輿(こし)

開山忌の支度は着々と…
IMG_3808
仏殿内部。開山様がお乗りになる御輿も設置。


夕方から家族みんなで八雲神社の宵宮祭に行きました。
IMG_3809

円覚寺の駐車場にはたくさんの屋台。
わたがし、焼きそばなどの食べ物の他にも、射的やくじ引き、輪投げ、ボール投げなどがあって子ども達も楽しんでました。
IMG_3817

次男が「僕も引っ張りたい」と
IMG_3821
御神輿に着いて行き満喫しているようでした

開山忌の支度

IMG_3786
朝建長寺に出勤すると、僧堂の雲水さんが三門の掃除をしていました。

造園屋さんも入り庭木の剪定もされています。鎌倉市内の建長寺派和尚が集まり、総茶礼と習礼が行われました。
23、24日の開山忌に向けて各所の準備が着々と進んでいます。
スロースタートの財務部も慌てて準備を進めています


夕方、龍王殿裏のさんぺき池で網を一すくい。
10匹以上のエビが獲れまして、そのうち2匹を連れ帰りました。
IMG_3806
見にくい?
メダカに仲間が増えました

メダカ

IMG_3778

IMG_3775

お盆も明けて、昨日今日は建長寺に出勤し溜まってた仕事を片付けました。

午後から休んで買い物に行き、ホームセンターでメダカをつがいで六匹買ってきました。
改良品種で、金魚のような紅い色したメダカです昨年の白メダカは死んでしまったけど、今回は何とか卵を孵化させたい。

山梨にもう1日


IMG_3766
昨日の棚経で…

絡子(らくす=略式の袈裟)の上に乗っかってきた猫ちゃん。
檀家さん宅の人なつこい猫で、棚経の読経中などは膝の上からさらに肩の上に乗ってきて私のお経を聴いていました

超かわいい

でも長時間遊ぶとアレルギーでくしゃみが止まらなくなり、目もかゆくなるのでちょっとだけそれでも最後はくしゃみ出たけど


また別のお宅では…
IMG_3762
2人の息子の分まで座布団を用意してくれてました。

「休日だし、今日も来てくれるのかと思ってました

「準備いただいたのにごめんなさいこのお盆は無理なんです。でもまた連れて来ますのでよろしくお願いします。」


気にしてもらってありがたいです。
他のお宅でも「今回来ないの?」と聞かれたし、子ども用にお菓子を用意してくれていたお宅もありました。

秋のお彼岸は来れるかなぁ。



お盆明けの本日は建長寺出勤予定でしたが、山梨で部内の葬儀役僧があり、そのまま残って出頭してまいりました。

5日ぶりの鎌倉、5日ぶりの家族、子どもがたくさん話しをしてくれました

奇跡の乗車

毎年来る空手の少年少女。

近くの施設で夏合宿の最中。今日は栖雲寺で5時からの早朝坐禅をしました。

みんな眠たそうだったけど、そういうこちらも4時起きしての支度とお盆中の疲れとで正直眠かった1時間半、みんなよく頑張りました

午前中に天目地区と勝沼塩山地区の棚経を廻って一路福生へ



勝沼インターから中央道に乗ると、連休最終日で笹子トンネルいきなり渋滞そして電光掲示板には小仏トンネルから渋滞15キロの表示で車で行くのは完全に無理。恐るべしUターンラッシュ急遽大月インターで降りて大月駅近くのコインパーキングに車を止め、黒衣のまま雪駄で猛ダッシュしてギリギリセーフで12時4分発の特急に乗り込みました。

どこか途中で信号に1回つかまってたら乗れなかったかと思うと、ダメ元で高速を降りたけど奇跡的です

IMG_3770
14時からの施餓鬼法要には無事出頭。

日に日に暑さを増したお盆は最終日がピークだったでしょうか。汗が滝のように流れました。


これにて七月盆終了です


山場

「朝早くてすいませ〜ん」

7時に新盆の檀家さん宅へお伺いし、その後東京都あきる野市の地蔵院へ。

IMG_3758
10時からの施餓鬼会に出頭です。午前なのに猛暑


地蔵院での和尚様がほぼそのまま福生市の清岩院に移動し、11時30分からの施餓鬼会に出頭。
IMG_3759
こちらも酷暑


清岩院さんで斎座(昼食)を頂戴し、再びあきる野市に戻って廣済寺へ。
IMG_3760
午後2時からの施餓鬼会に出頭。
暑さはピーク大汗かきました


3ヶ寺の施餓鬼を終えて、車で40分程の東大和市へ。毎年伺っているお宅で棚経です。


福生に戻り、今日出頭の和尚様達と薬石(夕食)を共にし、栖雲寺に帰ってきました。

私の中では、お盆は毎年この15日がピーク。無事山場を超えました

「そんなに盛りだくさんで大変じゃない?」
とよく聞かれますが、私自身の感覚ではそれほどでもありません。建長寺の寺務所でパソコンのモニターを眺めていることが多いので、たまにこうやって汗をかきながら一日お経を読んでいることが新鮮というか気持ちいいというか。多くの檀信徒と接することもできるし、修行仲間の和尚様達に会って話せる楽しみもあります。


あと一日となりました。明朝も早いです

やっぱり天目山は涼しーー


清水の棚経二日目

IMG_3756
今日も清水の光明寺さんで棚経でした。

暑さがやばそうだったので、少しでも涼しいうちにと7時過ぎからスタート。檀家さんも毎年早くスタートするのを理解してくれていて、みんな準備がされています。

昼間は目が回りそうなほど暑かった

それでもどのお宅に行っても檀家さんがおっしゃいます。
「本当に暑いけど、被災地に比べたらどうって事ないですね。こうやって水があるんだし。」

たしかにその通り。
被災地のお盆はどうなっているのだろう?


光明寺さんで夕飯をごちそうになり、栖雲寺に戻ってまいりました

途中、勝沼付近は熱帯夜。30℃あった気温も天目山まで来ると9℃も低い21℃。
涼しくて気持ちいい

空を見上げると満天の星。天の川もバッチリ。

やっぱりこの時期は天目山が一番

清水で棚経

静岡県の清水にいます。

妙心寺派の光明寺さんでお盆の棚経荷担。

昨夜着いて投宿させていただき、今日は朝から檀家さん宅を廻りました。

暑いなんてもんではなく、ご高齢の檀家さんは悲鳴をあげてました。どうそ熱中症に気をつけてください。

明日はもっと暑くなるらしい…
覚悟して廻らなければ。

水の無い生活

暑い日が続きます。


実は一昨日、モーターの不調によって建長寺の一部で水道の出が悪くなり、墓地などの高台では断水しました。「水が出ない」と寺務所に電話も入りました。
私たちは蛇口をひねれば水が出るのが当たり前の生活に慣れきっており、たった一日の断水でも不便を感じるほどです。


ニュースを見ておりますと、西日本の豪雨被害地域の方々が「とにかく水が欲しい」とインタビューに答えていました。命を支える水が手に入らない・・・どんなに不便で、そして心細い生活でしょう。そして梅雨も明けて猛暑の続く日々。体力の消耗も著しいことでしょう。

被災者の皆様の心痛をお察しし、お見舞い申し上げます。


現地に足を運んでお手伝いをすることは厳しいのが現状ですが、建長寺観音募金では巨福山観音基金から義援金や復興活動をされる方々への支援金など、可能な限り協力してまいります。
拝観者の皆様、観音募金へのご協力まことにありがとうございます。
そして今後お参りに来られる皆様、どうぞご協力よろしくお願いいたします。

不思議なつながり

この日単にも書いてきましたとおり栖雲寺に毎年来てくれる横浜市内の小学校があります。
林間学校でのプログラムで竜門峡ハイキングと栖雲寺では坐禅をしていきます。



今日は建長寺の檀家さん宅へお盆の棚経に行きました。そのお宅のすぐ隣に小学校があるのですが、地図で校名を見たら……なんとその毎年来ている小学校ではないですか。

檀家さん宅で、

「縁あって建長寺に勤めておりますが、私は山梨のお寺の住職でして・・・中略・・・隣の小学校が毎年坐禅に来てくれるんですよ

「ほんとですか?うちの娘が通ってる小学校なので、きっと今度行くんですね。その時はよろしくお願いします。」

「ひぇ〜〜すごいつながりですね。」


ネットで調べたら横浜市内の小学校は市立だけで340校、私立入れたら400を超える?でしょうか。その中の一校から建長寺の檀家さんの娘さんが栖雲寺に来てくれるなんて・・・

そして帰り際に

「お盆はお忙しいんですか?」

「それほどでもないですが、明後日から清水のお寺の手伝いがあるので、明日の夕方から前入りする予定です。」

「これまた奇遇ですね。私も明後日清水で仕事があり、明日は前入りするんですよ。」

「すごいこれで泊まるホテルまで一緒だったら怖いですね。」

話しが弾んで長居してしまいました



プロフィール

天目さん

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ