2010年01月

老師ご出向

昨日29日は金沢区のK院さんまで、老師の運転手として御一緒させていただきました

F1000033

さすが横浜市のお寺さん、この本堂のすぐ向こうと、写真を撮っている私のすぐ横はマンションです

いい天気で、梅のとてもいい香りが境内いっぱいに漂っていました

K院さんでの法要が終わると一度建長寺に戻り、10分程で片づけと支度を済ませると、次は一路秩父のS寺さんへ老師も大忙しです。

夕食をご用意いただいているとのことで、少し早めの17時には到着したかったのですが、首都高速の渋滞につかまりちょっとイライラでも、なんとか18時には到着、間に合いました

夕食をごちそうになり、S寺さんから宿泊のホテルへ向かうと、ホテルの目の前の細い道で飲酒の検問をやっていて止められました。別に酒は飲んでいませんし、悪いことをしている訳ではないのですがちょっと緊張
それにしてもホテルの目の前で検問するって、宿泊者完全に狙い撃ちですよね。



今日30日も好天に恵まれ暖かな日差しの下での法要でした。

F1000025

F1000024


秩父観音霊場の札所でもあるS寺さん。ちょっとビックリ建長寺の鎮守と同じ半僧坊様もおまつりされていました。











やはり行事の良し悪しは天気しだいですよね。
栖雲寺の風入れ初日のように嵐のような大雨だと少しへこみます。やはり住職の日頃の行いが・・・・・・

秩父神社にある会館でお昼をいただき鎌倉へ戻りました。

首都高速から、建設中の「東京スカイツリー」が見えました。昨年秋に見たときよりもかなり高くなっていて、目立つ存在になってきました。

明日は、おばあちゃんの墓地開眼、納骨の為、山梨へ帰ります。

運転

今日と明日、管長御出向の運転手です。

今日は横浜市金沢区のお寺K院さんへ、明日は埼玉県秩父市のS寺さんへ行きます。秩父はとても寒そう。

秩父には建長寺派のお寺がとても多いので、行く機会がけっこうあり、しかも、僧堂の3年先輩の和尚様も、観音霊場の札所の住職をされていますので、そんなご縁から1年前には「夜祭」に呼んでもらったこともあります。
すごい人の数でしたが、さすが地元和尚さんの案内でかなりの好位置で屋台を見れた記憶があります。

今年の12月には久しぶりに行きたいと思います。


では安全運転で行ってきます。

文化財防火デー

1月26日は文化財防火デーです。

建長寺にもそれに近い日ということで、本日鎌倉消防署から消防士さんが立ち入り調査に来ました。

防災に関する注意点や日常の危機管理体制など、いろいろと指摘を受けました。

火災の3分の1は放火ですから避けようがない部分もありますが、大切な文化財を後世に残すことは和尚の義務ですので、十分気をつけようと思います。


本日はこれから建長寺の全職員で新年会です 

兵庫県の名刹を訪ねて その2

では、気を取り直して「高源寺」編

DSCF6992

いよいよ西天目高源寺に到着です。

栖雲寺の開山「業海本浄禅師」の師匠「普応国師」は、ここ高源寺の開山「遠渓祖雄禅師」の師匠でもあります。兄弟弟子です。

紅葉の頃には1ヶ月で6万人もの観光客が見えるそうですが、冬場は1人の参拝者もおらず、静寂に包まれていました。

DSCF6999

視界に入る木はほとんどが楓です。新緑や紅葉の時はきっときれいなんでしょうね。

山の斜面に建てられたお寺で、歩き始めるとまず石段に感動します。

DSCF7010






DSCF7003






DSCF7011








境内に立派な三重塔まであるのにも驚きです。
さすがは天皇家の勅願寺です。

DSCF7023


方丈にて読経、開山和尚様に三拝、御回向させていただきました。遠渓祖雄禅師の真前での読経は、まさに感無量。ずっと思っていた望みが一つ叶いました

和尚様ともたくさんお話しできましたし、
「今後もお互いの寺の発展の為に連絡を取りながら協力していきましょう。」
と力強い言葉もいただきました。

これからどうぞよろしくお願いいたします。

お忙しい中、大変親切に御案内いただきましてありがとうございました。
また違った季節に違った景色を見に伺いたいと思います。

帰りの新幹線の中では大反省会。学ぶこともあり笑いもたくさんあった珍道中をみんなで振り返りました。

一緒に行ってくださいました皆様、ありがとうございました。

また今回の計画を、電車予約からレンタカー、行くお寺、宿、食事の場所まですべて綿密に、旅行会社並みに手配してくださいましたSさん、ほんとうにありがとうございました。
おかげで最高の2日間でした。

兵庫県の名刹を訪ねて その1

22日、23日で兵庫県へ行って参りました。
もちろん、目的は「西天目の高源寺」参拝です。

一緒に行っていただいたのは
群馬の恩林寺さんhttp://www.onrinji.net/
横浜の長天寺さん
建長寺の歴史研究をされているSさん、Mさんです。


22日兵庫県に到着してまず参拝させていただいたお寺は、赤穂郡上郡町にあります立派なビャクシンの木(県指定天然記念物)が残る
「臨済宗相国寺派法雲寺(ほううんじ)」さんです。

鎌倉の建長寺にあるビャクシンのこどもを開山雪村友梅和尚が持って来て植えたものだと思われます。
幹の太さなら建長寺以上にも見えるほどの堂々たるものでした。

DSCF6937


私がそれ以上に驚いたのは禅堂です。

DSCF6929

写真の通りで、とても立派な禅堂ですが、実はこの法雲寺さん、檀家がわずか2軒しかありません。寄付金で作るなんて絶対に無理です。なんと和尚さんが托鉢してお金を集めて建てたそうです。ただただ頭が下がります。
「檀家が無くても、いくらでもやりようはある。」と和尚さんはおっしゃっていました。

関東にいるとたくさんの檀家さんに支えられての寺院経営が一般的なようにも見えますが、この和尚さんの話しを聞いて、これからの栖雲寺も明るい未来が見えてきました。

貴重なお話の数々、ありがとうございました。


午後は世界遺産の姫路城へ。
改修工事が待っているそうで、そうなると拝観も制限されてしまうでしょうから、その前に駆け込み観光。

DSCF6964
天気にも恵まれ、城主になったような気分です。

ゆるキャラの「しろまるひめ」を発見したので記念撮影。
DSCF6966

「しろまるひめ」知ってる人って少ない気がします。知名度では圧倒的に「せんとくん」ですよね。お城なら「ひこにゃん」?

「ひこにゃん」に負けるな!!

鎌倉も世界遺産を目指しているからには、建長寺にも「ゆるキャラ」が欲しいですね。
「ビャクシーン」とかどうでしょう?

姫路から福知山へ移動して宿泊。



23日午前中は丹波市山南町にある「臨済宗妙心寺派慧日寺(えにちじ)」さんを参拝しました。茅葺屋根の諸堂がとても美しい古刹です。

DSCF6975

栖雲寺の伽藍配置にそっくりです。そびえ立つ裏山には杉の木がたくさん植えてあり、本堂の東側に庫裏があります。西側にあるのが仏殿か小学校かの違いくらいです。

DSCF6974
でもその違いは決定的な違いでもあります。
山の中のお寺にぴったりの趣ある仏殿です。

慧日寺さんの本堂前にもビャクシンらしき2本の木が植えられていました。やはり建長寺と関係あるのでしょうか?
DSCF6988

法雲寺の和尚様の托鉢して建てた禅堂には驚きましたが、ここ慧日寺の和尚さんも、いろいろお話を聞いて行くととんでもない方です。
毎年、阪神淡路大震災の起こった1月17日になると檀家さんを集めて、死者、行方不明者の数6437回鐘を撞くそうです。15秒に1回撞いても約27時間かかる計算です。
除夜の鐘で1時間ばかり撞いて「はい御苦労様」なんて言っていたのが恥ずかしくなります。

境内や宝物のご案内をいただきまして本当にありがとうございました。


さて、道の駅で昼食に蕎麦をいただき、いよいよ今回の大本命、高源寺さんへお参りします。

キーボードで文章を打つのが遅く、こんなに長い日単を書いていたら日付が変わりそうですので、高源寺編は明日にします。

月別アーカイブ
プロフィール

天目さん

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ