2009年01月23日

キーボーディストに朗報! - ウーリッツァー・ピアノが入りました -

ウーリッツァー(WURLITZER)・ピアノといえば、フェンダーローズ・ピアノと並んで60〜70年代サウンドを代表するエレクトリックピアノ。当時はダニー・ハサウェイや、80年代には矢野顕子さんが弾いていたことでも有名です。

しかし現在はすでに生産終了。中古でしか購入できない稀少なヴィンテージピアノです。しかも状態の良いものを手に入れるのは、海外でも、もちろん日本でも非常に困難だとされています。


そんなキーボーディストの憧れ、ウーリッツァー・ピアノ。

なんと四谷天窓および.comfortにて、ステージでの演奏が可能になります!(要予約・応相談、2月1日より) 演奏機会なり購入なり、ずっとお探しだった方もいるのではないでしょうか。(弊社でも1年程前からずっと探していました。)

しかも非常にコンディションの良い、メンテナンスのしっかりされたものに巡り会う事ができました。「WURLITZER 200A」という機種で、1970年代中期より米・カリフォルニア州の家庭でずっと大事に使われてきたワンオーナー・ピアノだと聞いています。


1〜2月中であれば2Fのリハーサル・ブースにて、応相談のうえ試弾可能です。

現代のデジタル・ピアノやシンセサイザーとはまた違った、本物のエレクトリックピアノ・サウンドに是非触れてみてください。(高)

→※追加情報('09.3.16)【ローズ・ピアノも入りました】


WURLITZER01WURLITZER02










WURLITZER03WURLITZER05



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆうたファン   2009年02月01日 14:30
ユーリッツアーって、ライブハウスに置いてるところ初めてみました(ローズはどこかにあったような気がしましたが)。すばらしい!
2. Posted by 大みき@天窓   2009年02月01日 16:59
コメント、ありがとうございます!
今日、四谷天窓、夜の部出演の高木洋一郎さんで使いますよ!
今日の今日ですが…もし音にご興味ありましたらご来場下さいませ☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔