今月に入ってこれまでの在り方が、
ひっくり返り、感情的なことや、
思考も数々やってきましたが、
何があっても「全部知る」という決意は揺るがさない!
と決意を新たにしていました。



今朝、師であるManaさんのブログ(「気づき=メッセージ」)を拝読して、
疑問として湧いてきていた答えがありました。



スピリチュアルなことや、
それ以外に関わらず、
皆さんとても真面目に取り組んでいる方々を、
目にします。


しかし、そんなことじゃ「神ながらの道」は、
知りえないのだな・・・


それでは何?


「弥栄に貢献する!」という真っすぐな思いをたぎらせよ!!

「命火」をたぎらせよ!!!

でした。


肝に銘じます!


そして、ここ数日、その瞬間瞬間気づいていくことなんだと、
気づけていたことに感謝です。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

上記を綴ったのち、もう少しお伝えしたくなったので、
追加です。

8年以上前となりますが、
スピリチュアルなことを「真面目」にやっていました。


個人の夢や希望を叶えるためにというよりは、
「全体のため」でした。


しかし、根本の土台が、
「誰でもない」
「空」であるということを知っていないし、
結局、何かを受け入れてても、
別の何かは否定していました。


そして、そんなに真面目にやっているのに!
というこれも勝手な自我ですね。

それで、「なんでだろう?」
と思い、自分でも「空を悟る」
点が天である、と湧いてきたころ、
Manaさんと出会った次第です。


個人がどうにか生きやすくなってからみたいな、
薄っぺらな思いでは、
どうにもならないのです。


自我は、それこそ、
「自分、自分」
そして、見せかけの「全体」を言ってきますが、
必ず気づいている目があります。

カラダに反応があります。

精妙な音があります。