hyoushi



恋愛には出会いと別れがあります。
勿論ずっと別れのないカップルも存在します。

出会った頃はラブラブだったのに、付き合って時がたつと・・・ってよくある話です。

今回の10の方法は、男性視点で「彼氏が彼女に対して、気持ちが冷めているなぁ」と気付く瞬間をご紹介。

女子はこんな行動をとられていたら、ちょっと危険信号です。



彼女への気持ちが冷めていることに気付く10の瞬間

(gooランキング「彼女への気持ちが冷めていると気付いた瞬間ランキング」より)


1:電話をとるのが面倒

話たくない瞬間があるって、考えたら悲しいことですね。
電話だと居留守を使える分、連続で続くようであれば非常に危険な状態といえます。


2:相手の嫌なところばかり目につく

heart

ラブラブなときって、良いところが目立つ(嫌な部分が見えない・見えてない)んですよね。
嫌なところばかり目につくようになって、さらにそれが容認できないようであれば、だいぶ末期症状といえます。


3:メールを返すのが面倒

付き合い始めは、些細なことでも連絡をとりあっていたはずです。
メールはそのコミュニケーションを支える手軽な手段です。
でも、冷めてくると逆にその「些細なコミュニケーション」が面倒に感じてしまうのでしょうね。


4:会うことが億劫になってきた

対面でのコミュニケーションは大事なものです。
「嫌いじゃないけど、会うことが億劫」ってなってしまうようであれば、確実に気持ちが冷めています。

女子は「デートに誘っても断られる・誘いにいまいちのってこない」と感じられたら要注意ですね。


5:他の異性に心を奪われがち

ほかの女子

次の獲物を物色し始めたら、もう彼女のことなんて眼中にないみたいなもんですね。


6:休日は友達と遊んでばかり

自分(彼女)との約束が絶対!というわけではないにしても、せっかくの休日に友達とばかり遊ぶようになっていれば、気持ちが冷めているといえます。


7:すぐケンカになってしまう

付き合い始めは、お互い譲り合う心がありますし、相手の悪い部分もあまりわかっていません。
それが時間がたつと、嫌な面もたくさんみえてきます。衝突もするようになります。

譲り合うことができなかったり、何気ない一言ですぐケンカになるようであれば、冷めていると感じることでしょう。


8:会っているとき笑顔になれない


無表情

せっかく会っても笑顔になれないということは、彼女に対して無関心ということになります。
「会ってうれしくない・楽しくない」と感じたら、完全な末期症状。


9:手をつなぎたくない

ボディコミュニケーションを拒否し始めるのも危険信号。
女子的には、拒否するときの顔はチェックです。
恥ずかしがって断るのであれば、セーフです。


10:寝る時は別々に寝たい

9と似ていますね。これもボディコミュニケーション。
これはあからさまに伝わるので、彼女も気付くでしょう。

-------------

こうなっちゃうとだいぶ冷めてしまっています。

ここから浮気につながったりすることも大いに考えられますので、本当は冷めてしまったほうから告白すべきなのですが、自分からこういう話ってなかなか切り出しにくいものです。
なので、早めに察知・話し合いにもっていけるといいのですが、それはそれでまた難しい・・・

どちらにしても放っておくと破局に繋がりますので、一刻も早く話し合いを。