2018年08月21日

8月10日、天然生活ブックスより、
荻野恭子さん『ビーツ、私のふだん料理』が発売しました。

ビーツ017


世界中を旅して、
各国の料理を研究してきた
荻野恭子さんによる、
ビーツだけのレシピ集。

ロシアではビーツがあれば医者いらず、
とまで言われてるスーパーフードです。

生でもおいしく味わえるビーツは、
火を通せば甘味が広がり、
ほかの食材や調味料、米やパンとの相性も抜群。

本のなかではいろんな国のビーツレシピもご紹介しています。
ビーツのもつ魅力が少しでも、お伝えできれば幸いです。

==大阪・牧方で行われる
関連イベントのお知らせ==


_野恭子さんトークショー&サイン会

荻野さんが世界中を旅されたお話や、調理のデモンストレーション、ビーツのおいしい保存方法など、盛りだくさんのトークショーです。 

そしてイベントチケットには、国産ビーツつき!
(京都・大阪で八百屋を運営する「坂ノ途中」が、契約農家より取り寄せたとっておきのビーツです。)

日時/2018年09月01日(土)
16:00〜17:00 (受付15:30〜)

定員/60名

場所/蔦屋書店 4F イベントスペース
[〒573-0032 大阪府枚方市岡東町12-2 枚方 T-SITE]

参加費/500円 ※国産ビーツ付

申し込み方法/☎072-844-9000 あるいは web予約


⇔鼠家 荻野恭子さんと楽しめる、ビーツ料理@フジマル食堂

荻野恭子さんとテーブルを囲んで、書籍のなかで掲載した料理と、会場である「フジマル食堂」のソムリエがセレクトした"ビーツにあうワイン"で堪能できるディナー企画です。

■提供内容
・モロッコ風サラダ
・ビーツのきんぴら
・ビーツのごま揚げ
+それぞれに合うワイン3種

日時/2018年09月01日(土)
18:00〜19:00 (受付17:30〜)

定員/15名

場所/枚方 T-SITE 1F フジマル食堂
[〒573-0032 大阪府枚方市岡東町12-2 枚方 T-SITE]

参加費/3500円(税別) 

申し込み方法/☎072-844-9000 あるいは web予約

関西のみなさま、この機会に是非、ビーツの魅力を体験してみませんか。

少しずつご予約をいただいているとのことで、
もし気になるという方は是非お早目のご予約を!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『ビーツ、私のふだん料理』
著者:荻野恭子
企画・構成・文:吉田佳代
アートディレクション・デザイン:米持洋介
写真:公文美和
スタイリング:久保原惠理
構成:堀江圭子


荻野恭子さんプロフィール
料理研究家。栄養士。実家が飲食店を経営していたため、子供の頃から料理に興味をもち、1974年よりユーラシアほか50カ国以上を訪れ、現地の家庭で料理を習い、食文化の研究を続けている。自宅にて世界の料理が学べる料理教室「サロン・ド・キュイジーヌ」を主宰。http://www.cook-ogino.jp/

tennen_ld at 20:50コメント(0) 

2018年08月16日


前回のブログでもお伝えしました、
8月21日(火曜)まで開催中です。

*「日本海新聞」でも掲載していただきました!
大山フェア(日本海新聞)


本日、編集部のKも食べに行き、
限定ランチ「大地の恵みプレート」にありつけたもようです。

IMG_2602

コウボパンこさじいちのパンと、
くろぼく野菜畑の野菜の蟹味噌バーニャカウダ、
大山どりの手羽元に、日替わりスープもついて盛りだくさん。

「大山開山1300年記念 大山の恵みフェア」
期間/開催中〜8月21日(火)まで。
場所/とっとり・おかやま新橋館[東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス1F/2F]
※ランチは11時〜17時まで食べられます!

(私としては、物販で売られているという
鳥取県の牛乳「白バラ」グッズがとても気になっています・・・。)

編集部 H口


tennen_ld at 18:10コメント(0) 

2018年08月08日

驚くほどの猛暑が続いたかと思いきや
台風の予報で、
実家の犬は、こうです。
IMG_9056


編集部Kの家の猫は、こうです。
ねこ


(すべての気持ちを犬と猫に代弁していただきました)

お知らせをふたつさせてくださいませ。

 瓠瓠

天然生活9月号発売中です。
天然生活9月号

今号は、文房具特集。

木下綾乃さん、堤信子さん、tupera tuperaさん、金谷操さんの好きな文房具のご紹介や、

堀井和子さん、平澤まりこさんたちの
行きつけの文房具店に、

文具好きのお3方が
ロングセラー文具とは?について語りつくしたり、

ナカムラユキさんと
今日と鳩居堂を訪れたり、

日本の筆記用具・ガラスペンの
佐瀬工業所にお話をうかがったり、

と文房具が満載です。

そして、巻頭では、桧山タミさんの台所を
ご本人の暮らしや心がけも合わせてご紹介しています。

是非、この夏、
みなさんも新しいお気に入りの文房具を
見つけてみてください。

IMG_8703
写真は、堀井和子さんご愛用、カランダッシュの水性色鉛筆。
梱包されていた箱ごとお気に入りで、合わせて大事にしていらっしゃるそうです。

==お知らせその◆瓠

明日8月9日(木)より、
東京・新橋にて、鳥取県のイベント、
「大山開山1300年記念 大山の恵みフェア」が開催されるそうです。

先月、天然生活8月号のなかでご紹介した、
鳥取・大山の暮らし。

期間中には、ランチタイムには大山どりや大山豚など、
鳥取県の食材を使ったスペシャルメニューが展開されるそう。

もちろん、大山の恵みで生まれた商品の販売も。

【日時】8月9日(木)〜21日(火)
※ランチタイムは11時〜17時

【場所】とっとり・おかやま新橋館1階、ももてなし家

IMG_1173aa


お近くにお越しの際には、
鳥取県・大山の恵みを、是非!

(編集部・H口)

tennen_ld at 19:41コメント(0) 

2018年07月12日

今回の雨で、
まだ大変な状況にある方もいらっしゃるかと思います。
どうかご自身やご家族の安全を第一に、
また、いつもの毎日が一日も早く戻りますように。

===

私の故郷は高知県なのですが、
友人や家族たちはなんとか無事だったようで、
いろいろな人の顔を思い出していたら、
こちらのブログを更新していないことも思い出しました。

今年の5月、久しぶりに高知に帰ったのです。
土日の2日間をつかった弾丸帰省でした。

こちらのためです。
DSC_2219

DSC_2483

DSC_2264

DSC_2228

IMG_4323


2012年にはじまった
高知県の野外イベント「village(ヴィレッジ)」は
「村をつくりたい」という、それ以上でも以下でもない
いわば村長の熱い思いからはじまったイベントです。

6回目を迎える今年、
数年ぶりにお手伝いさせていただいたのですが、
初回が思い出せないほどの来場者の数、数、数で、
やはりなにか大きなイベントや楽しいの大元には
必ず誰かの熱量が必ずあるのだなと痛感した次第です。


そのイベント「village」が、今週末、
初めての東京出張をするそうです。

その際には、今回の豪雨で大きな被害のあった
愛媛県大洲市に向けての義援金を受け付けるそう。

高知はもちろん、関西、東京の
ものづくりのお店や飲食店が50店ほど出店予定。

village tokyo

以下、開催概要です。


Village Pop Up TOKYO 2018(ヴィレッジ 東京)


開催日時/2018年7月14日(土)15日(日)
開催場所/日本ヴォーグ社 2F CRAFTING ART GALLERY
[164-0013 東京都中野区 弥生町5丁目6-11-2F]
開催時間/10時から17時まで
入場料/500円 ※18歳未満は無料
出店店舗/約50店

facebookページ/https://www.facebook.com/village.pop.up.tokyo/

ヴィレッジ:2012年に高知県内で活動している各種工芸など「ものづくり」の作家や、
個性豊かな工芸品や古道具などを扱うショップ、 素材や調理方法にこだわりを持っている
飲食店などを一同に集め、発表と交流の場を提供するイベントとして始まりました。

(以上、写真:タケムラナオヤ イラスト:イワサトミキ)


大人になってからは特に
故郷の存在は力をくれます。
毎日私にも何ができるか考えていきたいと思います。

===

現在発売中『天然生活8月号』は、
サンドイッチとカレーパン特集です。

tennen_2018.8

角田光代さんのエッセイに、
高橋みどりさんら4人の好きなサンドイッチ、
「はまの屋」の秘密、
平野紗季子さんおすすめのフルーツサンド店や、
久しぶりの新聞企画など、盛りだくさんです。
是非お手にとってみてください。

(編集部・H口)

tennen_ld at 15:22コメント(0) 

2018年05月17日

来週の5月20日に、いよいよ最新号7月号が発売します。
特集テーマは「私流、整理整頓」。
素敵に暮らす人々のアイデアや工夫を紹介しています。


IMG_0910



誌面は、細川亜衣さんの初夏の瓶詰めは、
まさにいま、つくっておきたいジャムやソースづくりの巻頭企画から始まります。


IMG_0914



特集内では、石黒智子さんと本多さおりさんの家事の工夫、
柳沢小実さんの台所収納、坂井より子さんの整理整頓術を。
さらに、旅上手のkikiさんや堀井和子さん、武安輝子さんの旅バックの中身も取材しています。
そのほかには、夏の大掃除に役立つテクニック集も詰め込みました。


IMG_0916





掃除といえば、
先日、天然生活のインスタグラムで
「ゼリー石けん」について紹介しましたが、ここでも少し。
びっくりするほど、簡単に油汚れが落ちるので、
ぜひ、皆さまにもお試しいただきたいです。

つくり方は簡単。50℃ぐらいのお湯500mlに、
50gほどの自然派の粉石けんを混ぜるだけ。
合成界面活性剤が使われていない粉石けんをお使いください。
私は、無添加の粉石けん、シャボン玉石けんのスノールを使いました。

IMG_0831


私は、お湯と粉石けんを軽く泡立てながら混ぜて、一晩放置
(私は寝る前に混ぜたので1晩かけましたが、3,4時間でも固まるそうです)。
すると液体だったものがいつの間にか、ゼリーのようなゲル状に。
あとは、きれいにしたい箇所に塗布して、15分ほど再び放置。
最後はスポンジでこすりながら洗い流しました。




IMG_0830
IMG_0836




いつもは、スポンジがギトギトになりながら、、、何度も洗剤でこすりながら、、、、
時間をかけて掃除していた換気扇が一度できれいになったのには、本当に感動しました。
みなさまなの夏の大掃除に、ぜひ、お役立てください。


tennen_ld at 16:25コメント(0) 
プロフィール

天然生活

ていねいな暮らしを楽しむ雑誌。毎月20日発売です

シャボン玉石けん×天然生活
シャボン玉石けん×天然生活
月別
記事検索
QRコード
QRコード