今日電話で顧問会計士さんから

「10月に消費税が増税されたら、会計システムの対応大丈夫ですか?」

と言われました。
5%から8%の時も問題なかったし、8%が10%になるだけだから特に心配してなかったのですが…

「何も考えてなかったのですがバージョンアップ必要ですか?」

「手入力で仕分けしてたらとんでもなく膨大な事務仕事量ですよ。システム改変した方が良いと思います。」


詳しく聞いてみると、基本10%のものと、食料品など軽減税率8%の物と、5%時代に契約したリース料などの長期契約のものと、同様に8%時代に契約した物と、4種類を完全に仕分けなきゃならないとの事。
軽減税率はニュースで見てたけど、まさか建長寺の経理にも関係するなんて…会計規模の大きな宗教法人は該当するんですね


「消費者目線では軽減税率ありがたいけど、経理者目線では悲惨な法律じゃないですか

「そうなんですよ。でも決まった事なので仕方ないです。今から対応できるようにしっかり対策しておいてください。」

「えらいこっちゃーー

速攻でバージョンアップ依頼

今から早目の対応ん?もうすでに早くないか


ところで

https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20190312/1050005493.html

昨日のカトリック雪ノ下教会での儀式では、NHKが取材に来ていたらしく、ど真ん中に映ってしまいました