2011年09月

腹痛悪化

建長寺に出勤しました。

お彼岸、中国巡拝で休んでばかりいましたので仕事はいっぱいなのですが、一日お腹が痛くてちっとも捗りませんでした

2日には栖雲寺の施餓鬼がありますので、明日は天目山へ戻らなくてはなりません。
早く治さないと・・・・・

今日は中国巡拝の日単を書く元気もなし

帰国

中国の天目山へ行ってきました。

DSCF2119

本日の早朝便で無事帰国。しかし香港に台風直撃で強風の中での離陸。

欠航の心配もある中で飛んだのはよかったですが、昨日のANA航空機が裏返し飛行したニュースも耳にしていたのでちょっと怖かったです。

水が合わなかったのか、現在は腹痛に悩まされています

拝塔の日単はまた後日

天目さん、天目山へ

私、本日より初めて天目山へ行ってまいります

天目山は天目山でも中国杭州の天目山

5月22日の晋山式に作成したしおりの中で、住職プロフィールに「夢は杭州天目山拝塔」と書いたら、先輩和尚様が早速計画してくださったのです。

毎年の行事に、老師を団長としての「建長寺の開山、大覚禅師祖跡巡拝」があるのですが、今年はその行先を天目山にしてくださいました。

DSCF2099

晋山式を終えた直後にこの日が来るとは想像もしておりませんでした。本当に有り難いことです。

栖雲寺開山の業海本浄和尚様が、今から693年も前に修行の為に登った杭州の天目山。
師僧の中峰明本和尚様が庵を構えていたところ。
http://www.tenmokusan.or.jp/contents.html←詳しくはこちら。

お彼岸と栖雲寺施餓鬼会の合間を縫って、昨年のニューヨークと同様の弾丸ツアーですが、天目山どころか中国に行くのが初めてなので非常に楽しみです

帰ってきましたら、またご報告させていただきます。

あたってけし

天目山の檀家さんの中には、もうこたつに炭火を入れているお宅があります。

彼岸の諷経で各家を歩いているときも、

「朝は寒いからこたつにあたってけし

と声をかけてくれます。山梨では(他の県でも言うのかなあ?)「こたつに入る」よりも焚き火などと同様「こたつにあたる」といいます。
そして、語尾の「し」は方言で「~~しなよ」と親しみを込めた言い回しです
あたってけだと厳しい命令口調ですが、「し」が付くだけで一気にやさしい表現に変わります

ということで、お茶など出してもらって
「ちょっと飲んでけし
「こたつにあたってけし
なんて言われるとついつい座り込んで長話をしてしまいます。

この時期、朝晩はたしかに肌寒いので掘りごたつに足を入れさせてもらうととても気持ちがいいです

みんなも語尾の「し」を使ってみろし

鎌倉へ

今日も午前中に彼岸諷経。

終了後は中央道を使って高井戸→環状8号→第三京浜で鎌倉へ。中央道の下りは45キロの大渋滞上りはそれほど混んでおらず助かりました。3連休のお出かけともなると大変ですね

お彼岸後半の栖雲寺は家内と檀家さんに任せて午後からは建長寺へ出勤です。この時期は寺務所に出ている和尚さんも少なくて1~3人くらいです。

月別アーカイブ
プロフィール

天目さん

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ