2020年08月11日 15:38

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ

一瀾書道会展作品集2020
コロナ禍の中で展覧会の開催が相次いで中止、延期になっている。
私も、この4月緊急事態宣言発令からの約4カ月間で、新国立美術館に1回、ゴールデンギャラリー1回と計2回しか出かけていない。

所属する一瀾書道会も7月20日から、セントラルミュージアム銀座で設立10周年の記念展を開催する予定だったが飛んでしまった。そんなこんなで、今回は誌上展ということになった。他の書道団体も展覧会中止→作品集のみの「誌上展」が多いようなので一種の流行りということになる。

そういうことで、担当である私が、コロナ禍の中ということで、一人で編集することになった。しかし、書道作品集編集は手間がかかる。全員を知っているというわけでも無いので「姓号」照合ひとつも大変(渡辺 渡部 渡邊 渡邉みたいなーーーー)で、「釈文」も写真と見比べて明らかに異なっているのもある。まあ、どうにか形に出来た。良かった^_^

クリックで拡大↓
一瀾2020 吉永隆山
瓦當とか塼風でやってみた。チョット拡大解釈気味の字形もありますがーー

2020年08月08日 17:59

篆刻教室の詳細ご案内はこちらから

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ 

新宿・大久保(新宿キョー和の横)
吉永隆山篆刻教室 キョー和そば














   第2、第4土曜日<10時〜 または11時半〜>
 8月 8日、22日
 9月12日、26日
 10月10日、24日

横浜A(上大岡または杉田
=場所はプライベートモードで確認、記録のこと
!)     
  第1、第3日曜日<10時〜 >
 8月 2日(弘明寺)、16日
 9月 6日、20日
 10月 4日、18日

横浜B(弘明寺)
  第2、第4水曜日<14時〜 または19時〜>
 8月12、26日
 9月9、23日
 10月14、28日
通信締切日(原則金曜日です。当日まで到着するように投函のこと!)
  8月1回目=7日(金)、 2回目=21日(金)
  9月1回目=11日(金)、 2回目=25日(金)
  10月1回目=9日(金)、 2回目=23日(金)

上記締切日以降到着の場合、添削返送がかなり遅れることがありますのでご承知おきください。

吉永隆山カルチャーセンター出講<詳細は各カルチャーセンターへ>
コミュニティクラブたまがわ(玉川高島屋) 「はじめての篆刻
 第3水曜日14:00〜
  8月19日、9月16日、10月21日

吉祥寺産経学園の吉永隆山講座は終了いたしました。引き続き「第2土曜日16時より」土方囂々先生による講座が開講されますので、よろしくお願い申し上げます。


篆刻(てん刻)1回体験講座 随時 ご案内はこちら
 体験で1文字印を刻り、お持ち帰りいただきます。


書研印社会員、コミュニティクラブたまがわ生徒さんへ
ーー詳細、プライベートモードで 
プライベートモードのパスワードは吉永まで・・・・

プライベートモード掲載内容
短期間で削除することもありますので、適時チェックのこと!!

★横浜お稽古場所詳細(2020.6.30)8月まで発表
摸刻課題に関して
マジック転写=この程度の出来は必要(2015.4.12)
★吉永字入れ風景・・・
★八戸のタウン誌「ふぁみりい」掲載 大橋君「日展初出品、初入選」記事(2015.2.7)
★「2020年競刻年間課題
★「字入れ」について
★篆書勉強について
★大型印製材について#面取り #試し刻 #最低1角は印矩に合うように製材

「続き」プライベートモード=パスワード必要です!
新パスワードは会報2020.6月号参照 または メールにてお問いあわせ下さい吉永
↓ ↓続きを読む

2020年06月20日 10:44

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ

整理していたら、こんなものが出てきた。
↓堆朱の肉地である。
朧げで思い出があるのだがーーー
右上は40年以上前に台湾で買ったものーープラスチック製 実用的で、ある時期愛用していた
左上は何となくヤフオクで買ったものなので、多分プラスチックかな?
下2つは、多分堆朱 右は40年前、中国で自分が買ったものだが、左は記憶が無いーーいただいたものか?
小さいのは携帯に便利なので、そういう使い方してるが、2つは必要無い(^_^)ね
肉地 堆朱

2020年06月18日 16:36

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ

微妙に異なっている通知が、毎日展篆刻会から来ていましたがーー
以下が正しいものです。申し訳ございません。
毎日書道展

2020年06月16日 08:30

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ

コロナ明けみたいな感覚で、昨日、半年ぶりに映画館に行った。
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
時系列が前後するので、気が張るが、良い映画を観たな〜という感想。

この映画備忘録も2018年2月以来、2年間お休みしてたんで、その間の映画鑑賞をまとめてみた。なんか適当に観てる感じ(^_^)あと、暗い映画は嫌いです。

2020/06/15 ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年は17本ですね〜ちなみに、2018年も17本。
2019/12/24 カツベン!
2019/11/25 アナと雪の女王2
2019/10/04 蜜蜂と遠雷
2019/09/20 アイネクライネナハトムジーク
2019/09/17 記憶にございません!
2019/09/10 SHADOW 影武者
2019/09/06 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
2019/09/02 引っ越し大名!
2019/08/27 ロケットマン
2019/08/26 ニュー・シネマ・パラダイス(午前10時の映画祭)
2019/08/23 アルキメデスの大戦
2019/08/20 ローマの休日(午前10時の映画祭)
2019/07/02 劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
2019/06/17 アラジン
2019/05/30 空母いぶき
2019/04/25 キングダム
2019/03/15 グリーンブック === 2019アカデミー賞
ーーーーーーーーーーーーーーーー
2018/12/29 パリの恋人(午前10時の映画祭)
2018/11/29 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
2018/11/14 ボヘミアン・ラプソディ
2018/11/02 ビブリア古書堂の事件手帖
2018/10/31 日日是好日
2018/09/28 泣き虫しょったんの奇跡
2018/08/14 グリース(午前10時の映画祭)
2018/08/06 ミッション:インポッシブル /フォールアウト
2018/03/22 ちはやふる−結び−

2020年06月15日 19:12

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ

情報異なっておりました。お詫びして訂正いたします。
http://blog.livedoor.jp/tenkoku1/archives/52157518.html

2020年06月13日 06:11

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ

印泥の陶製容器(肉地)が捨てられなくて手元に残ってしまい(^_^)
結果、B級コレクションになってしまった。味わいはあるものなので、まあ、集めるとこれはこれで面白いかな?
一部中身があるものもあるが………
定番の染付 5爪の龍。裏に必ず乾隆年製とある=もちろん洒落みたいなお約束。↓
最近のものは色の品が無い。左上の10両装用は、かなり古いもので色が落ち着いている。
肉地 染付
右は大昔の石泉印泥容器、最近の高式熊印泥に多い瓦當風 、こういうのを「影風」と称すらしい↓
肉地 影風
箭鏃に多い「粉彩」= 絵ですね↓
肉地 粉彩
一番左下の「薔薇」は、最近は無い、その右の「竹柄」も見かけない

2020年06月11日 09:45

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ

6月8日のブログ画像に、昔作った描き印画像を載せた。10年前2010制作のものだ。2010年制作がもう一つあるはずなので探したが、画質が悪いので、引っ張りだして撮ってみた。
月下獨吟 ↓クリックで拡大するとアラが見えるかもしれない^_^
描いたものです!
描き印 吉永隆山

まあ、一発描きの精密印稿の要領で制作する。詳しい用材は忘れたが、朱は鶏冠朱と思う。師匠が使っていたものと同じ。印泥色に近い。
残りの朱があるかな〜と探したが、鮮光朱しか見つからない。見つかった鮮光朱は本朱じゃないかもしれない(^_^)

こんな面倒なことやるのは、知ってる限りは、古川一門の柳先輩、阿部さん、私くらいか? 最近、阿部さんは毎年発表しているようだ。

2020年06月10日 08:56

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ

清代篆刻家に顕著だが、篆書と篆刻の関係は密接である。呉昌碩しかり、趙之謙、呉譲之、完白………篆刻作品イコール篆書作品である。

現代日本の篆刻作家でも、レベルの高い低い問わずにそんなもんである。門人の作品をみると、その人が書く篆書そのものが篆刻作品に反映されている。私の手本で篆書を勉強してるのだから同じになるはずだが、個性?なのか、はたまた技術・練習不足なのか強烈な自己主張になってしまう人も多い。まあ、だから篆刻においては、篆書が上手にならなきゃならない。

Stay Home でいろいろ整理してるが、私が生まれて初めて書いた篆書の手本小冊子が出てきた。ビギナーズラックみたいなものかな〜………現物は、自宅階段に掛けてある。
<保多孝三先生の指導>石鼓文ですね〜 射
射 吉永隆山 1971

篆書手本

石鼓文




2020年06月09日 06:13

↓ランキング参加中=押してください

書道 ブログランキングへ

昨日の毎日新聞 訃報
https://mainichi.jp/articles/20200608/k00/00m/040/174000c
刻字の先生、私とほぼ同い年なんで、ショックです。
ご冥福をお祈りします


ギャラリー
  • 誌上展が多いようです
  • 誌上展が多いようです
  • 吉永隆山篆刻教室(書研印社、コミュニティクラブたまがわ など)稽古日スケジュール
  • 肉地B級コレクション 堆朱
  • 毎日書道会より通知……ありました
  • 肉地 B級コレクション
livedoor プロフィール

吉永隆山

Archives