こうして、田原は後継者のためにも未来のマイケル・ジャクソンを育成するという
一大プロジェクトを旗揚げしたのだった。
このプロジェクトはかなり苦労するのだったが、充実感はあった。

 だからこそ、一所懸命でプロジェクトリーダーである田原も本気になるだろう。
・・・これはホントですから・・・。