2013年04月

半僧坊で驚きの出来事

ただ今、半僧坊の参道を整備中です。
DSCF0604

今日は事務仕事で半僧坊へ久しぶりに上がりましたので、少し写真を撮ってきました。

最後の難所の急階段。
DSCF0606

その反対側に緩やかな階段を整備。
DSCF0607

行ったことのない方には分りにくいかもしれませんが、ココに上ってきます。かなり緩やか DSCF0609

半僧坊での仕事を終えて寺務所に戻ろうとした瞬間に電話がなって

「御祈祷のお客様が今受付を通ってそっちに向かったから、もしできたらそのまま御祈祷してきてください。」

「いいですよ。」

ということで、本当に久しぶりに御祈祷の導師を務めました。

そしたらナント 

遠く愛知県一宮市木曽川町から来た2、30代くらの若い御夫婦。(祈祷の申込用紙に書いてもらった住所を見て気が付いた
鎌倉に旅行に来ていて、たまたまインターネットで建長寺半僧坊の御祈祷を見つけて参拝してくださったのだそうです。
遠くからのお客様に驚いたのではなくて、つい3日前に自分が木曽川町に行って来たばかりだったから驚いたのです

わずか3日前の日単↓
http://blog.livedoor.jp/tenmokusan/archives/51880303.html

宝光寺のすぐ近くに住んでいて、新木曽川駅前の話しやショッピングセンターの話しなどで盛り上がりました。

愛知で買ってきたお土産のお菓子を差し上げたら、

「地元のお菓子を鎌倉でもらうとは思わなかったです

と喜んでいただきました。

以前書いた日単を思い出しました。3年半も前ですが・・・・・↓
http://blog.livedoor.jp/tenmokusan/archives/51325235.html

最近は1年に1回するかどうかの御祈祷導師。にもかかわらず不思議なことが起こるものです。

これも半僧坊様の有り難いご縁です。
 

ゴールデンウイーク

ゴールデンウイークは前半の連休が終わりました。

好天にも恵まれ、建長寺境内にも多くの参拝者。お参りいただきました皆様、ありがとうございました。

昨日所用で出かけたのですが、鎌倉駅前で身動きが取れなくなるほどの人、人、人。
新宿駅前と言っても過言ではないかも。

私はというと・・・・・毎年この期間中に決算書の作成です

尾張木曽川宝光寺

26日、27日で愛知県一宮市木曽川町の宝光寺さんへ行ってきました。
DSCF0602

過去にも何度か日単に残してきたお寺さんです。
建長寺の管長猊下が小僧時代を過ごされたお寺でもあり、現住職は建長僧堂で私の1年先輩でもあります。

DSCF0599

妙心寺派の別格地、織田家に縁のある由緒寺院です。

DSCF0600
大きな本堂

DSCF0598
客殿の床の間に掛けてあった墨跡は、建長寺の管長様の師僧(益州老師)の師僧(黙雷老師)のもの。
さすが宝光寺さん

先代住職(現住職のお父様)、先々代住職、先々々代住職の斉会(さいえ=和尚さんの法事)に拝請いただいたので荷担・出頭してまいりました。

今回は、家内と子供2人もお誘いいただき、家族みんなでお邪魔してきました。

蔵建築6

2月の14日に「蔵建築5」の日単を書いてから音沙汰のなかった蔵の進捗状況

発掘調査に時間がかかっており、特に書くことがなかったからです

今日は発掘現場の航空写真を撮るとのことで、写真を撮っているところを撮りたかったのですが、来客もあってできませんでした。

ヘリでの撮影。どうやらラジコンヘリコプターを下から操縦して飛ばし、リモコンで写真を撮るというおもしろそうなもの。見ていた職員の話しによると、ラジコンといっても電池で飛ばすおもちゃではなく、エンジンで飛ぶ本格的なものだったようです。

ウオー操縦してみたいやらせてもらいたかったぁ

ジャイアンだったらスネ夫のラジコンを奪ってしばらく遊んで墜落させるパターンだな

ということで、航空写真を撮っているところは撮影できませんでしたが、現在の発掘現場です。
DSCF0596

長松寺晋山式

4月21日に川崎市多摩区の長松寺さんで晋山式が行われました。

晋山される和尚様は建長寺の寺務所に15年間奉職されている現役総務部長さん。

寺務所での席は私のすぐ隣りです

DSCF0593

1年以上前から今日の晋山式の予定を伺っていましたので、前日からの荷担も含めて行ってまいりました。

寒気の影響で全国的に真冬のような寒さでしたが、晋山式も冷たい雨が降る中、記憶に残るものとなりました。

DSCF0590

子供たちはかなり寒がっていましたが、稚児行列は何とか遂行。

DSCF0594

山門での問答。警策を持って通せんぼしているのは私と同じ建長寺財務部部員の山﨑和尚さん。
童顔なので雲水衣がよく似合っているもう一度僧堂掛搭する?

DSCF0595

本堂に入り、管長猊下や僧堂の老師、宗務総長、随喜の和尚様方、そして大勢の檀家様が見守る中で晋山式が無事終了。

おめでとうございました。
月別アーカイブ
プロフィール

天目さん

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ