2006年01月28日

引越しのお知らせ

シロートテン子が株道場で猛特訓はhttp://tenko-kabu.seesaa.net

に引っ越しました。

「お気に入り」に登録してくださった方は、お手数ですが変更お願いいたします。

PCからも、携帯からも同じアドレスで閲覧できます。

今後ともよろしくお願いいたします。

tenko_kabu at 19:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月21日

厳冬出遅れ銘柄

雪です。

ホントに今年は寒いですね〜。

どんなに寒くても、株が上がっている限り師匠は元気満々。

寒けりゃどこが上がるんだ?って常にそういう発想ですから、当然雑談もこんな感じです。

「これだけ寒いのだから、厳冬銘柄で君はどこがいいと思う?」

・・・・突然言われても、何も思いつきませんよ〜(;´Д`)

それでも必死に考えて

1.タイツを買ったら他のものより温かかったこと(発熱HEAT LAST)
2.そのタイツをもう一足買おうとしたら売り切れだったこと
3.寒がりの友達に勧めたら、確かに温かいと密かに2足購入してたこと

という、超主婦的発想から、苦し紛れにアツギって答えてみました。

馬鹿にされるかと思いきや、「それはおじさんでは思いつかない発想だから、いいかもしれない」とやや好感触。

そして、「寒い冬にはアツギって、君シャレのつもりかよ〜」
と何故か一人でウケている。

いえいえ、そんなつもりありませんって(-_-;)

後日、そのタイツを買ってこいと言うので、吉祥寺中探した(西友、ロンロン、東急、伊勢丹、安売り靴下屋)けど、どこも売り切れ。

私の苦し紛れな発言は、どうか早く忘れてください!!と思っていたのに、ちょっとその気になってきたぞ。

どうですかね???(^_^;)

クリックしてもらえると本当に嬉しいです

tenko_kabu at 15:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)雑談です 

2006年01月19日

谷深ければ山高し

いやー、今日はすごい一日でしたね。
まさか、東証取引停止まで出てくるとはΣΣ(゚д゚lll)

さすがのイケメンロスカッターも、ロスカットできないみたいです。

が、しかし、日本中がうろたえてるこんな状況でも師匠の目には

これは、天が与えてくれた最後の買いチャンス!」に映るらしい・・・。

師匠!さすがです。

で、こんな時こそ基本に戻ってみましょう!って事で、
師匠が約1年前に、株シロートの人にあてたメールが出てきたので原文のまま紹介します。
師匠の投資理論が集約された価値ある内容です。
少し長いですが頑張って読んでみてください。

利回り株と含み資産株への投資

1.今、投資をするとすれば日本の株が一番安全で有利です。理由は金利が高い海外は為替のリスクがある。日本の国債は為替リスクがない代わりに金利リスクがあり、この低金利で買ったら必ず金利が上がった時に大損するからです。

2.日本株を買う場合、銀行や生保が大株主になっている有名企業は避けた方がよい。できるだけ小型で証券会社の人が知らないような会社が良いのです。理由は、売り手がいないからです。

3.銘柄選択の基準は、イ.利回り ロ.財産状態 ハ.利益成長力 です。
イは株価が上がらなくても配当金が貰える。ロは解散した時の価値がある。
ロは専門的になりますが株価純資産倍率(PBR)、利益剰余金額、手持ち現金を見ます。これは企業買収の際の簡単な尺度とされますが、みんな四季報でわかります。脱デフレの兆しが見えてきたことから保有土地や株の含みがある株にも注目します。これは90年ごろの株価が現在と比較して極端に高いものをみるとすぐにわかります。
当時松坂屋が8,000円になったのは含みを買ったわけです。
ハは機関投資家の唯一最高の尺度です。いわゆるアナリストが探し求めるものですが、これが全くあてにならない。素人のこの商品は売れそうだといったイメージで成長株を見つけた方が良いです。

4.結論としてイとハのミックス。つまり、利回り2%以上、PBR0.8以下、配当性向50%未満のリストを作って、その中から自分の成長イメージにあった銘柄を選ぶ。このスタンスだと勝つのには時間がかかるけれど負けにくい。その間少なくとも国債の倍ほどのインカム収入を得ることができます。あと、含み資産株に注目するのは、バブルの再来は有り得ないとしてもM&Aの対象としては魅力的だからです。

5.必ず四季報を用意してリスト銘柄の頁をじっくり読んでみて、インスピレーションがわいたら買うというのが基本です。人に聞いて鵜呑みにして投資してうまくいったためしはない、と言うのが経験から言える最高のアドバイスです。
知人からの商品会社情報はいただきですが、証券会社や評論家に聞くのは、論外百害そのものです。せいぜい実際に買っている人から聞いて参考にする程度がよいでしょう。


いかがでしたか?
昨日・今日で深い谷ができましたが、その向こうに高い山見えてきましたか〜??

本日も1クリックお願いします<(_ _)>



tenko_kabu at 00:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)師匠のうんちく 

2006年01月17日

ライブドアショック!

ライブドア大変なことになっちゃってますね。ビックリしました。

チャート達人畑古任一郎さんの「もう利食ってええんでないかい?」の一言で、昨日楽天売ったばかり。人の言うことは素直に聞くもんだ(*^_^*)

さてライブドアですが、私ではニュースの解説を聞いてうなずくだけしかできないので、早速師匠に聞いてみました。

「師匠、ライブドアの件どうなんですか?!」

「テレビで、石原慎太郎さんと、三木谷さんの対談をやっていた。
慎太郎さんは、「楽天とホリエモンは良いが、村上ファンドはどうかと思う」と言っていた。

が、これは逆で、楽天・ホリエモンはバーチャルな虚業。

偉大なるバフェット先生の教えどおり、わからないものは買わない。
村上ファンドは、バリューのある土地建物含み資産のあるものにしか投資しない。

これが投資の基本原則

ITバブルは虚業のバブル。
今度は、以前の土地バブルのミニ版。

村上さんなり私(師匠)のターゲットは土地ミニバブル先行の含み資産株に注目。

楽天より東京楽天地 東急レクリという訳。」

とのことで、ライブドアのこと聞いたつもりが
結局、師匠の投資法がいかに素晴らしいかという話になってしまいました(~_~;)

でもバリュー投資は、シロートの私でも一番納得できるやり方なので今後も毒舌に負けずに師匠のもとで学んでいきます(^o^)丿

1クリックお願いします。初めて200位以内になりました!



バリュー投資について、よくわからない方は読んでみてください。
私のように知識のない人にオススメ。
師匠は、そのままやってはいけないと言ってましたが・・・。


tenko_kabu at 11:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)師匠のうんちく | 本の紹介

2006年01月16日

今がチャンス!絶好の買い場到来

またまた出ました!師匠が買った銘柄を教えてくれたので、報告します。

9631東急レクリエーション

sisyo権利落ちで下げすぎのため、今は絶好の買い場。

優待銘柄は権利落ちから3ヶ月間に買う。
これが原則!

土地建物勘定が100億ずつあって、不動産賃貸が売上げの30%以上だから、所有映画館の含みも大きいはず。

5603虹技(こうぎ)

昨日、地震の番組を見ていたら、マンホールをトイレにすると言う。

この会社は、マンホールの蓋の会社で、利回り・PBRは(師匠基準には)未達だが、業績の伸び、チャートも申し分なし。

だそうです。

畑古さんのチャート診断によると、9631東急レクリエーションは上にしこりがなく軽いので、面白いのでは?とのことでした。

そして私はというと、買いたいけど何か売らないとお金がない状態。
迷い中です。

ところで、最近師匠は地震ネタに超敏感です。

何故かというと・・・これが又長くなるので今度まとめて書きますね(^_^;)

1クリックお願いします。もうすぐ200位以内に入れそうです



tenko_kabu at 09:00|PermalinkComments(7)TrackBack(0)銘柄 

2006年01月14日

師匠のNO2おすすめ本

今日は、師匠が「絶対読むべき!」とすすめてくれた本の紹介をします。(NO1の本は、現在貸出中のため後日)

誰もが株で幸福になれる黄金の法則51

師匠の感想
「40〜44才の人口に日経平均がぴたり一致して、2015年に日経平均3万円が実現する。感覚的に想定していたシナリオが、この本の最初の数ページで裏付けられた。
ただ、全部読んでも銘柄探しの参考には全くならなかった。」

最後にちくっと毒を吐くのは忘れませんが、最初の数ページ部分はいたくお気に入りで、私に本を貸してくれるときも、その部分のコピーをとってからにしてくれと言われたほどです。

そして、私が読んでみた感想ですが・・・
気持ちがぱ〜っと明るくなりました!
団塊ジュニア世代は人口が多いから、その世代が流行をつくる。団塊ジュニア世代が40代前半の頃株価はピークになる。
とのことで、私その世代どんぴしゃなんですよ!
ってことは、同年代の友達とか観察してれば、流行のきざしをいち早くキャッチできそうじゃないですか。

で、まわりを見渡してみると、やっぱり最近話題に上るのは、家。
それから、ダンナさんが、薄毛になりつつあって、気にしている話。

4912 ライオン
育毛剤ネタで、昨日上がってましたね。

1クリックお願いします







tenko_kabu at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本の紹介 

2006年01月12日

お宝?銘柄

今日は、師匠がこの1ヶ月の間に10回以上は口にしてる銘柄を紹介します。

7446 東北化学薬品(取引値:780円 PBR:0.87倍 配当利回り:2.56%)

7538 大水(取引値:620円 PBR:0.83倍 配当利回り:2.42%)

8744 日本ユニコム(取引値:1480円 PBR:1.08倍 配当利回り:2.03%)

ほとんど出来高のないものばかりです。
(東北化学薬品なんて単元株1000で、本日の出来高1000!)

ちなみに私は、東北化学薬品を710円、大水を570円の時買いました(*^ー゜)b

荒野に落ちてる石ころの中から、ダイヤモンドの原石を見つけるのが師匠の得意技。

そのまま石ころで終わりませんように!

1クリックお願いします



tenko_kabu at 21:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)銘柄 

2006年01月11日

間違いは間違い

1/5の記事に書いたシャクリー・グローバル・グループですが、

間違いというのは、買う時期の事であって、銘柄選択は決して間違えではないそうです

投げ売りしないで、気長に待ちましょう。

お宝銘柄に変わる日もそう遠くないかも

1クリックお願いします



tenko_kabu at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)銘柄 

2006年01月09日

大相場の始まり?!

「辰巳天井」、「牛尻下がり」、「未辛抱」、「申酉騒ぐ」、「戌は笑い」、
「亥固まる」、「子は繁栄」、「丑はつまづき」、「寅千里を走り」、「卯は跳ねる」

というのは、株式市場における干支アノマリーだそうです。
そういえば、聞いた事あるような、ないような・・・
でも知っておけば昔から株をやってるおじ様世代にはウケがいいかもしれないな。

そして、その世代代表の師匠も

「今年戌年は、待ちに待った投資家が笑う年だよ。上昇相場は嘘つきコメンテーターたちの予想を超えるのではないか?」

とか言ってましたが、本当に笑える年になるといいですね(^_^)

以下は、今年の相場について師匠の言った事そのまま書きます。
「通常は秋から下げる。

何故かというと、
10月から12月にかけて外人の決算前の売りが出る。
個人投資家の税務対策上の損切りがでる。
ところが去年はオイルマネーのお陰か、外人売りがでない。
個人投資家には損切りする対象がなかった。

自分も保有80銘柄中、損切りしたのは2つしかなかった。
今までの歴史の中でも、そんなことはなかった。

年末のアノマリーも外れ、普段なら天井のサインと見るべきものも今回ばかりは大相場の始まりである。」

だそうです。
大相場の始まりかぁ〜。その言葉はかなりテンション上がるも

ランキング 1クリックお願いします

アノマリーについて詳しく知りたい方は、読んでみてください。 干支以外にも五輪アノマリーとか面白いアノマリーたくさん紹介されてますよ。

tenko_kabu at 14:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月05日

仕事始め

今日から仕事始まりました。
強運の酒?だと言われ、そういう言葉に敏感なのでグビグビ飲んでしまった。

早速、師匠から検討中の銘柄を教えてもらいました。

螻前陀榲(1/5:終値1,797円、PBR 2.45倍、PER 24.24倍)

師匠お得意のJASDAQ銘柄です。

PBR1倍以下が師匠の基本なので、指標だけみると選択基準から少し外れているようなのですが、理由は時間切れの為、後日。

100株単位なので、買えなくもないけど・・・。
人に言われてそのまま買うのもどうかと思うので、少し調べてみます。
それが失敗の素という噂もあるけど、勉強中ですからね。

昨年師匠に 強く 薦められて買った8205
本日「あれは間違いだった」とのこと(-_-;)

人に言われてそのまま買うとこんな事もありますね。

ブログランキング 1クリックお願いします



tenko_kabu at 22:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)銘柄