2017年10月

こんなに大量だったのか

建長寺の塔頭跡地に一時的に置かれた土砂。


そして擁壁の破片。

こんなにたくさんの土砂が、

こんなに狭い場所に流れ込んだのだからたまったもんじゃない。
作業され、ダンプで運んだ業者さんもその量に驚いていました。ほんとに人がいなくてよかったって…


本日、半僧坊の上にある展望台で怪我をされた参拝者がいました。建長寺の施設の老朽化が原因です。
ご迷惑をおかけいたしました どうぞお大事になさってください。
しばらくの間、展望台(木造の施設部分)はご利用いただけません。

また、得月楼という大きな建物内にある浴室では、老朽化のために入れ替え工事も行われています。

これだけ広い境内にたくさんの建造物や文化財がありますと、今回のような自然災害の他にも、施設の維持管理、什物の保存等への対応が欠かせません。
境内整備や修繕は今後も避けては通れない事業の一つです。


今日の事故現場

朝早めに建長寺へ出勤し、トラックからホンダのバイク「ジャイロ」を降ろしました。

今日の写真。
私の潰されたバイク が停めてあった場所です。

ほんとにここにあの大量の土砂があったの?
あの時の写真。

すっかりキレイになっていました
仕事が早い

山側。崩れた擁壁にはブルーシートと応急手当の壁。

反対側から。

image

そして崩落箇所。かなりえぐれてます

今思うとあの事故が起きた日、開門はしたけど建物は締め切って拝観を制限。職員は原則出勤停止。総長部長と近場の和尚数人が寺務所で待機という状況でした。
この裏玄関は職員の出入り、業者の出入り、一日中誰かが出入りしているような利用率の高い玄関です。もし通常勤務だったらと思うとゾッとします
総長さんの判断が功を奏しました。

隣の円覚寺さんをはじめ、多くの方からお見舞いの言葉をいただきました。
行政とも連携し早期の復旧を目指します。

ジャイロとともに

四日連続栖雲寺の最終日。

雨がよく降ります。台風も接近中。

最終日らしくぎゅうぎゅう詰めの一日をこなしました。

まず本堂で檀家さんの法事、その後神奈川県の建長寺派のお寺の檀参法要と境内案内。

午後は同じ部内、八代町の心月院さんへ
山門大施餓鬼に出頭です。

移動はもちろん荷台にジャイロを乗せたトラックで

法要後は急いで栖雲寺に戻り、千葉県館山市からの団体参拝を御案内。

一日雨だったので、なんか余計に疲れました。ヘトヘトです

かなり強い雨の中、ジャイロとともにトラックで無事鎌倉に帰ってきました

研修フルコース

栖雲寺で某通信会社の研修が行われました。
坐禅だけでなく、食作法(精進料理をお寺の作法で食す)・境内案内・宝物館説明・写経・総茶礼(全員でお茶を喫する)など。

栖雲寺として出来うる最大限の内容で研修をさせていただきました。

ご希望される方、個人・企業問わず可能な限りお受けいたします

紅葉は現在こんな感じ🍁

上野原市の西光寺

昨日の坐禅研修後に永泰寺に行きジャイロ回収してきました。


車もバイクも使えないとなれば、もうジャイロを迎えに行くしかないですから

今日は上野原市の西光寺さんへ。
施餓鬼の支度をお手伝い。

もちろん荷台にジャイロを乗せたトラックで

プロフィール

天目さん

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ