KNOB 日々の感動

オーストラリア先住民アボリジニの人々が太古より紡がれてきた祈りの楽器は
自然に空洞となる木の筒
ディジュリドゥは地球最古の楽器です
また縄文時代より神と繋がるため使われてきたと伝えられる石笛、、、
木と石の響きは
地球と宇宙の本来の自然なる響き

https://youtu.be/yS2VS4lEOls

青森から戻り、今日はテレビ東京でお世話になっているプロデューサーと新しいプロジェクトの打ち合わせがあったのですが(こちらも面白くなる予感がした打ち合わせとなりました☺)、その前に今年は多くのご縁をいただきご一緒させていただく、岡野弘幹さんが音楽を手掛けらたドキュメンタリー映画〖Peace Nippon 〗を観てまいりました。
 
日本は本当に四季折々の美しい自然があるのと同時に、日本人が鍛錬し、研磨しながら積み重ねてきた自然観、精神性、、、
神道、仏教、禅や茶の湯などを通して作り上げられてきたひとつひとつが自然界と織り交ざりながら、この映画に登場する美しき、麗しき日本の風景があるんだなとしみじみと感じられた世界でした。

自然と人の心が紡がれ、合わさり、伝わってきたこと。

日本人である自分の根源を何故日本を選んで生まれてきたのかを思い出すことが出来るような素敵な映画でありました。

岡野さんの幅広い響きの世界にも感銘を受けました。

日本が好きだなって、心底思える Peace Nippon でした🙏
                    KNOB拝

20180716_132326372
昨日は青森のBLACKBOXにて行われた「東北シンデレラプロジェクト~夜明けの祭り~」にゲスト出演させていただきました。
シンデレラプロジェクトというのは主催をされた小野未奈美さんから、Facebookでお問い合わせをいただき、今回初めて知りました。
このプロジェクトはHappyさんという方が昨年立ち上げられ都内で2000人の方々が集われ、その場に参加された小野さんが東北でも開催したいとHappyさんにご相談され、実現したプロジェクトでありました。
シンデレラプロジェクトとは何か Happyさんのブログがありましたので、リンクをさせていただきます。


小野未奈美さんもつい先日の龍神茶会を企画された石田真紀さんもFacebookからご連絡をいただき、イベント出演となりましたが、直感が働き、行動へと移されるパワフルな女性がますます増えてきていますね。

今回の青森のシンデレラプロジェクトは 縄文の女神をテーマとしたファションショー
20180716_132614417
20180716_132540868
FB_IMG_1531792708584

やアイドルユニットのような方々、ダンス、ミュージカル、、、
98%女性によるパフォーマンスの中、男性は僕と8歳のマイケル・ジャクソンを歌うしゅんくんなど少数。
しゅんくんのジャクソン5のI  want you  backを振り付けも交えての歌は最高でした。
IMG_20180716_143327

僕もグループ時代コンサートで歌っていましたが、しゃんくんの歌唱力はマイケルさながらの実力で、しゅんとはいろいろな話をしてすっかり仲良しに☺
FB_IMG_1531790263390

火打ち石やディジュリドゥにも凄い興味を持ってくれて、、、 新世代のいわゆるレインボースターチルドレンでした☀

歌、ダンスそれぞれに、今チャレンジしてみたい、自分自身の枠を超え、子どものころ、若いころ夢みていたような表現をそれぞれにされ、ひとりひとりの方が喜びを輝きを放たれていました。

またパワフルな施術をくださった~ばいたるえなじー~のしげさんや、
20180716_124143548

20180716_120227909

アートやジュエリー、美味しいコーヒーなどの出店もあり、会場は賑わっていました。
20180716_124157027

最後には未奈美さんの太鼓をはじめとするねぶた祭りのお囃子のみなさんの響きで、ステージも客席も一体となってみながねぶたダンス。
20180716_160453328
20180716_160420740

祭りは性別も年齢も職種もジャンルも超えてみなをひとつに結んでゆきますね。

ご縁をいただいたみなさま
ありがとうございました。

そして、未奈美さん
東北シンデレラプロジェクトおめでとうございます。

素敵なイベントをありがとうございました🙏

青森は行きたい場所が沢山。
またじっくりゆっくりと伺わせていただきたいと思います。

                 KNOB拝


1529138489992
青森に入りました。
久しぶりの青森ですが、自分自身の根源的などこかがONになるようなレセプターが開き動きだすような感覚につつまれています。

                        KNOB拝
   
            撮影   AKIKO HOTTA
           (写真  イギリス ダートムアにて)

このページのトップヘ