これも書き残しておかなくては

9月22日の日単に残した台風被害の写真。

あの時はこんな状態でしたが、途方に暮れ、そして時間もなく、手付かずで山を降りました。

宝物風入れ展の支度をしながら再度摩利支天さんまで登ると、

こんなに綺麗になっていました
天目地区の檀家さんに聞いたら

「宝物展も施餓鬼もあるのにあの状態じゃこまるじゃんかぁ」

気が付いて掃除してくれてました。
なんと素敵な檀家さん

倒れた天然記念物のカシの木も全て撤去されてました。

「(和尚がやらないから、まったくしょうがねーなぁ)」

と心の声が聞こえて来そうでしたが いつも本当にありがとうございます
皆様のおかげです。



宝物風入れ展のために建長寺を休んでおりましたので仕事もたまってます。
昨日は博物館から鎌倉に戻り午後から黙々と事務仕事。そして今日も1日机に向かって粗方終わらせました。

また明日から休むので・・・