2010年06月

激しい夕立

葬儀、初七日の法要を終えてホールから栖雲寺に戻る途中、どんどん雨が激しくなります。ワイパーを最高速にしてもよく見えない。お寺に着いてもしばらく車から降りる気がおきないくらいでした。

組の人達は、前日に集まって墓地の穴を掘ってありましたので、みんな本堂の軒下で
「昨日のうちに掘っておいてよかった」
と。確かに、この大雨の中じゃなくてよかったです。

「でもどちらにしても、この雨じゃあ納骨は大変だなあ」

と大きな傘を出して到着を待っていると、見る見るうちに明るくなり、お日様も顔を出しました。

結局傘など使わずに、雨上がりの澄んだ空気の中でゆっくり納骨ができました。よかったですね

住職研修会の講師

建長寺派の住職研修会が行われ、大勢の和尚様が集まりました。70名くらい参加していたでしょうか?

いつもの研修会は、講師の話しを聴いたり、ディスカッションに参加したり・・・・・・と、気楽な立場での参加でしたが、今回はお寺の会計の基本について、と言うテーマをいただき、私が恥ずかしながら講師を務めました。

慣れないこと、と言うか全く初めてのことですので、非常に緊張いたしました
へたくそな講義だったと思いますが、少しは分かっていただけたでしょうか?

当初の予定では、私は2時15分からの講義だったのですが、栖雲寺に通夜・葬儀ができた為に、1時からの講義と入れ替えてもらいました。急に変更をお願いしたK院の和尚様ありがとうございました

講義を終えると大至急北鎌倉駅へ。
こんな時に限って新宿駅での乗り継ぎが非常に悪く6時からの通夜に到着したのは5時50分。ギリギリセーフでした。

それにしてもホントに精魂使い果たした感じです

おかえりなさい

当山所有の文化財「虚空蔵菩薩画像」

修理が完了し、28日に静岡から栖雲寺に戻って参りました。

DSCF7754

ほんとにきれいになって帰ってこられました。
表装も今までの物とは比べ物にならない豪華さと美しさです。

本堂中央に軸を掛け、三拝、開眼法要を行いました。なんとも感慨深い気持ちになりました。

今後の保管は7月24、25日のお披露目までの間、山梨県立博物館に委託することにしました。その方が安心ですから・・・・絵画を預けに博物館へ行くと、一般では入れない、2重構造の収蔵庫(耐火金庫)の中へ案内してもらい、ここで保管させていただきますとのこと。
これならとっても安心。

お披露目会をお楽しみに!!

OB会

大学時代の部活のOB会に行ってきました。

何の部活かって?

ちょっと恥ずかしいですが、この私、山梨大学にいる4年間「弓道部」でございました。毎年この時期にOB会があり、今年も行って参りました。
プリンスホテルから戻ってきての参加で少し遅刻はしましたが、甲府駅近くの舞鶴城となりにある舞鶴鮨へ。

舞鶴城と言えば背中に「カメです」と書かれたカメが世間を騒がせておりましたので、ちょっと探しましたが見つかりませんでした。聞いたらもう捕獲されたのだとか・・・・・

DSCF7739

次の日、27日は朝からOB現役対抗戦です。

僧堂に入って以来、全く弓を引いておりませんので、対抗戦は、仮病で体育の授業をサボっている生徒のように見学のみです。

DSCF7724

後輩も先輩も同じ「立ち」に入って弓をひきます。

DSCF7726

弓道場はいつの間にやら新しく建て替えられており、とてもきれいでした。
やっぱり見るだけではなく、来年こそはひきたいなあと、毎年思いながら一年が過ぎます。

DSCF7735

道場に掛けてある名札には、私の名前もしっかり残っていて本当に感激です。やはり来年はひかなくては。

終了後は昼ごはん。学生時代によくいった食堂「ひなた」へ。
大盛りで安い。まさに学生の強い味方です。

でもこの年になって食べたら、普通盛りを頼んだのですが、多すぎてかなりきつかったです。
DSCF7740

先輩も後輩も来年またお会いしましょう。

東京プリンスホテル

26日、栖雲寺の本堂にて、東京に住む檀家さんの法事がありました。

そして同じ日に、先日横須賀から来て、花をたくさん植えてくださった信者さんが、この日もまたたくさんの花を持って植えに来てくれました。

DSCF7713

紫陽花を中心にいろいろと・・・・・名前を忘れてしまった

DSCF7714

2年後、3年後が楽しみです

そんな花植えをおまかせしたまま、私は本堂での法事を終えると、その檀家さんと一路東京へ。
仕事の関係者がみんな東京だからということで、東京プリンスホテルで改めて法要と食事会を企画されており、そちらに御招待いただきました。

スカイツリーがかなりできてきたからなのか、それとも見慣れてしまったからなのか、東京タワーってこんなに低かったっけ?とあんなに高い塔を見ながら不思議な気持ちになりました。
プロフィール

天目さん

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ