こんにちは。
今回は、個人的に感じた空間のエネルギー変化と、それによって受けているであろう影響に付いて書きます。
DSCN6615_R
まず最初に、昨年の11月頃から、太陽の色が変わったように見えます。
今まで見て来た太陽光は、赤味を帯びた色だったと思うのですが、それが白くなってきたように見えるのです。
太陽から感じる物理的な温度とは違う、エネルギー的な性質も、冷たい炎のような性質に変わり、
エネルギーノイズを焼いて粉々にするような作用が、以前とは比べ物にならない程に強まった事を実感しております。
光の波長も変わり、赤外線特有のポカポカと言う感じよりも、LEDっぽい強烈な光に変わりましたね・・・。

個人的には、ここ数年に渡り、凄まじい空間エネルギー変化が起こり続けていると認識しています。
特に、この8カ月間はとんでもない変化です。
昨年の5月頃から始まった、人類の業が噴出したかのように空間を覆う灰色の靄のようなエネルギーノイズによって、半年間に渡ってかなり体調を崩し、
昨年の11月頃から始まった、白い太陽の光によるエネルギーノイズの分解によって、体調が戻りつつも、また新しい体調変化が始まりました。

毎日毎日、訳が分かりませんよ・・・。
一応、同じ影響を受けるであろう友人に確認した範囲では、太陽の色を含め、私と同じ事を言っているので、少なくとも私一人だけが感じている変化ではないようです。


これは、別にスピリチュアルビジネス屋連中が言っている、2020年の3月にゲートが閉じると言う話に今更便乗している訳では無く、
実感としてこう言った変化が起こっていると認識した事を書いているのです。
私は、スピリチュアルビジネスを行うスピリチュアル教祖連中の言っている事を、微塵も信じていないと言う立ち位置にいます。
大多数が、本物の能力と見識を有していない、スピリチュアル用語を引用したビジネスをやっている人達と言う見なし方をしているのです。

ゲートに関しては、言い出しっぺのスピリチュアルビジネス屋がアセンションは、2020年ではなく、2039年に起こるとか言い出したようで、
アセンションがどうこうと便乗していた連中が、年始からピタっとゲートとアセンションに付いて触れなくなったと聞き及んでいます。
アセンションに付いてあれだけ騒いでいたのに、2020年の3月になる前に一気に終息していて、凄く笑えました。

あれだけアセンションがどうこう、準備がどうこう騒いで、高額セミナーの参加を促していたのにどうしたの??
どうしたの~~~??

あくまで連中のやっている事は、ビジネスだと言う事です。

この事を、YouTube上で痛快に批判している『山口敏太郎氏』と、『感じるスピリチュアルのしゅうさん』の動画を観て、スカッとしました。
インターネッツ上のスピリチュアルを席巻しているのは、お花畑全開で胡散臭いスピリチュアル教祖だけではなく、自らの情報配信に、責任と美学を持っている人達もいると言う認識に改まりつつあります。


話が横道に逸れたので戻します。
白くなった太陽の光によって、空間の波動は明らかに高まっていて、都内へ出掛けてもエネルギーノイズの影響が少なく、楽になってきたと感じていたのですが、
それも早速変わりました。
ここ1カ月は、身体に入ってくるエネルギーノイズの方は、むしろてんこ盛りになり始め、ちょっと苦しくなってきているのです。

波動は高くなっていて、空間ノイズの総量も減っているように感じていますが、
行き場のなくなった残存ノイズが、濁流のように身体の中に入ってくるのです。

白い光によって空間に炙り出されたであろうエネルギーノイズが、大量に身体の中に入ってくる事により、とっくの昔に克服したと思っていた『霊障』が再発しています。

毎日毎日、身体の中から数多の「苦しい苦しい苦しい」「死にたい死にたい死にたい」と言う声や、
寂しい気持ちになるエネルギー、苦しい気持ちになるエネルギーに溢れだしている。
個人的には、苦しいとか寂しいとか感じるようなド不幸イベントは、起こっていない筈なんですが・・・。

正直、結構辛い!!
それでも子供の頃から続いてきた霊障に比べれば、全然余裕ですが・・・。

現在、身体の内側から響いてくる不特定多数の声が、本当に凄い数なのですよ。
それは、人間だけではなく、植物の声だったり、加工された食品の声だったりと様々。
この地球は、こんなにも不協和エネルギーに満ちているのだと言う事を、改めて認識させられております。

特に食べ物(殺された命)の叫び声は、凄く辛いですよ。
やり場のない慟哭とを通じて、救いのなさを感じてしまいます。
現況、加工される食材に敬意を払う人間なんて殆どいないですし、加工された食品に対し感謝する人間も少ない。
ただ殺され、それをモノとしか見ない、敬意すら持ち合わせていない、理解なき者達の糧となっている。
これは、到底納得出来るものではないと思われます。

食べ物と意思の疎通を取れる人間なんて、殆どいない事でしょう。
食べ物との合意を取ろうともしていないので、一方的な略奪になってしまっている。

この怨嗟の声や、苦しみの声が、こちらの許容量を超える量入ってきているので、結構シンドイのです。
この世界に満ちる不協和の声が、否応なしに聴こえてくる身からすると、本当にこの世界は狂っているとしか言いようがありません。
人間だけじゃなく、動物、植物、鉱物と言った様々な存在達による叫び声に満ちている。

現行の社会システムだと、多くの存在が苦しむ事になっているのですよ・・・。
生きて行く以上、動植物の命を奪う事に変わりがありませんが、せめて彼等に感謝位しましょうよ・・・。
感謝と敬いの心があれば、奪わなくてはならない命が、せめて良い環境で暮らせるようにと言う想いも湧いて来る筈。

だから、一方的な犠牲者を生み出す、この社会のシステムに対し、ずっと長い年月に渡り、間違っていると感じ続けていたのです。
流石に色々な事を学び、多少の知恵を付けたので、何が原因となり、誰が悲鳴を上げているかとかも、分かってきました。

この事は、怨嗟の声の影響を受けやすい人達からすると、対策を考えねばならない程に、洒落にならない影響なのですよ。
聞く耳を持つ極少数が、まとめて彼等の声を聴いていると言うのが現状と言えます。

自分だけ良ければいいと言う人間は、他者がどうなろうと無頓着ですから、聞く耳など持っていませんし、
自分で生み出した不協和や負債を、当たり前のように他者に押し付けていますからね。

もし、動植物などの声が聞こえていれば、どう言う風にすれば自然環境を健全にし、叫び声が上がらないようになるかを考え、行動し始めている事でしょう。
同時に、生理的に受け付けない動植物に対しても、愛情と敬意の心が湧くと思います。
食品や日用品の声も、それが聞こえているのならば、感謝して大事に使うようになると思うのですね・・・。

私は、そうなるように勝手に『矯正』されました。
長い年月を通じ、出来るだけ自分を原因として叫び声が上がらないように努めるようになったのです。

様々な存在の声が聞こえていれば、そうならざるを得ない。

同時に、私はずっと狂った社会システムに侵された、狂った人間達の住む世界に生まれたからこそ、
幼少期から、心地良いものが一切なく、どこへ行っても、何をやっても、満たされる事がないまま過ごしていた事が分かりました。
満たしたいものがあったとしても、社会には存在すらしていないから満たしようもないと言う、八方塞がりの閉塞感も味わっていたのです。

今なら分かるのですが、私がまともで、多くの人達の方が狂っています。
狂っている方の常識や価値観で、私はずっと裁かれ続けていた。

私の人生のパターンとして、罪を犯している人間から、こちらが罪人にされ裁かれると言うパターンがありました。
これは、幼少期からずっと続いているパターンなのですね。

罪人から、罪人と断ぜられ裁かれ、
嘘吐きから、嘘吐きと言われ裁かれ、
悪人から、悪人と断定され裁かれる事が、ず~~っと、ず~~~っと続いておりました。

それ以外のパターンが、まず起こっていない人生と言えます。
そんな事が、長い年月に渡り続いていたのですから、大きな『怒り』となっていました。
「本当に罪を重ねているのは、お前等の方だろう?」・・・と。

多くの場所で、多くの人間に対して納得が出来ませんでした。

最初は、いい人間と言う見方をされる事が多いのですが、
私が、白い物を白と言い、黒い物を黒と言うと、歯車が狂い始め、
罪人にされ裁かれる事になるのです。

勿論、私に至らない点もあったでしょう。
必ずしも、0対100の割合で、自分が無実だったも思っていません。
間違いを犯したと認識する場面も数多くあります。
道徳心が薄い年齢に遡るほど、数多くの間違いを犯してしまいました。

だからこそ、間違いに気付いた時は、治すようにしていたのです。

正直、多くの場面で私の方が正しい認識と、正しい判断が出来ていたと思っているのですね・・・。
しかし、長い年月に渡って、数多くの場所でこちらが罪人にされると言うパターンが続きました。

それが、ちょっとずつ変わってきたのかな・・・。

私が罪人にされ裁かれると言うパターンが減り、
本当の罪人に対し、報いが発生すると言う場面が、チラホラと見受けられるようになりました。

明らかに今までのパターンが変わって来ている事を実感しています。
これも、太陽の光の変化を通じた大きな流れが影響しているのでしょうか・・・?

今までの世の中は、個人レベルでも、国際レベルでも、悪人や罪人が好き放題していた時代でした。
本当に、あり得ないような事がまかり通っていた、『悪人の時代』だったのかも知れません。

それが、徐々にですが変わりつつあり、その流れに先行して、空間エネルギーが大規模に変わっているように見えるのです。

私個人の事ですが、今までの何をやっても手応えがなく、努力を重ねても結果が出ない生き方が変わりつつあります。
何をやってもチャンスが掴めないし、本当に牢獄のような現実を生きざるを得ない状況でした。
周囲の人間や、周囲の環境も嫌なものばかりで、好きなだとか心地良いと感じるものが本当に少なかった・・・。
それが、徐々にやりたい事が分かるようになり、周囲の人達も変化し、自由になりつつあります。

幼少期から続き、徐々に酷くなっていた霊障も、鍛錬によって制御できるようになりましたし、変化していますしね。
4年前までは、四六時中、怨嗟の声や、苦しみの声が入ってきて、冗談抜きで死ぬんじゃないかと言う状態でしたから・・・。


この変化を通じて、『アセンション』と『ゲート』と言う単語も、完全否定はできないと思いました。
それを言っている人達が、ビジネス目的の、正しいように見えない人達と言うだけで、
ひょっとしたら、そう言った変化は、実際に起こっているのかも知れません。

個人的に、精神世界が好きでも、世間一般のスピリチュアルビジネス野郎共がとんでもなく嫌いなので、
アセンションやゲートと言う単語は、今までも出していませんし、これからも出さないつもりですが・・・。(多分ほぼ出していない筈)
あくまで、自分の体感を通じて感じた変化や、自分が見つけた事を書いて行きたいと思っています。

ちなみに、なぜスピリチュアルビジネスを行うスピリチュアル教祖達が嫌いかと言うと、上辺だけの綺麗な言葉で取り繕い、詐欺を行っているからです。
人間的には下劣なのに、それを隠し高尚に振る舞っているのが、本当に気に食わない。

今まで私を裁いて来た連中がそんなだったから、怒りを感じているのでしょうが・・・。

そんな感じで切り上げマッスル!!
良かったらクリックしておくんなまし!

☆本日のどうでもいい話☆
DSCN6902_R
最近、真夜中のスコーンとホットチョコレートを嗜んでおります。
スコーンとホットチョコレートの組み合わせは至高だね!!

これがデキる男のブルジョアライフ!!
このブルジョアセットが全てを解決してくれる・・・。
もう、ブルジョア指数と血糖値が爆上がりですわ!!