仏殿調査と出土品

建長寺で朝掃除をしていると大きな音がして、

IMG_4962
何かと思い見に行ってみると、

IMG_4966
仏殿の西側を

IMG_4965
カッターで切っていました。
この下を1メートルほど掘って、コンクリートの基礎を確認することと、奥に写っている基壇の下の石がどの程度か確認するのだそうです。

すごい調査があるんだなあ



掃除後に庫裏に戻ると、大きなトラックがたくさんの
コンテナを降ろしていました。
IMG_4968
280個のコンテナには、

IMG_4971
数十年前に境内某所で発掘された出土品が

IMG_4970
たくさん入っていました。
中には中世の物らしい陶器など素敵な品も。


今後は建長寺で保管されます。

法要中の怪我

藤沢市にある霊園に出向。

栖雲寺檀家ではないのですが、縁あって長くお付き合いをしている方のご親族七回忌法要でした。

私の日単を見て、バイクで転んだ怪我を心配してくださり電話もいただいたので、法要後の法話というか挨拶の中で
「わたしもバイクで転び、自分の身にいつ何が起こるか分からない…電話をいただきありがとう…」
というようなことを話しましたら、その後の墓地へ歩いていく途中でご親族の方が転んでしまい顔から少し血が。

私が巻き込んだような、道連れにしたような、余計な事を言ったような気がしております。
大事には至らなそうでしたがらどうぞお大事になさってください。




ボランティアガイドの研修

甲州市の観光商工課が企画した「甲州市観光おもてなしガイド養成講座」

令和4年度は11月に第1回が始まり、これまでに勝沼ぶどうの丘・放光寺・恵林寺と行われ、第4回が本日開催された栖雲寺でした。

ガイドさんの養成ということで、毎年石庭の説明や宝物館の案内をしているのですが、「坐禅の聖地なので、案内の他に禅体験も・・・・」との希望をいただきましたので、今年は本堂坐禅・岩坐禅・食作法・歴史講話と境内案内という濃厚な内容で募集をしてもらいました。定員に達し、今日は多くの参加者に坐禅の聖地®での一日をお過ごしいただきました。


私が一人で全てのお客様のガイドをすることは不可能。やはり地域のボランティアガイドはかかせません。栖雲寺の魅力をぜひ多くの観光客に伝えていただきたい。
そんな願いもあるので、今日はまずガイドを目指す参加者の皆様に私が精一杯魅力を伝えたつもりです。

今後ともよろしくお願いいたします。



もみじ狩り

IMG_4952


IMG_4953

今まさに、建長寺の紅葉は素晴らしい
のだけれど、落ち葉の掃除が大変です。

京都の大本山建仁寺では近くの二ツ星飲食店にもみじを無断伐採されて被害届を提出したそうですね。
 
もみじを見て楽しむ人、落ち葉を苦労して掃く人、こっそり盗む人。
でもそんなもみじ狩りは許されませんね。


午後から買い出しに行き、
IMG_4955
けんちん汁作り。

IMG_4956
明日の研修で使用します。

鎌倉は紅葉の見頃

IMG_4948
天目山とはだいたい1ヶ月くらいの差があります。

建長寺のもみじが見頃を迎えております


10月の身延山での全日本仏教徒会議では大会副会長を勤めましたが、同じ副会長には日蓮宗のお上人さんも数名いました。世間話の中で「今度檀家さんとの旅行で龍ノ口法難(藤沢市の龍口寺)に行くんです」と聞いたので「是非建長寺にも」と強く押したら本当に組み込んでくださり、本日30名で御来山いただきました。

日蓮さんと建長寺、それは切っても切れない深い関係です。
日蓮さんが鎌倉に入ったのは建長5年、つまり建長寺ができた年です。日蓮は「立正安国論」を幕府に献上するのですが、禅宗に帰依をして建長寺を創建した北条時頼は日蓮を相手にせず完全に無視したとも云われています。

それでも食い下がる日蓮さんは幕府から危険人物扱い、罪人とされてしまい伊豆に流罪、その後龍ノ口で処刑されそうになったり、佐渡に流罪になったりと多難の日々。幕府に三度断られ、身延山に入られたのです。

そんな日蓮宗の檀家さんに建長寺をご案内


午後は大船消防署の隊員さんと総合防災訓練の打ち合わせ。予定通りに進めば、来年の1月は大規模な訓練が実施されることになります。


今年も残すところあと1ヶ月。
無常迅速 時不待人 



シェアサイクル

IMG_4947
建長寺総門前、有料駐車場の一角に、

IMG_4936
シェアサイクル登場。

ここで借りて乗って戻ってくるも良し、市内各所に設けられているサイクルスタンドに乗り捨てても良し。別の場所で借りて建長寺まで乗ってきて乗り捨てもできます。
電動アシスト自転車です。

アプリから乗り場、乗り捨て場の予約もできるようです。暗証番号でロック解除。

早速使っている人を見かけましたし、道が混む鎌倉市内で需要は大きくあると思います。

便利そうなので建長寺のお坊さんが一番利用したりして


IMG_4938
まあ私の場合、それよりもはるかに小さい電動の原付に乗り始めましたので、ほとんどの渋滞はスルーです
スイッチ切れば歩道を押して歩いたり、折り畳んで持ち運んだり、車に積んだりもできます
狭い鎌倉にピッタリ。一回の充電で30キロくらい走れるようなので、今度江ノ島あたりまでツーリングに行ってみよう


今日は長男が建長寺で坐禅体験。
柱の影からこっそりのぞき見

へんなバイク

今日から建長寺へ新しいバイクで通勤。

IMG_4941
キックスケーター

にモーターが付いて、ヘッドライト・ウインカー・バックミラー・スピードメーターなど法令で定められた装備を付けて原付のナンバーを取得した、オモチャに毛が生えた程度のおもしろバイク。

そして25日に初乗りでこけて流血したバイクです

安全運転で無事故無違反。気を付けて通勤します

研修

IMG_4928
石庭から見える富士山
週末の雨で、富士山は真っ白になりました。
7時からの定例坐禅会、その後10時から3時20分まで蕎麦打ち体験込みの坐禅研修。
富士山に向かって坐る岩坐禅は素晴らしかったです

9名の参加者全員が蕎麦打ちは初めてという事で少し時間がかかりましたが、なんとかまともな十割蕎麦が完成しました。
これでも今のところ失敗は一度もありません

今日も皆様に蕎麦打ちを体験していただき、お寺の作法で食しました。

是非またご参加ください



法要後に山梨

横浜で法要があって出向。

目の下ギリギリくらいまでの高い位置にマスクをしたら傷が完全に隠れました

特に触れられず、気付かれず。だと思う…


午後は栖雲寺に戻りまして明日の定例坐禅会とその後の坐禅研修の支度です。



大覚禅師について勉強する

建長寺派布教師会の会議と研修会が行われました。

私は布教師会に所属しているわけではないので午前中の会議には出ておりませんが、午後の研修会には参加させてもらいました。

講師は日頃から大変お世話になっている建長寺調査員の鈴木佐さん。主な内容は

蘭渓道隆(大覚禅師)の弟子について

四川省から遠く離れた鎌倉での孤独な生活の中、日本の弟子たちを信頼し、育て上げ、全国に大覚派を展開させた蘭渓道隆を、まるでタイムマシンで鎌倉時代に戻って本人にインタビューしたのか…
と言うくらいきめの細かい調査とその結果を基にした講義。知識も豊富で、蘭渓道隆愛が伝わる濃厚な90分でした。


油断なのか、加齢なのか、おそらく両方だろう。切り返して走り出す瞬間だったのでほとんどスピードは出ていませんでしたが、バイクでこけて顔と手と膝から流血子供にもバカにされる

目から星が飛び散って講義内容半分消し飛んだ感じ

明日の法要でなんか言われそう
月別アーカイブ
プロフィール

天目さん

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ