住職日単の中でも、これまでに何度もこのフレーズを使おうと思ったことがありますが、行事報告では一度も使わずに見送ってまいりました。書きだすと全てが該当してしまいきりがないのもありますし、連発するととても軽いものになってしまうからです。

しかし今日こそが使う日でしょう。


朝5時30分から建長寺の仏殿に於いて「平成最後の」祝聖(しゅくしん)法要が行われました。

祝聖は、今上天皇の聖寿万安をお祈りする法要であり、早朝なので観光客や参拝者はおりませんが毎月1日と15日の朝に必ず行われる法要です。誰に見せるとか布教とかではなく、僧侶が一堂に集まり宗盟心のもとに毎月2回行っております。


IMG_5809
今日の祝聖もいつもどおり仏殿で、

IMG_5807
いつもどおりお地蔵様の右側に立ち、

いつもどおりの法要。

でも今日は心の内が全く違います。

IMG_5808
お地蔵様の御尊顔を拝しながら、平成の30年間を、鎌倉での20年間を、栖雲寺住職としての10年間を思い出し、味わい、反省し、また同時に次の時代への希望や決意も新たに読経をさせていただきました。

天皇陛下、日本国民のためにありがとうございました。そして30年間本当にお疲れ様でした。



5月1日は、これもまた一生に一度限り「令和最初の」祝聖があります。

お近くの方、どうぞ早起きをしてお参りください。

私たち僧侶と共に、令和天皇と日本国の安泰をお祈りしましょう。

5月1日の祝聖は5時からです。