tenma35のblog

群馬県の生まれで群馬県に育ちましたが、千葉県に住んでいます。基本的には世界最古の神社 天神人祖一神宮(皇祖皇太神宮)の氏子です。

ようこそご訪問くださいました。



ブログ開始は2004年からですが、社寺巡りのブログは2008年の8月4日からです。ブログ村は2009年からです。

正しい信仰の為の開運社寺巡りですので、有名な社寺でも良くないところは巡りません。紹介もしません。興味本位で数多く社寺を巡り投稿して人気を得るような体質のブログではありませんので他のブログさんにお願いします。

住んでいる所は千葉県東金市ですので、千葉県の社寺がメインです。
フェイスブックと提携して同時進行しています。

◎2018年の主なテーマは白山神社です。


なにか参考になりましたらクリックお願いします。

白幡八幡神社が山武市の白幡にありますが、千葉に来て2~3年したころかなんで源頼朝が由縁の源氏さんの神社があるのかと思っていましたが、史実にはない大きな謎がこの神社にはあるようです。

頼朝は大願成就の後文治元年(1185年)に社殿と神宝を寄進し、建久3年(1192年)に将兵300騎を従えてお礼参りに訪れた

とありますが、1185年というと平家滅亡の壇ノ浦の戦いがありますが、すぐすぐ社殿を作れたというのは出来たのでしょうか・・・?戦いがまるで近隣で起こったような勢いです。


白幡八幡神社と九十九里浜の白幡海岸の距離
97d8063f-74d7-4e0c-9209-37edc74afd98


白幡駐在所のそばに・・白幡八幡神社
4fe16b25-11ae-491e-9ab9-fb4b1117738f



wikipedia より

白幡八幡神社(しらはたはちまんじんじゃ)は、千葉県山武市白幡(上総国山辺郡)にある八幡神社。旧社格は村社。誉田別尊、天照大神、天児屋根命を祀る。

概要

寛和元年(985年)に大和国の僧妙香がこの地を訪れ、阿弥陀如来像を奉納し如来寺(現在の般若院)を創建した際、山城国の石清水八幡宮より御神影を勧請し、寺の隣地に鎮守神として建立したのが当社の起こりであるという。

治承4年(1180年)石橋山の戦いに敗れ房総に逃れた源頼朝が、その後鎌倉を目指した際に参拝し[1]、白旗と15本の矢を献じて源氏の再興と武運長久を祈願したといわれ[2]、それ以来白旗を掲げるのが習しとなり白幡八幡と称したという。頼朝は大願成就の後文治元年(1185年)に社殿と神宝を寄進し、建久3年(1192年)に将兵300騎を従えてお礼参りに訪れた。その際、頼朝に従った将兵の接待にあげ飯が出され、あげ飯の行事は現在も旧暦の9月7日の夜に行われている。また建久7年(1196年)には仕臣4名を派遣し、9月6日から8日にかけて東国鎮護の祭典を行った。

慶長19年(1614年)正月には鷹狩りに訪れた徳川家康が立ち寄り[3]、頼朝の掲げた白旗の旗竿に東金御殿の竹林の竹の寄進を約束し、現在も故事に習って毎年白旗が献ぜられ[4]、その旗竿には東金御殿の竹林の竹が使われる。

壇ノ浦の戦い

DSCF7715

アークが剣山から出てきた! 1998年、スーパーロマン
三浦大介

たま出版 B6版 94年初版

四国の霊峰・剣山に封印された驚天動地の歴史ロマン。二千数百年間、ユダヤ民族が世界各地を捜し求めているアーク(ユダヤ三種の神器が納められている聖櫃)はソロモンの莫大な秘宝とともに四国・剣山に埋蔵されていた。

という本ですが、個人的に四国行って調べると、失われた支族が日本にも来ていたのは間違いないのですが、日ユ同祖論なんてとんでもない話で、日本の天皇のもとはイスラエルだとかいんちきを吹き込んだ悪いイスラエル人の話しということで。

ですが!

この本の面白いのは剣山にいた林霊峰という仙人の話で、木の妖精に頼んで何十キロも離れた金毘羅さん(金刀比羅神社)からお供えを持ってきた話とか「これだ!」と思いました。アークが剣山にあるのか、ないのか?個人的にはもはやどっちでも良いのですが、仙人の話が面白い本です。

因みに交通安全のお守りは八田の金刀比羅神社のをパスモや免許証入れていたりするパスケースに入れてあります。琴平の土地と金刀比羅さんには生まれつき縁があるようです。


DSCF7716


DSCF7717

千葉県内にある白山神社を巡っていますが、八日市場にあるようなので立ち寄ってみました。

DSCF7644[1]


八社巡りとありますが、八日市場で神社巡りのスタンプラリーをやっているようです。
シャチハタのハンコみたいなので白山神社とありました。
DSCF7645[1]


小さいですが良い社殿で明るい感じの境内でした。
DSCF7649[1]


瓦に白山と入っています。初めてみました。
DSCF7650[1]


御宝前とありますので賽銭箱とかの前にあったものだと思います。
DSCF7653[1]


雷が落ちて中が焼けた木のようです。雷の神様の紙幣かもしれないです。
また神社の木には目には見えないお地蔵様がいたりします。
DSCF7651[1]


場所はここです。
6dba4949-4288-423e-b274-b6d946de6da8


たまたまですが、白山神社巡りも8社目です。

因みに俳優の故地井武夫さんの地元ですので、地井さんも参拝していることと神社巡りスタンプも絡んでいるような感じです。


ありし日の地井武夫さん
2014_1011ブログ0052


地井武夫さんが携帯で撮った八日市場の画像
2014_1011ブログ0056

2014_1011ブログ0055


千葉県山武市井之内の三社神社ですが、由緒などはまったくわかりません。グーグル地図でもまだ画像が載っていないので後で載せておこうと思います。

鳥居と境内。
DSCF7678


拝殿
DSCF7682


扉を開けて風を入れます。氏子さんがよくお世話されてるようですがここに・・
DSCF7680


神社の木にはお地蔵さんがいます。お地蔵さんと思ってよいでしょう。
DSCF7687


すっかり穏やかな境内になった感じです。
DSCF7685


場所はここです。



この景色でこの神社を観たのを思い出しました。自転車でスマホもない時でしたので自分がどこにいるんだかわからなくなりそうなところです。
しかし三社神社は2010年前後から影響してたようです。自転車で来てたのは見えない世界のは知っていたようで、この県道30号ビーチラインでトラブルが3回有りました。これでもうないでしょう。
DSCF7697


近くの海岸で青空をみて天使の花火中。30分は消えませんでした。
DSCF7709

東の方に何か家に影響をしている感じが2009年からしていましたが、この神社もその一つだったかも知れません。。

由緒書き等は一切ありませんが、グーグル地図には三谷神社とあります。


DSCF7663


氏子の方はもっと境内を綺麗にしていただくのをお願いしたい。
DSCF7664


摂社不明
DSCF7666


二十三夜様でなければいいのですが。
DSCF7667


拝殿裏
DSCF7672


わんこがいて吠えられながら参拝します・・
DSCF7671


八喜多レイさんの本に「太陽の道」という東から西に通るレイラインというのをこの神社で体感した感じです。自宅から東に行こうとすると何か邪魔が入るのを感じていましたがこの神社でリセットしてくれると非常にありがたいです。

場所はここです。

↑このページのトップヘ