2008年05月06日

これは日本産の石印材ですかねー

02b23157.JPG 一昨日、横浜桜木町のゴールデン文具に裏打ちを頼みに行った。そこで、ゴールデン文具社長に声をかけられ、委託販売品の印などを拝見した。5世浜村蔵六作の3顆=これは小ぶりの印だが印材も良い=値段も安いのではーーー興味ある方は見せてもらうと良い。木印も何顆かありなかなか面白い印が多く、楽しめた。ただ、買うとなると、落款印は難しい。所詮、人の印なので、自分では使えない。単に資料ということになってしまう。
 あと、いろいろ故人の篆刻家・書家遺族から出た雑多な遺品?が委託販売されていた。これも所蔵品であったのだろう某有名書家(故人)の近代詩文作品も8万円で出ていたが、書作品の流通ということを改めて考えさせられる事実である。
 さて、その委託販売の品で面白い物があったので買ってしまった。重たいものなので、今日出直して買って持ち帰った。写真を見てもらいたいが、お店の人は、日本産の印材らしいというのだが、どうだろう。石井雙石先生著の「篆刻指南」に、「切り石といって売っている。東京京橋宝町守尾瑞芝堂で百匁50〜60銭(これいつのことなのでしょうか?)であるがーーーーー」と載っている「切り石」なのであろうか。産地はともかく、大きな「塊」を自分で金鋸で切り出し、加工したものの様である。昔の篆刻やる人は大変だったのですね。

tenkoku1 at 16:18│Comments(5)TrackBack(0) 篆刻 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 丼古庵   2008年05月17日 13:12
こんにちは、ご紹介のあるお店に連絡して、写真をいただき、4点購入しました。なかなか面白い印材でした。また、よい情報があれば、よろしくお願いします。
2. Posted by 吉永隆山   2008年05月17日 13:31
 この14日にゴールデン文具に立ち寄りましたら、社長に「問い合わせ」が有ったとの報告を受けましたが、丼古庵さんでしたかーーーーー
 最近、ゴールデン文具は、委託販売で「いろいろなもの」を売っていますので、古印材などもよく見かけます。何か良さそうなものがあればこのブログに掲載します。
3. Posted by 丼古庵   2008年05月17日 20:12
ありがとうございます。直接は関東まで買いには行けませんので、助かります。
4. Posted by 丼古庵   2008年05月17日 20:13
ところで、黄鱗という印人はご存知ですか?
5. Posted by 吉永隆山   2008年05月18日 09:15
 委託されていた落款印の刻者で、一番多かった方ですね。上手い篆刻家ですが、私も「どのような」方か知りません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ギャラリー
  • 電報ゲーム=「誤字のスパイラル」
  • 作意
  • 機械化
  • 機械化
  • 展覧会印材
  • 誤字
livedoor プロフィール
Archives