2017年11月20日

同世代の友人が、前号(12月号)の辰巳先生の連載のなかにあった一文を呪文のように唱えていました。
「なまけていると愚かになる」
わたしも友人の口からそれを聞き、ハッ!となりました。
その通りだ、と思ったからです。
「なまけているとおろかになります」
だけどすでに電車で空いた席を探しているようなわたしには
昨日今日でパンッとできるようなものでもなく、
そのためには毎日の工夫が必要な気もしています。

『天然生活』2018年1月号はズバリ、
「段取り上手の家仕事」

ある人は1日をスムーズに過ごすために、
ある人は子どもたちとの時間をつくるために、
ある人は自分をラクにするために。

いろんな人がそれぞれの理由のために、
試行錯誤の末、辿り着いた「工夫」がつまった一冊です。

自分にもできそうと思えること、
はたまた、少し背伸びをして挑戦してみたいと思えること、
あなたの段取りに取り入れていただけますと幸いです。

「天然生活」2018年1月号

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2018年1月号

巻頭は、
松田美智子さんのシンプルお正月料理

特集、段取り上手の家仕事では、

徳田民子さん、セキユリヲさん、牧田敬子さんの
朝時間と夜時間の使い方

掃除、洗濯、わが家のルール

ヒバリ舎・内山ミエさん監修、収納の仕組み

夫婦共働きの家族が取り組む、分担家事

上田淳子さんの、冷凍術とレシピ

引田かおりさん、ミスミノリコさんが
年末年始にすることなどなどなど。


特集2、やさしい手土産では、

はなさんと横尾忠則さんのエッセイ

10名の方がすすめる、
手土産カタログ

卵、乳製品を使わない贈るスイーツ

その他

山形、藁細工の工房を取材

オッタエーカル、COOVAの、ストールや巻きもの

紙に書くことで、家事をリスト化! ノート術

そしてそしてそして、
[特別付録/二十四節気七十二候の暮らしカレンダー]

ふろく


少し早めの2018年も、よろしくお願いいたします!

(編集部・浜口)


tennen_ld at 23:34コメント(0) 

2017年11月03日

いつの間にか、肌寒い日が“毎日”になり
いつの間にか、冬が目前に。

時間が過ぎるのは、本当に早いですねー。
皆さまは、
秋の楽しみ、逃さず、満喫していますでしょうか。
紅葉は、まさに今。先日訪れた軽井沢は、素敵な秋色に。
連休のお出かけ先としても、最高におすすめです。





さて、天然生活12月号は、「本当に頼りになるよいもの」がテーマです。

平松洋子さんの巻頭エッセイや
石黒智子さんの道具が一挙公開されている「頼りになる台所道具」
料理家、料理人10人が進める「頼りになる日本の食材」
などなど、いろんなテーマで展開しています。

isiguro


syokuzai




特集外では、絵本作家ヨシタケシンスケさんの企画も登場します。
絵本に登場する男の子の愛らしい発想に、うんうんうなずいたり、
つっこみを入れたり、なるほどーと、そうくるか、と発見したり。
にやにや、くすり、と、記事を読んでいる間、笑みがとまりません。

yositake


最後は、ページを開くたびに、お腹が鳴る
個人的に気になるカレーの写真を。
これは、天然生活12月号「体にやさしいスパイス料理」で提案されているレシピのひとつ、
ガーリックチキンカレーです。
風邪の予防にもいいとのこと。
残り2か月を切った2017年を、楽しみつくす!
そのためにも、風邪をひかない体づくりにも励みたいと思います。



kare-




tennen_ld at 19:26コメント(0) 

2017年10月30日

日中もすっかり涼しくなり、
紅葉もはじまり、すっかり秋。

冬の足音も聞こえてきますね。

さて、遅くなりましたが、
天然生活12月号が好評発売中です!

unnamed


特集は、

本当に頼りになる、よいもの

毎日の暮らしを支えてくれる、身のまわりのもの。
いつも頼りになる相棒と呼ぶべき
道具や食べ物を一同に集めてみました!!

内容はこちら↓↓↓

巻頭エッセイ
平松洋子さん「頼りになるもの」

石黒智子さん 相棒道具ほぼ全部見せ
道具を使いたくて、料理をつくるのよ

料理家・料理人10人がおすすめする
頼りになる、日本の食材

SyuRo宇南山加子さんが考えました
食卓や台所で、十二分に働く器

jokogumo、ラウンダバウト、ジュウハチバン
3店の生活道具店主に聞く
頼りになる日本の道具

目利き5人が愛用する
暮らしを整える、日本の日用品

3組の家族の、後悔しない家具選び
ようやく見つけた、テーブルと椅子

いざという時のために、よいものを選びたい
冠婚葬祭のしたく

快眠を求める3人の
頼りになる寝具座談会

私が一番の愛用者
仕事の相棒、文房具


そして、特集に合わせて、
モノクロのお勉強ページは、

ひとり問屋、日野明子さんに聞く
困ったときの台所道具のお手入れ



特集以外の企画も充実です。

なんと、巻頭は、

高山なおみさん
秋の夜長のワインのつまみ



そのほか、

大人だってニヤニヤしちゃう
ヨシタケシンスケさんの絵本の世界


アーユルヴェーダを取り入れた
体にやさしいスパイス料理


などなど、
秋の夜長を存分に楽しんでいただける内容となっております。

ぜひ、ご覧ください!!

おさらいですが、
表紙はこちらです~↓↓↓
unnamed

(編集部T)



tennen_ld at 23:08コメント(0) 

2017年09月21日

まだまだ暑さはありますが、だいぶ秋めいてきましたね。

さて、9月20日に天然生活11月号が発売になりました。
IMG_3265


気になる内容は・・・・・・。

【巻頭特集】もっと楽しむ小さな暮らし
 角田光代さんのエッセイ「得意不得意、好き嫌い」
 谷 匡子さん 岩手での新しい生活「未来につながる 育てる暮らし」
 山中とみこさん「『飾る』と『しまう』ですっきり暮らす」
 横山タカ子さん「楽しく使い切る生活術」
 お手入れしたり、修理をしたり「私の相棒は、10年選手」
 清水きみえさん「心地よい包む布小物」
 門倉多仁亜さん「シンプルに暮らす家事の仕組み」
 金谷 操さん「爐△襦 ものを生かす暮らし」
 結城伸子さん「暮らしのなかの小さな世界」

【第2特集】私の大好きレトロ喫茶
 山崎まどかさんと訪ねる「東京レトロ喫茶めぐり」
 純喫茶愛好家・難波里奈さん推薦「日本あちこち、訪ねてみたい喫茶店」

そのほかにも
 長田佳子さん「アーミッシュの焼き菓子」
 肌が喜ぶ「大人のシルクの服」
 五行で考える「漢方・暮らしのヒント」
など、盛りだくさんの内容になっています。

取材のこぼれ話をいくつか。
巻頭特集で取材にうかがった金谷さんは、残ったいろいろなものを生かす達人。
今回で3度目の取材となるのですが、取材のたびに新しい発見があり、暮らしを楽しむ大切さを教えてもらっています。
今回誌面でつくりかたをご紹介している、ぺたんこブローチもそのひとつ。
IMG_2482

使うのは、厚紙と、布のはぎれ、ピンくらい。裁縫がほとんどできない私でも、すぐにつくれました。

漢方・暮らしのヒントでは、難しい理論ではなく、五行の考え方をもとに、5パターンにタイプを診断。それぞれのタイプにおすすめの食材や生薬を紹介しています。私は木だったので、すっぱいものを意識してとるようにしています。献立選びのときのちょっとしたヒントにしていただけたら。

hal後藤由紀子さんのぶらり東京さんぽでは、駒込界隈をお散歩しています。ご紹介しているBOOKS 青いカバは、新書と古書両方を扱う本屋さん。仕事柄、本屋さんにはよく足を運ぶのですが、基本的には自分が興味がある本を自分で見つけるスタイル。こちらは、「こういう本が好きなんです」と店主の小国さんに伝えると、「じゃあ、これはどうですか?」など、相談にのってくれるので、新しい本に出合うきっかけがもらえます。実際、取材時も、後藤さんはじめ、スタッフみんな、たくさん本を抱えて帰りました。
六義園のお散歩も気持ちがいいですよ。

最後になりましたが、この11月号で、天然生活は14周年を迎えました。
これまで続けてこられたのは、読んでくださる皆さまがいてくださるおかげです。感謝申し上げます。15周年、20周年を目指して、さらに精進し、皆さまに楽しんでいただけるような記事をつくってまいりますので、今後とも、末永く応援してくださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。(編集K)

tennen_ld at 13:50コメント(0) 

2017年09月07日

IMG_3292


ずいぶん涼しくなり、秋の予定を立てられている方も多くいらっしゃると思います。

新刊のお知らせです。

『天然生活の京都案内』が、明日発売になります。
本誌で3年ほど、こつこつ取材した記事に、新規の取材を追加して、1冊にまとめました。
京都の日常を感じられる場所や、旅の気分が味わえるお店を、
京都住まいの方、京都好きの方にご案内いただいております。

中身を少しご紹介しますと…

ナカムラユキさんが案内する、京都の旅気分の朝ごはん
伊藤まさこさんと鈴木潤さんがめぐる、京都の朝市
京都通の4人に聞いた、私の好きなモーニング
大原千鶴さんと訪ねる、京都のふだんの台所道具
tupera tupera、「木と根」の林七緒美さん、布作家の昆布尚子さん、「うね乃」の釆野佳子さんが案内するふだんの京都
愛される理由がある、京都のみやげもの

などなど、
京都旅のお供に、おすすめの1冊です。
チェックのテーブルクロスの表紙が目印です。

弊社サイトでも、内容をご覧いただけます。
http://www.chikyumaru.co.jp/detail/class_code/8-636/

そして京都地区の皆様に、お知らせです。
明日とあさって、京都で発売キャンペーンを行います。

『天然生活の京都案内』発売キャンペーン

9月8日(金) 大垣書店三条店(烏丸三条)12:00〜19:00
9月9日(土) ジュンク堂書店京都店(四条富小路)12:00〜19:00

お買い上げいただいた方に、京都三条・竹松の竹のカトラリーを差し上げます。
編集スタッフも売り場におりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

(編集K)







tennen_ld at 18:02コメント(0) 
プロフィール
シャボン玉石けん×天然生活
シャボン玉石けん×天然生活
記事検索
QRコード
QRコード