2016年05月09日

連休が明けましたね。
今日から、通常モードという方もいらっしゃるのではと思います。
季節は立夏を過ぎて、いよいよ初夏の陽気になってきましたね。

編集部は、本日7月号の校了日。
全員こもって、最後の作業に追われています。
5月20日発売の特集は、2本立て。
「片付けが楽しい家」というインテリア、収納がテーマの第1特集。
「パンと野菜料理」が第2特集となっています。
季節の変わり目、模様替えや、片付けのお役に立つ一冊になり
そうです。5月20日発売の7月号、楽しみにお待ちください。

連休中は列車や飛行機で移動をされた方も多いと思いますが、
6月号でご紹介しています「老舗の洋食物語」の取材では、
いろんな電車に乗りました。
まずは、名古屋から名鉄に乗り換えて、近鉄特急で伊勢中川まで。
伊勢志摩ライナーという、黄色の車体にブルーのシートが
豪華なリゾート列車です。
densya

ヘッドレストが高くほかの乗客の方が視界に入らず、快適。
サロンカーもありました。

そのあと、伊勢神戸から上野市駅までは、
忍者のイラストが車体いっぱいに描かれた、伊勢鉄道。
のどかな田園地帯のなかをゆっくり走ります。
伊賀鉄道

この時はほぼ貸切……。

熱烈な鉄道ファンではありませんが、知らない土地の
ローカルな列車には、旅情を感じて写真を撮ってしまいます。

目的地は、伊賀上野の城下町のなかにある「グリル・ストーク」。
街の人だけでなくこの地を訪れたら必ず食べに寄りたいという
ファンが多くいる名店です。
ストーク

名物のタンシチューを、本誌6月号46ページでご紹介しています。
伊賀牛を使ったクラシックな洋食料理がいろいろ味わえます。
カレーやハヤシライスも、ランチには人気の様子でした。
電車を乗り継いでも、食べにいく価値ありです。

タンシチュー


いますぐにでも食べに行きたい!
おいしい洋食のレシピや物語がぎゅっと詰まった天然生活6月号、
書店にて好評発売中です。

おいしかった記憶を励みに、校了がんばります。

編集K

tennen_ld at 16:32コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月30日


こんにちは。

連休の方も、お仕事の方もいらっしゃるかと思いますが、
いかがおすごしでしょうか。
明日からもう5月。新緑の色が映える、気持ちのいい季節ですね。

さて、4月20日より、天然生活6月号「洋食レッスン」が発売になっています。

IMG_5716


ハンバーグ、オムライス、グラタンやロールキャベツ。
老若男女問わずに好かれるようなメニューが揃う、「洋食」ですが、

おいしくつくるための”基本”を、じつは知らなかったり、
なんとなく手間のかかるイメージがあったりと、家でつくるには敷居の高い印象もある料理です。


今回は、「洋食レッスン」の名の通り、
自宅でおいしく、洋食がつくれる方法をご紹介しています。

料理研究家の渡辺麻紀さんには、
洋食の定番、3種類のソースのつくり方を教えていただきました。

ホワイトソース
IMG_5758


トマトソース
IMG_5757


そして、デミグラスソースです。
IMG_5756-1


ソースから手づくりするのは、なかなか腰が重く感じることもあるかもしれませんが、
このつくり方、意外にもとてもシンプルで、
これなら私にもできそう、と思える工程なのです。

これら3種がつくれれば、
定番の洋食のあれこれが、ぐんとおいしく自宅でも再現できます。


また、「老舗の洋食物語」では

IMG_5753


京都と三重の、老舗の洋食屋さんを取材。

お店の物語と、人気メニューの自宅でもつくれるレシピを、特別に教えていただいています。


そのほか、定番のオムライス、ナポリタン、コロッケ、
スコッチエッグやピカタ、ドリアのおいしいつくり方。

ご当地ならではの洋食メニューを、
甲斐みのりさんはじめさまざまな方にご紹介いただいた企画など、

お腹のいっぱいになる一冊です。

家族やお友達との夕食に。
ぜひ、洋食をおつくりになってみてはいかがでしょうか。
きっと喜んでもらえること間違いなしです。


さて、
今号では、かわいいおもちゃを手づくりするページも。

IMG_5754


「大人も子どももたのしめるおもちゃ」をコンセプトに、

動物のモビールや、

かわいい布のお花、

IMG_5294


ガーランドなど、
IMG_5423


そのまま飾ってもかわいらしく、お子さまも喜びそうな、
おもちゃのつくり方をご紹介しています。

IMG_5755


型紙つきで、つくりかたもとても簡単。
連休中に、お子さまと一緒につくってみては、いかがでしょうか。

こちらも是非、お試しになってみてくださいね。

盛りだくさんの6月号。

赤いギンガムチェックの、
「洋食」らしい表紙が目印です。 書店でぜひ、お手に取っていただければ幸いです。

すてきな休日をおすごしくださいね。

(編集部 O)






tennen_ld at 15:22コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月21日

天然生活6月号ができました。
特集は、「洋食レッスン」です。

内容は、
北から南へ“名店”求め
ご当地洋食を、あの人と

渡辺麻紀さん
基本のソースと定番洋食

記憶に残る、一皿の物語
あのとき食べた、思い出の洋食

竹花いち子さん
オムライスとコロッケとナポリタン

老舗の洋食物語

孫の手が加わって、つくりやすく
温故知新の洋食レシピ

など、盛りだくさん!

渡辺麻紀さんの基本のソースと定番洋食では、トマトソースと、ホワイトソースとデミグラスソースの作り方と、それを使った基本の洋食のレシピを紹介しています。
ビーフシチュー

ビーフシチューのお肉がとろとろで、絶品でした!
ロール


そして竹花いち子さんのオムライスも、驚くおいしさ。
オムライス


ご自身の懐かしい記憶とともに、ページをめくっていただければ幸いです。

編集部Y

tennen_ld at 18:28コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月11日

桜前線も本州を通過し、編集部のある東京では、葉桜に。
新緑が気持ち良い季節となってまいりましたね。

そんな絶好の行楽シーズンですが、
先週末は、編集部は4月20日に発売する天然生活6月号の
校了作業で、編集部にこもり、校了の作業をしておりました……

特集は、
「洋食レッスン」


IMG_2194


北から南へ“名店”を求めて、ご当地洋食を食べ歩いたり、
基本のソースと定番洋食のレシピがあったり、
記憶に残る、思い出の洋食をエッセイで紹介していただいたり、
老舗の洋食物語を一部レシピ付きでご紹介したり……

etc. …………

どれも美味しそうで、
見ているだけで
お腹の虫が騒ぎ出します!!


詳しい内容は、来週のブログにて!

表紙は。。。というと、

IMG_2192


スコッチエッグ!!
お肉に包まれた卵のかわいさといったら!!
この行楽シーズン、お弁当のおかずにもぴったりですよね。

ぜひ、ぜひ、お楽しみに!!
(編集T)


tennen_ld at 11:56コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月29日

二十四節季では春分、七十二候では桜始開(桜の花が咲き始める時季をあらわす)。
IMG_3080

編集部のある新橋は、桜がだいぶ満開に近づいてきました。今日は暖かいので、また一気に桜が咲きそうです。

卒入園、卒入学シーズンで、
4月から、いままでよりも早起きになる、お弁当がはじまるなど、生活が変わる方も多いのではないでしょうか?(私もそのひとりです)

『天然生活』5月号の特集は、「わたしの朝時間」。
16-16489-053[1]


みなさん、上手に1日のスイッチをオンにしていて、参考になります。たとえば、セージを焚く、洗濯機を回す、朝の掃除、手紙を書くなど……、いくつかの決めごとをつくっておくことが、朝のリズムをつくってくれるようです。

そして、いちばんの楽しみといえば、朝ごはん。
あらかじめつくっておいたスープストックをつかって、「朝、仕上げるスープ」のレシピ(坂田阿希子さん)や、6人の方の「すこやかな人の朝ごはん」などをご紹介しています。

「早起きは三文の徳」と思えるような、朝のヒントを見つけてもらえたらうれしいです。

「ひかえめなアクセサリー」の企画もあります。
お気に入りのアクセサリーをつけることも、1日のスイッチをオンにするきっかけになるかもしれません。

そのほか……
<お出かけしたい春におすすめの企画>
・牧田敬子さん「巻き寿司といなり寿司」
・「私の旅スタイルと荷物の中身」
・佐藤かなさんのソーイング「着まわしできる簡単服」

『天然生活』定期購読キャンペーンも行っています。いま定期購読を新規でお申し込みいただくと、3号連続半額にてご購入いただけます。詳しくは『天然生活』5月号P.96をご覧くださいね。

tennen_ld at 13:10コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール
シャボン玉せっけん×天然生活
シャボン玉せっけん×天然生活
記事検索
QRコード
QRコード