スタバやタリーズなどシアトルスタイルのコーヒーショップが日本に登場して、早10年。

スタバのカスタマイズ(味の調整)って出来ることは知っていても、横文字が多いとか、システムがイマイチわからない、料金が高くなっちゃう?といった理由から頼めずにいませんか。

そんな方のために、今回の10の方法では、「無料でできるスタバの10のカスタマイズ」をご紹介します。


無料でできるスタバの10のカスタマイズ



基本的に注文するドリンクのレシピに入っているもの(ミルクやシロップなど)であれば、量を減らしたり、抜いたりするのは無料でできます。


【1】エスプレッソの量


エスプレッソがベースの飲み物(ラテ、カプチーノ、カフェモカ、キャラメルマキアートなど)のエスプレッソの量を少なめにすることができます。

「エスプレッソの量を少なめに」とか「リストレット」という言葉でオーダーできます。
※「リストレット」とは、正確には量を半分にするのではなく、一番最初に抽出されたエスプレッソだけを使うので、通常のエスプレッソよりも、苦味よりが少なく香りが高いものになるのです。

エスプレッソの苦味に慣れるまではリストレットで頼むのもアリですね。


【2】ミルクの種類


ミルクがはいったドリンク(ラテ、カプチーノ、モカ、フラペチーノなど)のミルクの種類を、無脂肪乳、低脂肪乳、ブラベ(普通のミルクとコーヒークリームを半分づつ混ぜたミルク)に無料で変えることができます(ちなみに豆乳は+50円で変更可能)。


カロリーが気になるなら、無脂肪乳、低脂肪乳に、もったりしたミルクが好きならブラベに変更してもらえば完璧ですね。


【3】ドリンクの温度


熱いのが好き、持ち帰りで飲むまでに時間がかかるなら「熱々に」。猫舌サンなら「ぬるめに」といった感じで、ドリンクの温度も無料で調整できます。


【4】氷の量


アイスのドリンクに入っている氷。

この氷の量も「氷無し」か「氷少なめに」調整できます。

氷がとけて味が薄まってしまうのが嫌い・持ち帰ってから冷やすというような時に、試してほしいカスタマイズ。


【5】チョコレートソース、キャラメルソースの追加


チョコレートソース、キャラメルソースは、実はどのドリンクにも無料で追加できちゃうんです。


スターバックスラテなら、どちらのソースでも一番無難にカスタマイズできますね。
甘さは控えながらフレーバーを楽しみたいってときにオススメ。


【6】シロップの量


スタバには、バニラシロップ、キャラメルシロップ、ヘーゼルナッツシロップ、アーモンドシロップを使ったメニューがあります。

ドリンクに入っていないシロップを追加するには+50円かかりますが、すでにレシピに入っているシロップであれば、無料で増減できます。

シロップ多め、シロップ少なめ、シロップ無しの注文でOKです。


【7】パウダーの量



ドリンクのレシピにすでに入っているパウダー(抹茶ティラテやソイストロベリークリームフラペチーノなど)の量を増減するできます。

パウダー多め、パウダー少なめ、パウダー無しの注文でOKです。


【8】ホイップクリームの量



無糖のホイップクリームが入ったドリンク(ホットのカフェモカとホワイト モカ、フラペチーノ(一部ホイップがないものもあります)など)のホイップクリームの量を無料で増減できます。

基本量の1.5倍まで増加できるので、生クリームが大好きな人は、「ホイップ多めで」お試しください。ちなみにフードに付けて食べるとこれまた美味です。


【9】フォームミルクの量



ホットのホイップクリーム無しのミルク入りドリンクには、フォームミルクが乗っかっています(カプチーノの上のふわふわのやつです)。

そのフォームミルクが入ったドリンク(ホットのラテ、モカ、カプチーノ、キャラメルマキアートなど)のフォームミルクの量を無料で増減できます。

フォームミルク多め、少なめ、無しで注文OK。名前が思い出せない時は「ふわふわのミルク」でも通じます。


【10】コンディメントバーで微調整


お砂糖、ガムシロップなどがおいてある場所を「コンディメントバー」といいます。

よくよーく見ると、ココア・シナモン・バニラパウダー、ミルク(牛乳、コーヒーミルク、無脂肪乳)、砂糖(ブラウンシュガー、ダイエットシュガー)、ハチミツ、ガムシロップなんかが置かれていて、自由に使うことができるんです。

いつものコーヒーにちょっとカスタマイズしたり、カスタマイズしたものをさらにカスタマイズしたりするなど、毎回違う味にトライすることもできちゃうんです。

---------
飲みたいドリンクの大まかなレシピがわかれば、その材料の量を増やしたり減らしたりすることができるというわけです。

基本的にオーダーするときは、店員さんがコールしているような(「ショート ブラベ エクストラホットエクストラソース キャラメルマキアート」のような)注文はしなくても全然いいので、普通の言葉で注文しましょう。むしろ噛んだり間違っているほうがカッコ悪いです。

それと、ごりごりのカスタマイズや、カスタマイズの相談は、他に並んでいるお客さんが少ない時にするとGOODです!

スタバではグランデを買え!
スタバではグランデを買え!

次は、オススメのカスタマイズドリンクを紹介してみたいと思います。