭を敷地に撒くと、炭の気泡が土壌菌糸の住処となり、大地が豊かになるのです。
南房総特有の粘土質の土壌も、団粒化した土となり、水捌けも良くなります。

この事は既に今いるネズミの家で実証済みです。

大地を豊かにした状態で、数多の広葉樹を植え、ちょっとした森林ゾーンにしたいと考えています。
健全な環境の中に生きるとは、どう言う事なのかを知りたいのです。

大地を豊かにしなければならない理由はほかにもあります。
それは、南房総のバキュームモンスターである『ヤマビル』の存在です。
ヤマビルは、水捌けの悪い場所を好み、健全な土壌では生きられないと言う話があります。

現在調査した範囲では、奴がいる可能性が非常に高い事が分かってきました。
DSCN6925_R
このタマゴボーロみたいな物体は、ニホンジカのウンコです。

ニホンジカがいる事が確定してしまいました。
この糞鹿共がヤマビル達を庭に供給するディザスターアニマルに他ならない。
奴の蹄の内側には、はちきれんばかりにヤマビルが引っ付いている・・・。

地面にヤマビルがいると、分速1mの速さで身体をよじ登ってきて、全身の血液がバキュームされてしまうのです。
尚且つ、バキュームされた傷口は、ヒルジンと言う分泌物の作用で血が止まらなくなります。
つまり、折角のマイホームに住んでも、迂闊に外に出れなくなってしまうのです。

なので、ヤマビルさんが活動停止している冬の間に対策をしておかねばならない!!
環境再生活動をされている人物の話では、ヤマビルは地表の水の流れが停滞した場所を好むので、土壌を健全にすれば住めなくなるとの事です。

場所にもよりますが、竹炭を撒くだけでヤマビル共は、そこに住めなくなる場合があるとの事・・・。
なので、早急に炭を撒いておく必要があったのです。
炭を撒いて最短3カ月で大地が団粒化し、ヤマビルにとってのパラダイスではなくなる・・・。
DSCN6903_R
なぁ・・・!?
この地面の抉れっぷりは・・・!!?
始めっから100%いる事は分かっていたが、やっぱりイノシシがいるんか!?

イノシシもヤマビルを運んでくる特急列車に他ならない。

こ、この土地はやはり危険すぎる・・・!!

場合によっては、塩水を入れた水鉄砲である『塩水ブラスター』が手放せない環境かも知れません。
ヤマビルに塩水をぶっ掛けると、ナメクジと同じ原理で死ぬのです。

私は、必要外の生き物を殺さないようにしてきましたが、ネズミとヤマビルは、実害が洒落にならないので、見つけ次第殺害するっきゃないと言う考えに変わりました。
ド田舎環境が、オレを修羅へと変えた・・・。
田舎で綺麗事は通じないのです。

移住当初は、あの優しそうな農家のおじいさんが、なんであそこまでネズミに対して容赦ないのかと思っていましたが、
今ならそれが分かるよ・・・。

奴等は殺すしかない・・・!!
DSCN6915_R
取り敢えず、炭を撒きます。
20kg以上の袋を担ぎ、一々しゃがんで炭を取って撒いていたのでは、我が腰がクラッシュする事が目に見えているので、
スコップで炭を掬うようにしています。

炭を撒いていると、遠くの方から「ミャーミャー」と言う鳴き声がしたので、しかと目を凝らしてみると、
茶色くて細長い物体が横切りました。
視力が悪く、ナチュラルにモザイクが掛っているように見えてしまい、何だか分かりませんでしたが、鳴き声から察するにハクビシン!!

やはり、ここにはハクビシンもいるのか・・・。
ハクビシンがいると、屋根裏がウンコだらけになる上、果実系の樹木がジェノサイドされてしまう・・・。
奴も非常にファッキン度数が高い野獣だ・・・。

個人的には、ファックビシンに改名した方がよいと思っています。

日中、炭を撒いているだけでも、数多の野獣共の蠢きを感じられました。
ここは紛れもない、野獣ハザード地帯・・・。

これから、凶悪な野獣達と、血で血を洗う抗争に明け暮れる事になるのか、
或いは森の平和などうぶつ達と共存できる領域になるのかは未知数・・・!!

取りあえず、オニグルミやドングリなどを植えまくって、野獣達との共存路線を歩みたいと思っています。

まず、そもそも野獣共が人里を荒らすのは、山の自然環境が荒れまくっている事が原因であるのは明白。
山が割と本気で荒廃しまくっているから、動物が住むのに適さなくなってしまった状態と言えます。
なので、健全な自然環境を構築すれば、ひょっとしたら、野獣共も大人しくしてくれるかも知れません。

しかし、数多の広葉樹が野獣共に力を与え、人類に仇なすヘイトモンスターへと変えてしまう可能性もあります。
そこら辺が、本当によく分からない。

個人的には、野生動物は人間と違って道理を守る生物だと思っているので、現在田舎で起こっている野獣クライシスも、
人類へのデモ行進であると解釈しているのですね・・・。

南房総で、キョンと言う外来種の糞鹿が増えているのも、人間目線で見ると糞ったれ極まりない現象なのですが、
ひょっとしたら、ガイアが自浄作用の為に、意図的に増やした存在なのかも知れない・・・。

そこら辺、まだ分からない事が多すぎるので、野獣ハザード地帯で学習したいと思っています。
DSCN6927_R
敷地内には、4,000㎡程の森林もあります。
鼻糞みたいな杉の人工林しかないと思っていたのですが、荒れてはいるものの広葉樹の茂った場所も残っているようです。
ここもまさに野獣ハザード地帯!!

取り敢えず、健全な山林に回復させるっきゃねぇ!!

森林が荒廃してしまったのは、人間様が行うコンクリ舗装や、杉の植樹などの所業が原因・・・。
だから、人間様の力によって回復させるのが道理だと考えています。

野獣共が地面に穴を掘って、土中に空気を通して豊かな環境にするように、
野獣共がやろうとしている事を理解し、それをより大規模かつ効率的に行うのが、人間の役割であると考えるようになりました。
人間は、大規模かつ効率的に環境を破壊させていますからね・・・。

その強大な負の力を、プラス方面に作用させる事も可能な筈。

現状、どうなるか未知数ですが、
環境再生の先生にアドバイスを頂きながら、徐々に理想的環境を構築して行きたいと考えています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
よかったらクリックしてちょ!

☆本日のどうでもいい話☆
調整豆乳でホットチョコレートをこさえてみましたが、
イマイチぶっ飛ぶようなお味にはなりませんでした。

やはり、牛乳を使わないと駄目なのか・・・。

こんにちは。

今回は、ホットチョコレートに付いて書きます。
以前から、ホットチョコレートなる飲料物が美味しい事は知っていました。
原宿表参道のブルガリがあった時は、そこで何回かブルジョアホットチョコレートをごっきゅんした記憶があります。

今までホットチョコレートが美味しいと知りつつも、作るのが面倒くさいと思い込んでいて、自らの手で作ろうと言う発想がありませんでした・・・。
先週まではね・・・。

しかし、私は気付いてしまった・・・。
ホットチョコレートが滅茶苦茶簡単に作れる事を・・・。

事の発端は、スコーンを焼いた後に余った牛乳をどうしようかと思っていた時に、ホットチョコレートに加工する事を思い付いた事です。
ココアだと、ココアパウダーを買ってから使い切るまでが面倒なので、ホットチョコレートにする事にしました。

いざ、ホットチョコレートのレシピをインターネッツで検索して見ると・・・、
難解な工程など一切なく、暖かい牛乳とチョコレートを混ぜるだけで出来上がるじゃないの・・・!!

私は、マイクロ波垂れ流しの電子レンジを使わないので、鍋で牛乳を煮詰めますが、それでも簡単極まりない事が発覚!!

もうこれは作るっきゃない!!

それで最初は、コンビニエンスストアで売っている板チョコを使って、ホットチョコレートをこさえていたんですぅ!!
この時点で、満足度の高いお味でした。

しかし、都内の友人の家で、美食将軍おばさんにホットチョコレートを振る舞った時から、事態が急展開を迎えます。
どうやら、コストコに売っているブルジョアチョコレートと、ブルジョアココアパウダーを使ってホットチョコレートを作ると更に美味しくなるそうなのです。

な・・・!?
ただでさえ美味しいホットチョコレートゥが更に美味なるお味になってしまうと言うんか・・・??
こ、これは作るっきゃねぇ!!
DSCN6907_R
と言う訳で、都内へ出掛けた際に、成城石井でブルジョアそうなチョコレートと、ブルジョアそうなココアパウダーを購入しました。
DSCN6908_R
早速、ブルジョアホットチョコレートをこさえますよ!

取り敢えず、チョコレート50gと、ココアパウダー10gを配合させる事にしました。
DSCN6909_R
これを、250mlの牛乳で煮詰めます。

普段、滅多に牛乳を飲まないのですが、
不自然な成長ホルモンがたっぷりとの噂の、牛乳さんのお出ましだぁ!!

長期不景気による影響か、生産性を向上させる為に、雌牛に成長ホルモンをブチ込んでいると言う噂は本当なんか・・・?
どちらにせよ、プロテインやチーズを、肉体のキャパシティーを越える量を摂取した瞬間、湿疹が出て下痢になるので、牛乳は私にとって毒判定される液体・・・。
なので、乳製品をあまり口にしないようにしているのです。
DSCN6910_R
チョコレートが溶けましたよ!!

このまま調子こいて煮込み続けると、牛乳が一瞬で泡立ち、とんでもない事になるので火を止めます。

これで完成です。
チョコレートとココアパウダーを、牛乳で煮詰めながら混ぜるだけで完成しちまうとは恐れ入るぜ・・・。
今までの高難度甘味達と比べると、非常に簡単極まりない。
DSCN6912_R
冷凍保存していたスコーンと一緒に堪能します。(どうでもいい話ですが、ちゃんと鍋敷きを使っています。)

・・・・・ん?
これはマーヴェラス・・・!!
か、かなり美味しいでちゅ~~~~~!!!

失敬、ネズミにDNAレヴェルで浸食されていたので、語尾がネズミ語になってしまいました。

これ、本当に凄い!!
かなりぶっ飛ぶ飲み物である事が発覚しました。

ただでさえホットチョコレートは美味しいのですが、
ココアパウダーと言う魔性の粉を混入させると、ぶっ飛び具合が全然違う。
やはり、美食将軍おばさんの叡智は正しかった・・・。

まさかこんなにいけない飲料物を、手軽にこさえる事ができるとは・・・。
ホットチョコレート作り3~4回目にして、既にホットチョコレート道の頂に到達してしまったようです。
それ程の満足感。


ちなみに牛乳は体質的に駄目でも、チョコレートの方は適合食材のようで、肉体の力が増大します。
この事は、15年前にキネシオロジーで判定した際、チョコレートで力が入る事が分かり、
トレーニング中に、普段よりも1.1倍以上の回数が出来る事を確認しています。

今回、ブルジョアホットチョコレートを飲みながらトレーニングしていたのですが、
かなりぶっ飛びました。
普段よりもパワーがブーストされる。

ホットチョコレート・・・最高!!

ちなみに、身体の反応を見た限りでは、恐らくホットチョコレートの許容量の上限は低く、
許容量を超えた瞬間から力が抜けて、下痢になる予感がしました。
そう言うのは、長年のデータ蓄積で大体分かります。

許容量を越えたら、身体が毒判定する事でしょう。

次は、許容量のリミッターを上げる為に、牛乳ではなく豆乳を使っても美味しいかどうかの検証に入りたいと思います。
豆乳は、1日に1リットルとか飲まない限りは、身体の反応が悪くないのです。

変な間食を繰り返すより、一日一杯の豆乳ホットチョコレートの方が、我が染色体にとっても健全な筈。
ホットチョコレートさんが全てを解決してくれる・・・。

そんな訳で、満足のゆくホットチョコレートが完成しました。

地球に存在している近代の人間による造作の殆どを否定する私でも、食べ物に関しては本気で美味しいと感じます。
食べ物・・・最高!!

そんな感じで切り上げマッスル!!
良かったらクリックしておくんなまし!

☆本日の遠隔攻撃情報☆
ここ最近の遠隔攻撃おじさんによって繰り出される遠隔攻撃の警戒レベルは1です。
1日に2~3時間、あまり影響のない攻撃をやってくる事がある程度で、平穏な日々が続いております。
セミオート攻撃の方も、常にやっているのかも知れませんが、日常生活に支障をきたすような影響を受ける事はありません。(発酵おばさんは体力が低いから影響を受けているが・・・)

おじさん急速に力を失い、持続力もなくなっているのですね。
もう、触媒に使っていた訳の分からない存在達のストックも、殆どが分解されてしまい、なくなってしまった事でしょう。
このままやらなくなれば、話題に出される事もなく、おじさんと所属グループの事も忘れ去られると思われます。

一応、10日程前に遠隔おじさんの所属しているグループの代表にメッセージを送ったのですが、返答はなかったです。
代表に対し、
『遠隔攻撃の事を全く知らなかったのか?』
『遠隔攻撃を黙認していたのか?』
『遠隔攻撃を推奨していたのか?』
『遠隔攻撃に一緒に参加していたのか?』
と言う事を聞きたかったのですが、分からずじまいで終わりそうです。

宮○遠隔攻撃事件は肯定していたのに、それの100倍以上の被害が出た、3年間の遠隔攻撃に付いて否定するつもりなのだとしたら、最高に笑えます。
今にして思えば、どちらも犯人は同じ人物だと思うのですがね・・・。
過去何回か書いていますが、攻撃主は自作自演を繰り返していた節があります。

被害者の人脈的にも遠隔攻撃おじさんが関わっていて、時系列的にもそうとしか言いようがないのです。

3年前に、私への遠隔攻撃と洗脳攻撃を行った犯人を、発酵おばさんとしていましたが、発酵おばさんも同じ症状になって死にそうになっていた上に、
後から調べると、当時離れた数人が同じ症状になっていた事も分かりました。

攻撃主は、発酵おばさんが悪口を言ったから何人かが離れたと言う見解をしていたようですが、
私が複数人に対して聞き込みをした範囲では、その根拠を見付ける事が出来ませんでした。
他の事例でも、水面下で不信感を抱かれていた事に気付けていなかった節があるので、他人のせいにしたのでしょう。(既に離れた相手に間抜けな内容のメッセージを送っていたりしましたし・・・。)

ひょっとしたら、過去に於いて「これは、高田による遠隔攻撃です。」と言う流れも、生まれていたのかも知れませんね・・・。(これは完全な憶測)

攻撃主が、
「あの人は3か月以内に自滅します。」
「あの人はもう駄目になりました。」
「私の方でなんとかしておきます。」
と言われた対象は、例外なく遠隔攻撃の被害者でしたから・・・。
遠隔攻撃で全てを解決しようとするスタイルと言えます。

ひょっとしたら、治療行為の後の副作用を大袈裟に演出する為にも、遠隔攻撃を使っていたのかも知れませんね・・・。(これは推測。)

治療は、受けた相手が急速にデブ化するだけで精度がダメになり、
遠隔認識や未来予知も当たらない、
最後の砦の遠隔攻撃まで使えなくなったら、能力者として終わりですよ。

なぜこの事に言及しているかと言うと、洒落にならない被害が長期間に渡り、複数人に対して生じており、
一般的なスピリチュアル詐欺とはまた違う『犯罪』であると判断したからです。

こんにちは。
今回は、個人的に感じた空間のエネルギー変化と、それによって受けているであろう影響に付いて書きます。
DSCN6615_R
まず最初に、昨年の11月頃から、太陽の色が変わったように見えます。
今まで見て来た太陽光は、赤味を帯びた色だったと思うのですが、それが白くなってきたように見えるのです。
太陽から感じる物理的な温度とは違う、エネルギー的な性質も、冷たい炎のような性質に変わり、
エネルギーノイズを焼いて粉々にするような作用が、以前とは比べ物にならない程に強まった事を実感しております。
光の波長も変わり、赤外線特有のポカポカと言う感じよりも、LEDっぽい強烈な光に変わりましたね・・・。

個人的には、ここ数年に渡り、凄まじい空間エネルギー変化が起こり続けていると認識しています。
特に、この8カ月間はとんでもない変化です。
昨年の5月頃から始まった、人類の業が噴出したかのように空間を覆う灰色の靄のようなエネルギーノイズによって、半年間に渡ってかなり体調を崩し、
昨年の11月頃から始まった、白い太陽の光によるエネルギーノイズの分解によって、体調が戻りつつも、また新しい体調変化が始まりました。

毎日毎日、訳が分かりませんよ・・・。
一応、同じ影響を受けるであろう友人に確認した範囲では、太陽の色を含め、私と同じ事を言っているので、少なくとも私一人だけが感じている変化ではないようです。


これは、別にスピリチュアルビジネス屋連中が言っている、2020年の3月にゲートが閉じると言う話に今更便乗している訳では無く、
実感としてこう言った変化が起こっていると認識した事を書いているのです。
私は、スピリチュアルビジネスを行うスピリチュアル教祖連中の言っている事を、微塵も信じていないと言う立ち位置にいます。
大多数が、本物の能力と見識を有していない、スピリチュアル用語を引用したビジネスをやっている人達と言う見なし方をしているのです。

ゲートに関しては、言い出しっぺのスピリチュアルビジネス屋がアセンションは、2020年ではなく、2039年に起こるとか言い出したようで、
アセンションがどうこうと便乗していた連中が、年始からピタっとゲートとアセンションに付いて触れなくなったと聞き及んでいます。
アセンションに付いてあれだけ騒いでいたのに、2020年の3月になる前に一気に終息していて、凄く笑えました。

あれだけアセンションがどうこう、準備がどうこう騒いで、高額セミナーの参加を促していたのにどうしたの??
どうしたの~~~??

あくまで連中のやっている事は、ビジネスだと言う事です。

この事を、YouTube上で痛快に批判している『山口敏太郎氏』と、『感じるスピリチュアルのしゅうさん』の動画を観て、スカッとしました。
インターネッツ上のスピリチュアルを席巻しているのは、お花畑全開で胡散臭いスピリチュアル教祖だけではなく、自らの情報配信に、責任と美学を持っている人達もいると言う認識に改まりつつあります。


話が横道に逸れたので戻します。
白くなった太陽の光によって、空間の波動は明らかに高まっていて、都内へ出掛けてもエネルギーノイズの影響が少なく、楽になってきたと感じていたのですが、
それも早速変わりました。
ここ1カ月は、身体に入ってくるエネルギーノイズの方は、むしろてんこ盛りになり始め、ちょっと苦しくなってきているのです。

波動は高くなっていて、空間ノイズの総量も減っているように感じていますが、
行き場のなくなった残存ノイズが、濁流のように身体の中に入ってくるのです。

白い光によって空間に炙り出されたであろうエネルギーノイズが、大量に身体の中に入ってくる事により、とっくの昔に克服したと思っていた『霊障』が再発しています。

毎日毎日、身体の中から数多の「苦しい苦しい苦しい」「死にたい死にたい死にたい」と言う声や、
寂しい気持ちになるエネルギー、苦しい気持ちになるエネルギーに溢れだしている。
個人的には、苦しいとか寂しいとか感じるようなド不幸イベントは、起こっていない筈なんですが・・・。

正直、結構辛い!!
それでも子供の頃から続いてきた霊障に比べれば、全然余裕ですが・・・。

現在、身体の内側から響いてくる不特定多数の声が、本当に凄い数なのですよ。
それは、人間だけではなく、植物の声だったり、加工された食品の声だったりと様々。
この地球は、こんなにも不協和エネルギーに満ちているのだと言う事を、改めて認識させられております。

特に食べ物(殺された命)の叫び声は、凄く辛いですよ。
やり場のない慟哭とを通じて、救いのなさを感じてしまいます。
現況、加工される食材に敬意を払う人間なんて殆どいないですし、加工された食品に対し感謝する人間も少ない。
ただ殺され、それをモノとしか見ない、敬意すら持ち合わせていない、理解なき者達の糧となっている。
これは、到底納得出来るものではないと思われます。

食べ物と意思の疎通を取れる人間なんて、殆どいない事でしょう。
食べ物との合意を取ろうともしていないので、一方的な略奪になってしまっている。

この怨嗟の声や、苦しみの声が、こちらの許容量を超える量入ってきているので、結構シンドイのです。
この世界に満ちる不協和の声が、否応なしに聴こえてくる身からすると、本当にこの世界は狂っているとしか言いようがありません。
人間だけじゃなく、動物、植物、鉱物と言った様々な存在達による叫び声に満ちている。

現行の社会システムだと、多くの存在が苦しむ事になっているのですよ・・・。
生きて行く以上、動植物の命を奪う事に変わりがありませんが、せめて彼等に感謝位しましょうよ・・・。
感謝と敬いの心があれば、奪わなくてはならない命が、せめて良い環境で暮らせるようにと言う想いも湧いて来る筈。

だから、一方的な犠牲者を生み出す、この社会のシステムに対し、ずっと長い年月に渡り、間違っていると感じ続けていたのです。
流石に色々な事を学び、多少の知恵を付けたので、何が原因となり、誰が悲鳴を上げているかとかも、分かってきました。

この事は、怨嗟の声の影響を受けやすい人達からすると、対策を考えねばならない程に、洒落にならない影響なのですよ。
聞く耳を持つ極少数が、まとめて彼等の声を聴いていると言うのが現状と言えます。

自分だけ良ければいいと言う人間は、他者がどうなろうと無頓着ですから、聞く耳など持っていませんし、
自分で生み出した不協和や負債を、当たり前のように他者に押し付けていますからね。

もし、動植物などの声が聞こえていれば、どう言う風にすれば自然環境を健全にし、叫び声が上がらないようになるかを考え、行動し始めている事でしょう。
同時に、生理的に受け付けない動植物に対しても、愛情と敬意の心が湧くと思います。
食品や日用品の声も、それが聞こえているのならば、感謝して大事に使うようになると思うのですね・・・。

私は、そうなるように勝手に『矯正』されました。
長い年月を通じ、出来るだけ自分を原因として叫び声が上がらないように努めるようになったのです。

様々な存在の声が聞こえていれば、そうならざるを得ない。

同時に、私はずっと狂った社会システムに侵された、狂った人間達の住む世界に生まれたからこそ、
幼少期から、心地良いものが一切なく、どこへ行っても、何をやっても、満たされる事がないまま過ごしていた事が分かりました。
満たしたいものがあったとしても、社会には存在すらしていないから満たしようもないと言う、八方塞がりの閉塞感も味わっていたのです。

今なら分かるのですが、私がまともで、多くの人達の方が狂っています。
狂っている方の常識や価値観で、私はずっと裁かれ続けていた。

私の人生のパターンとして、罪を犯している人間から、こちらが罪人にされ裁かれると言うパターンがありました。
これは、幼少期からずっと続いているパターンなのですね。

罪人から、罪人と断ぜられ裁かれ、
嘘吐きから、嘘吐きと言われ裁かれ、
悪人から、悪人と断定され裁かれる事が、ず~~っと、ず~~~っと続いておりました。

それ以外のパターンが、まず起こっていない人生と言えます。
そんな事が、長い年月に渡り続いていたのですから、大きな『怒り』となっていました。
「本当に罪を重ねているのは、お前等の方だろう?」・・・と。

多くの場所で、多くの人間に対して納得が出来ませんでした。

最初は、いい人間と言う見方をされる事が多いのですが、
私が、白い物を白と言い、黒い物を黒と言うと、歯車が狂い始め、
罪人にされ裁かれる事になるのです。

勿論、私に至らない点もあったでしょう。
必ずしも、0対100の割合で、自分が無実だったも思っていません。
間違いを犯したと認識する場面も数多くあります。
道徳心が薄い年齢に遡るほど、数多くの間違いを犯してしまいました。

だからこそ、間違いに気付いた時は、治すようにしていたのです。

正直、多くの場面で私の方が正しい認識と、正しい判断が出来ていたと思っているのですね・・・。
しかし、長い年月に渡って、数多くの場所でこちらが罪人にされると言うパターンが続きました。

それが、ちょっとずつ変わってきたのかな・・・。

私が罪人にされ裁かれると言うパターンが減り、
本当の罪人に対し、報いが発生すると言う場面が、チラホラと見受けられるようになりました。

明らかに今までのパターンが変わって来ている事を実感しています。
これも、太陽の光の変化を通じた大きな流れが影響しているのでしょうか・・・?

今までの世の中は、個人レベルでも、国際レベルでも、悪人や罪人が好き放題していた時代でした。
本当に、あり得ないような事がまかり通っていた、『悪人の時代』だったのかも知れません。

それが、徐々にですが変わりつつあり、その流れに先行して、空間エネルギーが大規模に変わっているように見えるのです。

私個人の事ですが、今までの何をやっても手応えがなく、努力を重ねても結果が出ない生き方が変わりつつあります。
何をやってもチャンスが掴めないし、本当に牢獄のような現実を生きざるを得ない状況でした。
周囲の人間や、周囲の環境も嫌なものばかりで、好きなだとか心地良いと感じるものが本当に少なかった・・・。
それが、徐々にやりたい事が分かるようになり、周囲の人達も変化し、自由になりつつあります。

幼少期から続き、徐々に酷くなっていた霊障も、鍛錬によって制御できるようになりましたし、変化していますしね。
4年前までは、四六時中、怨嗟の声や、苦しみの声が入ってきて、冗談抜きで死ぬんじゃないかと言う状態でしたから・・・。


この変化を通じて、『アセンション』と『ゲート』と言う単語も、完全否定はできないと思いました。
それを言っている人達が、ビジネス目的の、正しいように見えない人達と言うだけで、
ひょっとしたら、そう言った変化は、実際に起こっているのかも知れません。

個人的に、精神世界が好きでも、世間一般のスピリチュアルビジネス野郎共がとんでもなく嫌いなので、
アセンションやゲートと言う単語は、今までも出していませんし、これからも出さないつもりですが・・・。(多分ほぼ出していない筈)
あくまで、自分の体感を通じて感じた変化や、自分が見つけた事を書いて行きたいと思っています。

ちなみに、なぜスピリチュアルビジネスを行うスピリチュアル教祖達が嫌いかと言うと、上辺だけの綺麗な言葉で取り繕い、詐欺を行っているからです。
人間的には下劣なのに、それを隠し高尚に振る舞っているのが、本当に気に食わない。

今まで私を裁いて来た連中がそんなだったから、怒りを感じているのでしょうが・・・。

そんな感じで切り上げマッスル!!
良かったらクリックしておくんなまし!

☆本日のどうでもいい話☆
DSCN6902_R
最近、真夜中のスコーンとホットチョコレートを嗜んでおります。
スコーンとホットチョコレートの組み合わせは至高だね!!

これがデキる男のブルジョアライフ!!
このブルジョアセットが全てを解決してくれる・・・。
もう、ブルジョア指数と血糖値が爆上がりですわ!!

このページのトップヘ