2017年04月17日

IMG_0856

東京は満開が過ぎ、桜吹雪が舞っています。
木々が芽吹き、新緑の季節ですね。

季節の変わり目で、体調を崩しやすいときですね。
天然生活5月号(特集「栄養は大切です」)は、
おかげさまで、たくさんの方から、
アンケートで「参考になりました」などのうれしいお言葉をいただいております。
まだの方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

さて、今日は今週木曜日20日に発売になります『天然生活』6月号について少し。
特集は、「海辺の暮らし、里山の暮らし」です。
IMG_0483

小豆島や八ヶ岳、読谷村、丹波篠山、佐渡島、西粟倉村の、
自然と寄り添いながら暮らす方々をご紹介しています。

そのほかにも、
高山なおみさん「おから」と「すじこん」のレシピ
中川糸子さん まっすぐ縫うだけでできるもの
夏から秋まで楽しむワンピース
行楽日和、うちのお弁当
いわさきちひろのおしゃれ
時間の上手な使い方
など、これからの行楽シーズンにも役立つ、
盛りだくさんの内容になっています。

まったくの余談ですが、先日横浜のズーラシアという動物園に行きました。
サバンナゾーンで、チーターとシマウマ、キリンなどが一緒に暮らしていて、
肉食のチーターが一緒に?と疑問に思い、調べてみたら、
チーターは自分より大きな動物は襲わないので大丈夫なのだそうです。
まだまだ知らないことがいっぱいですね。
IMG_0761


お出かけに気持ちのいいこの時期は、
陶器市やクラフト市など、楽しいイベントがたくさんあります。
みなさんも、素敵な春をお過ごしください。

(編集K)

tennen_ld at 16:20コメント(0)トラックバック(0) 

2017年04月04日

こんにちは。


今日は、「天然生活」の最新号のお話です。
6月号のテーマは、「栄養が大切です。」。

栄養に関する基本のお勉強ページから、
みんなの食サプリのオムニバスや、
便利な栄養満点の常備菜レシピまで幅広く紹介しています。

私自身も、この企画の取材を通して、
改めて食生活の大切さを再認識しました。


それ以前は、時間が取れず、夜の調理をさぼり、
夕ごはんに購入した総菜ばかりが続いていた時期。
朝起きれば、顔はむくんで常にパンパン。
でも、食生活を改善したと同時に、
そんな悩みもぱたりとなくなりました。
もしかしたら、、、塩分の取りすぎだったのかな、、、
と、いまは反省しています。

みなさんにとっても、
「天然生活」最新号が
普段の食生活を見直すきっかけになれば、うれしいです。


では、その内容とは・・・

mago


「体にやさしいつくりおき」では、
医学博士の吉村裕之氏が提唱した
爐泙瓦呂笋気靴ぁ匹慮斥佞砲修辰
栄養バランスのとれた食事を見直します。





sedambetu

「世代別、食べ方指導」は、30・40代、50代、60代別に、
必要な栄養の取り方を紹介しています。




そのほか、第二特集では
目利きが買ったもの、

mekiki







ソーイングページは、お弁当包みのつくり方。
おむすびケースやポーチタイプなど、
5種類のつくり方を紹介しています。
FullSizeRender





ぜひ、お楽しみください







tennen_ld at 19:45コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月22日

日々春めいてきましたね。
桜の開花もそろそろでしょうか。

さて、天然生活5月号が発売になりました!
今回の特集は「栄養」です。
新生活がはじまる季節、あらためて、食事について考えてみるきっかけにしていただけたらと思います。
IMG_2508


栄養士の考えるバランスのよい献立3日分
IMG_2509

必要な栄養が十分に摂れて、なおかつ、おいしい。
元気に日々を過ごすために知っておきたい栄養のポイントと献立を3人の栄養士に教えていただきました。


管理栄養士の宗像先生に教わる、晩ごはんの主菜から考える副菜
IMG_2510

1日の食事のバランスの指針となる、四群点数法をもとに、
主菜、副菜の組み立て方を教えていただいています。

元気な方の秘けつを拝見、私の食サプリ
IMG_2511

疲れたとき、食欲がないときに頼れる、
とっておきの私流の食サプリを教えてもらいました。

特集のほかには、
雅姫さん、谷匡子さん、恵藤文さん、平井律子さんなど
目利きの10人の方が、今年買ったものや、
春に履きたいスニーカーの特集、
まのあきこさんに教わるお弁当包みのご紹介もあります。

新しい季節、これからの生活のご参考にぜひご覧くださいませ。

そして、私は次号の取材で、兵庫県の丹波篠山へ。
おだやかで美しい里山で暮らす方々を取材して来ました。
IMG_2486


芽吹きの季節を迎えた里山はとても美しくて、フキノトウやアサツキを収穫したり、
暮らしのアイデアをたくさん教えていただきました。

みなさまもどうぞ春を満喫してくださいね。

(編集K)



tennen_ld at 10:35コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月26日

天然生活編集部では、編集部員とアルバイトを募集しています。雑誌、天然生活の企画立案と取材、関連の書籍、ムックの制作などが業務内容です。締切は1月16日の消印有効です。詳しくはHPまで。http://www.chikyumaru.co.jp/recruit.html

tennen_ld at 10:48コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月14日


こんにちは。
気づけば、今年もあと二週間ほど。
師走は名前の通り、やはりあっという間に過ぎていきますね。

今年最後の発売(12月20日発売)になります、
天然生活2月号が、先日校了いたしました。 


特集は「暮らしのノート拝見」。

カバーはこちらです。

天然2月表紙見本



ぱっと目をひくお料理のスケッチは、
堀井和子さんのノートの1ページ。 気になる中身は、本誌でぜひお確かめくださいね。


今回の特集では、
日々の食事の記録や、旅の記録、ファッションに関するメモ書き、レシピノートなど…
暮らしの中でさまざまな役割をもつ、「ノート」にまつわる企画を集めました。


私が担当させて頂いたのは、
出張料理店「あゆみ食堂」の店主・大塩あゆ美さんの「献立ノート」。

お料理を仕事にしはじめてから、かたわらにずっと携えていたという、
レシピや献立のメモ、ノートの数々。
それらを今回、特別に見せて頂きました。

あゆみさん撮影風景


ずらりと並んだ記録の山は、本当に壮観。
眺めているだけでわくわくしてしまうような、お料理のアイデアにあふれていました。

今回はそれと合わせて、
年末年始にぴったりな「おもてなし料理」のレシピも多数ご紹介頂いています。


ビーツコロッケ


こちらは、色鮮やかなビーツのコロッケと、鶏むね肉のフライ。
鶏むね肉がこんなにふっくら柔らかくなるのか…!という驚きや、
ビーツにマスタードを利かせたアクセントのあるコロッケの味わいなど、
ところどころに、工夫や遊び心の見える、あゆみさんのお料理は、
見ても、食べても楽しめるものばかり。

さらに、お家でも簡単に実践しやすい材料や工程のものばかりでした。
クリスマスや、お正月に、ぜひおつくりになって頂けたら嬉しいです。



もうひとつ、今回、取材をさせて頂いたのは
老舗の大学ノートで有名な「ツバメノ―ト」。


ツバメノ―ト



天然生活でお世話になっている取材者さんや、ライターさんをはじめ、
多くの方から愛用の声を聞くノートです。

取材では、社長さまをはじめ、
「ツバメノ―ト」に古くから関わり、妥協のないものづくりをしている職人の方にお話を伺いました。

取材後に、おみやげとして持たせて頂いたのは、
会社特製の「ツバメロゴ入りm&mチョコレート」(非売品です)!

ツバメチョコ


可愛くて、もったいなくて、食べられません…。


昔から変わらず、真摯な姿勢でノートをつくる「ツバメノ―ト」ですが、
こんな風に、新たなグッズや、新作ノートの開発にも力を注ぎ続けるなど、
新しい挑戦も怠らず、おもしろいものを追い続ける、そんな姿勢もまた魅力的でした。

ノート好きの方はもちろん、今まであまりノートにこだわったことのない方にも、
ぜひ読んで頂きたい、物語ページです。


そのほか、
これから新年のスケジュール手帳を探す方にはぴったりの
「文具店おすすめのかわいい手帖カタログ」や、
暮らし上手の8人の方々に聞いた、ノートの使い方。などなど、盛りだくさんに仕上がりました。


12月20日(火)発売です。

気忙しくなりがちなこの時期ですが、合間の休憩に。
ぜひ、お手にとって開いていただけたなら幸いです。

発売をお楽しみにしていてくださいね。


編集O


tennen_ld at 17:41コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール
シャボン玉石けん×天然生活
シャボン玉石けん×天然生活
記事検索
QRコード
QRコード