天然はぅす ぶろぐ

徒然なるわがまま日記です。

AYUMI - 青年期

4.大学 - 責任?

 

なつきの気持ちを間接的?にも知ってしまった俺は

 

 

 

 

 

 

いったいこの後どうしようか悩んでいた

 

 

 

 

 

 

大学生のくせに学校も行かずに。。。

 

 

 

 

 

 

いや学校へは車に乗って向かっているのだが

 

 

 

 

 

 

通り道であるその地方都市が近づくと

 

 

 

 

 

 

ついつい

 

 

 

 

 

 

ゆきひこの家へステアリングをさばいてしまう

 

 

 

 

 

 

で、いつものごとく駅前でたむろ

 

 

 

 

 

 

なつきとは待ち合わせをするでもないのによく会う

 

 

 

 

 

 

自然と他の二人より交流は多くなっていた

 

 

 

 

 

 

運命?

 

 

 

 

 

 

そんなことも考えずにピュアな関係を保っていた

 

 

 

 

 

 

そんなある日

 

 

 

 

 

 

なつきがひとみのことを話し始めた

 

 

 

 

 

 

「ひとみねぇ今度の日曜日に告白するんだってぇ」

 

 

 

 

 

 

え。。。

 

 

 

 

 

 

「でもたぶんフられるよ」

 

 

 

 

 

 

「だって先輩は好きな人いるらしいし」

 

 

 

 

 

 

「その好きな人の方がかわいいもん」

 

 

 

 

 

 

「え。。。」(お前友達だろ。。。)

 

 

 

 

 

 

女って残酷。。。

 

 

 

 

 

 

「でも仕方ないよねぇそればっかりわぁ」

 

 

 

 

 

 

「うん。。。」

 

 

 

 

 

 

「もしかして俺があおっちゃったから告白するのかなぁ」

 

 

 

 

 

 

「うん!そうだよたぶん」

 

 

 

 

 

 

「後悔したくないって言ってたもん」

 

 

 

 

 

 

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

あなたが今、俺が知らない先輩のそんなこと話すから

 

 

 

 

 

 

撃沈わかってるのに突撃しろって言っちゃったみたいじゃんかぁ

 

 

 

 

 

 

そ。。。そんなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

今なら間に合う。。。

 

 

 

 

 

 

引き止めるべき?

 

 

 

 

 

 

いや、わからん!

 

 

 

 

 

 

その先輩とやらも自分が好きな娘より

 

 

 

 

 

 

好きになってくれる娘を選ぶかも知れない

 

 

 

 

 

 

ましてや「気持ち伝えないで後悔するより」って

 

 

 

 

 

 

告白を勧めておいて

 

 

 

 

 

 

 


今さらどうやって引き止めるんだ。。。

 

 

 

 

 

 

だぁ〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

うん、うん、

 

 

 

 

 

 

大丈夫!(って思いたい。。。)

 

 

 

 

 

 

「ねぇ〜おなかすいたねぇ?」

 

 

 

 

 

 

こらぁ〜

 

 

 

 

 

 

そんな話しを振っておきながら

 

 

 

 

 

 

腹が減っただとぉ〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

まぁ少し腹ごなしすれば

 

 

 

 

 

 

この難題も解けるかも知れない(ありえない!)

 

 

 

 

 

 

「んじゃロイホ(ロイヤルホストっていうファミレス)行こうか」

 

 

 

 

 

 

「うん!!」

 

 

 

 

 

 

ロイホに着く

 

 

 

 

 

 

軽く食事をして

 

 

 

 

 

 

コーヒーを飲んで

 

 

 

 

 

 

なつきの話しに笑い

 

 

 

 

 

 

今日は帰ることにした

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

ひとみのことは?

 

 

 

 

 

 

なぁ〜んも考えませんでした。。。

 

 

 

 

 

 

なつきの雑談で考えることを忘れてしまったらしい

 

 

 

 

 

 

そしてその日。。。

 

 

 

 

 

 

運命の日曜日

 

 

 

 

 

 

夕方から夜になりかける頃

 

 

 

 

 

 

ひとみの告白のことなどすっかり忘れて

 

 

 

 

 

 

たまたま自宅で図面書き(一応、建築設計の専攻してるもので)

 

 

 

 

 

 

自宅の電話が鳴る

 

 

 

 

 

 

誰もいなかったので普段ならシカトなのだが

 

 

 

 

 

 

その日ばかりはなぜか出る

 

 

 

 

 

 

「はい、もしもし」

 

 

 

 

 

 

「けんちゃん?」

 

 

 

 

 

 

「あれ?ひとみ?」

 

 

 

 

 

 

「うん。。。」

 

 

 

 

 

 

「。。。」

 

 

 

 

 

 

「どうしたぁ?」

 

 

 

 

 

 

今日がその日などすっかり忘れていて

 

 

 

 

 

 

「なんかあったかぁ?」(ひどい。。。)

 

 

 

 

 

 

「あのね。。。」

 

 

 

 

 

 

「うん」

 

 

 

 

 

 

「。。。」

 

 

 

 

 

 

しゅっ。。。

 

 

 

 

 

 

しゅっ。。。(鼻をすするような音)

 

 

 

 

 

 

「ひとみどうかしたか?」

 

 

 

 

 

 

「フられちゃったよ。。。」

 

 

 

 

 

 

「もうやだ。。。」

 

 

 

 

 

 

「え??」

 

 

 

 

 

 

あ!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

今日がその日だったぁ〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

「家にも帰りたくない。。。」

 

 

 

 

 

 

「え???」

 

 

 

 

 

 

「どこにいるの?」

 

 

 

 

 

 

「教えない。。。」

 

 

 

 

 

 

「なんでさぁ〜」

 

 

 

 

 

 

「家に帰ってゆっくり寝ることだよ」

 

 

 

 

 

 

「それが一番いいよ」(無責任な。。。)

 

 

 

 

 

 

「やだ!」

 

 

 

 

 

 

「帰らない!」

 

 

 

 

 

 

「わかった!」

 

 

 

 

 

 

「今から行くから場所教えて」(またまた無責任な。。。)

 

 

 

 

 

 

「学校。。。」

 

 

 

 

 

 

「日曜のこんな時間に学校でなにしてるのぉ〜〜〜〜」

 

 

 

 

 

 

「待ってろ!今行くから」(軽く1時間近くかかるけど。。。)

 

 

 

 

 

 

「うん。。。」

 

 

 

 

 

 

ププゥーー

 

 

 

 

 

 

ツーツーツー

 

 

 

 

 

 

公衆電話かよ!

 

 

 

 

 

 

切れちゃうんかよ!

 

 

 

 

 

 

そりゃぁカッ飛ばしましたよ

 

 

 

 

 

 

1時間かかるところを30分くらいで行きましたよ

 

 

 

 

 

 

ひとみ達の学校

 

 

 

 

 

 

校門は閉まってる

 

 

 

 

 

 

よじ登って入る(捕まっちゃうじゃんか。。。)

 

 

 

 

 

 

宿直の先生はいないのかよ!ってくらい静か。。。

 

 

 

 

 

 

正面玄関に誰かが座ってる

 

 

 

 

 

 

こんな状況じゃなかったら恐くていやだけど(情けない。。。)

 

 

 

 

 

 

「ひとみ?」

 

 

 

 

 

 

うわぁぁぁ〜〜〜〜ん

 

 

 

 

 

 

泣きながら抱きついてくる

 

 

 

 

 

 

「ヨシヨシw」

 

 

 

 

 

 

「よくがんばったね」

 

 

 

 

 

 

「やっぱりフられちゃったよぉ」

 

 

 

 

 

 

「やっぱりなんて言うんじゃないよ」

 

 

 

 

 

 

「これも人生。。。絶対にいいこともあるから」

 

 

 

 

 

 

「やだぁ〜」

 

 

 

 

 

 

「今日は帰ろう」

 

 

 

 

 

 

「で、時間が経てばいい想い出になるからさ」

 

 

 

 

 

 

「ならないもん」

 

 

 

 

 

 

「大丈夫だよ」

 

 

 

 

 

 

「明日また遊ぼうよ」

 

 

 

 

 

 

「今日のこと忘れるように楽しませてあげるからさ」

 

 

 

 

 

 

「ねっ」

 

 

 

 

 

 

「うん。。。」(渋々。。。)

 

 

 

 

 

 

「俺が告白しろなんて言っちゃったんだから」

 

 

 

 

 

 

「きちんと『責任』取るし」

 

 

 

 

 

 

あれ?今やばいこと言わなかったかけんじ。。。

 

 

 

 

 

 

「うん。。。」

 

 

 

 

 

 

ひとみを家まで送り

 

 

 

 

 

 

帰路につく

 

 

 

 

 

 

なんか消化不良というか

 

 

 

 

 

 

歯がゆいというか

 

 

 

 

 

 

そう。。。

 

 

 

 

 

 

まさかねぇ。。。

 

 

 

 

 

 

これをきっかけに俺とひとみは付き合うことになりました

 

 

 

 

 

 

そう。。。

 

 

 

 

 

 

責任?

 

 

 

 

 

 

情?

 

 

 

 

 

 

いや!

 

 

 

 

 

 

真剣に想ってた彼女が恋しくなったのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、なつきは?

 

 

 

 

 

 

聞かないでください。。。

 

 

 

 

 

 

彼女には申し訳ないことした気がします

 

 

 

 

 

 

決して『付き合おう!』とか言った訳じゃないけど

 

 

 

 

 

 

思わせぶりな態度をしてたのに

 

 

 

 

 

 

正直、気に入ってたのに

 

 

 

 

 

 

ひとみと付き合うことになってしまって。。。

 

 

 

 

 

 

でも。。。

 

 

 

 

 

 

俺の知らないところで

 

 

 

 

 

 

ひとみとなつきは手を打っていたようです

 

 

 

 

 

 

その後も二人は親友で

 

 

 

 

 

 

よく遊んでました

 

 

 

 

 

 

3人で遊ぶこともありました

 

 

 

 

 

 

どうなってるんだろ。。。

 

 

 

 

 

 

いまだ真相はわかりません。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青年期? 1.就職 - 新入社員へつづく...

※携帯でご覧の方は「*」ボタンでお進みください。

 

AX

3.大学 - 愛『情?』

 

大学の授業が終わると某地方都市の私鉄駅前へ

 

 

 

 

 

 

当時、携帯なんてでかくてめちゃ高いもの

 

 

 

 

 

 

ポケベルすら限られた人しか持ってない

 

 

 

 

 

 

だからいつも駅前でいつもの時間にというのが待ち合わせの約束

 

 

 

 

 

 

レーザーディスク※のカラオケ、ボーリング、ビリヤード

 ※CDがでっかくなったみたいなやつ

 

 

 

 

 

ありきたりな遊びだったけどいつもの5人で過ごしていた

 

 

 

 

 

 

そんな時間を過ごしているとちあきは俺の友達に本気になっていた

 

 

 

 

 

 

俺はそんな気持ちを知って普通でいられなかった

 

 

 

 

 

 

だって友達には地元に彼女がいることを知っていたから

 

 

 

 

 

 

やっぱりというタイミングでちあきから相談を持ちかけられる

 

 

 

 

 

 

そのタイミングとは友達がライブの練習で4人で遊ぶことになったのだ

 

 

 

 

 

 

男1人に女3人

 

 

 

 

 

 

普通ならハーレム状態、大喜びのはずだが

 

 

 

 

 

 

なにげに予感していたせいもあり素直に喜べなかった。。。

 

 

 

 

 

 

いつものごとくカラオケボックス

 

 

 

 

 

 

こんなタイミングで行くなよ!って感じもするが

 

 

 

 

 

 

いつものように歌は歌うが話が盛り上がると予約の間ができる

 

 

 

 

 

 

何度目かの間の時にちあきがトイレに立つ

 

 

 

 

 

 

やっべぇ〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

案の定、ひとみから俺の友達の気持ちを確認される

 

 

 

 

 

 

「ゆきひこ※さんってちあきのことどう思ってるのかなぁ」

  ※ 俺の友達の名前(匿名)今さら書いてることに気付いたw

 

 

 

 

 

「さぁ〜どうかなぁ。。。」

 

 

 

 

 

 

「ごまかさないでよぉほんとに聞いてないのぉ?」

 

 

 

 

 

 

どうしよう。。。

 

 

 

 

 

 

ほんとのこと言うべきか、言わざるべきか。。。

 

 

 

 

 

 

ん?なんで俺は他人のことで悩んでるんだ?

 

 

 

 

 

 

内緒にしといてなんて頼まれてないんだし

 

 

 

 

 

 

あいつ、彼女を大学に連れてきたこともあるし

 

 

 

 

 

 

いつかばれることだし

 

 

 

 

 

 

「あいつ実家に彼女いるから恋愛感情は。。。。。。」

 

 

 

 

 

 

ちあきがタイミング悪くトイレから戻ってくる

 

 

 

 

 

 

テレビドラマじゃねぇんだから

なんちゅぅタイミングで戻ってくんだよぉ

 

 

 

 

 

 

ひとみもなつきも、もちろん俺も場が悪そうにむかい入れる

 

 

 

 

 

 

ちあきはそんな空気に気付く

 

 

 

 

 

 

「なぁにぃ〜?どうしたのぉ〜?」

 

 

 

 

 

 

なつきはごまかそうと必死に

 

 

 

 

 

 

「え〜けんじさんの好きな人を聞いてたのぉ」

 

 

 

 

 

 

「3人の中にタイプの娘はいるかとかさぁ」

 

 

 

 

 

 

あちゃぁ〜

 

 

 

 

 

 

その言い訳はだめでしょぉ〜

 

 

 

 

 

 

「え〜そうなのぉ〜」

 

 

 

 

 

 

「で、誰だってぇ?」

 

 

 

 

 

 

きゃぁ〜それじゃ俺がやばいじゃぁ〜ん

 

 

 

 

 

 

「けんじさんはなつきがタイプだってぇ」

 

 

 

 

 

 

こらぁ〜ひとみぃ〜俺はそんなこといっこもいってへんがなぁ

 

 

 

 

 

 

「そうなのぉ? いいなぁなつきは両思いでぇ」

 

 

 

 

 

 

 


ぎゃぁ〜なんでそうなるのぉ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 


。。。

 

 

 

 

 

 

 


あれ?俺ってまたまたはめられた?

 

 

 

 

 

 

ガヤガヤと時は過ぎ3人を送ることに。。。

 

 

 

 

 

 

もうはめられるのはコリゴリとこないだとは違うルートで

 

 

 

 

 

 

 


ちあきを降ろし

 

 

 

 

 

 

 


不満そうななつきを送り

 

 

 

 

 

 

たすかったぁ〜と思いながら最後にひとみ。。。

 

 

 

 

 

 

 


「さっきはほんとビックリだったよねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ちあきったらタイミング悪いんだもん」

 

 

 

 

 

 

 


そんな問題じゃないよぉ。。。

 

 

 

 

 

 

「わたしもねぇ今好きな人がいるんだぁ」

 

 

 

 

 

 

「同じ学校の先輩」

 

 

 

 

 

 

「でも告白しようか迷ってるんだぁ」

 

 

 

 

 

 

なにをいきなり。。。

 

 

 

 

 

 

「そうなんだぁでもなんで告らないの?」

 

 

 

 

 

 

「だってさぁフラれたら学校行けないじゃん」

 

 

 

 

 

 

 


「気持ち伝えもしないで後悔するよりいいとおもうよぉ」

 

 

 

 

 

 

「だってわたし男の人と付き合ったことないし。。。」

 

 

 

 

 

 

え???ということは。。。

 

 

 

 

 

 

「じゃぁずっと言わないで卒業するつもり?」

 

 

 

 

 

 

「それで進学や就職して会わなくなって忘れる?」

 

 

 

 

 

 

 


「たとえそれで忘れたとしてもまた誰かを好きになって」

 

 

 

 

 

 

 


「同じ事を繰り返すつもり?」

 

 

 

 

 

 

 


なにを偉そうなこと言ってるんだ俺は。。。

 

 

 

 

 

 

 


こんな時っていつも自分に言い聞かせながら話してる

 

 

 

 

 

 

 


「そうかなぁ。。。」

 

 

 

 

 

 

「そうだよねぇ。。。」

 

 

 

 

 

 

結局結論はでないまま家に到着

 

 

 

 

 

 

なつきの気持ちを中途半端に聞いてしまった状態で

 

 

 

 

 

 

 


またも一人帰路につく。。。

 

 

 

 

 

 

 


帰りの運転

 

 

 

 

 

 

 


またまたまったく覚えてません

 

 

 

 

 

 

赤信号はきちんと止まりました

 

 

 

 

 

 

それはきちんと覚えてましたw

 

 

 

 

 

 

俺の気持ちはどうなんだろう。。。

 

 

 

 

 

 

自分でも自分の気持ちがわかりません

 

 

 

 

 

 

たしかに顔は好みだし、性格もいい娘だし

 

 

 

 

 

 

 


でも何かが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かが足りないんです。。。

 

 

 

 

 

 

 


そう。。。俺が何かしてあげなくても大丈夫なんですいつも

 

 

 

 

 

 

 


頼られることが少ないんです

 

 

 

 

 

 

 


たぶんそこがグッと気持ちが揺らがない部分なのかも知れません

 

 

 

 

 

 

 


まったく俺ってやつは贅沢ものです。。。

 

 

 

 

 

 

 


さてさてこの次どうやって顔を合わせて良いものか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青年期? 4.大学 - 責任?へつづく...

※携帯でご覧の方は「*」ボタンでお進みください。

 

AX

2.大学 - 恋愛

 

大学2年の秋になるとサークル仲間のバンド活動が頻繁になった

 

 

 

 

 

 

そう!学園祭☆

 

 

 

 

 

 

友達を好きになった女子高生がいてずっと「おっかけ」されていたw

 

 

 

 

 

 

タイミング良く俺が「遠距離」を理由にフられたばかりで

 

 

 

 

 

 

友達は気を遣い?

 

 

 

 

 

 

その娘とその友達2人と俺の5人で遊ぶことを計画した

 

 

 

 

 

 

ん?人数あわなくね?

 

 

 

 

 

 

友達の「おっかけ」ちあき(匿名)

 

 

 

 

 

 

俺のタイプのなつき(匿名)

 

 

 

 

 

 

その二人と仲良しのひとみ(匿名)

 

 

 

 

 

 

5人で俺の車に乗ってカラオケに行ったり

 

 

 

 

 

 

某地方都市の繁華街で遊んだりした

 

 

 

 

 

 

そのまま友達の家でダベる事になり

 

 

 

 

 

 

朝方まで大いに盛り上がった

 

 

 

 

 

 

っていっても健全にね。。。w

 

 

 

 

 

 

そして俺が女の子達を車で送っていくことになったのだが

 

 

 

 

 

 

普通は友達の家から近い順に送るのだが

 

 

 

 

 

 

その日は親が少し厳しいという理由で遠い順に送ることに。。。

 

 

 

 

 

 

遠いといっても隣町なのだが、まずひとみを送っていく

 

 

 

 

 

 

俺の車に乗り込み後ろにひとみ、ちあき

 

 

 

 

 

 

助手席になつき

 

 

 

 

 

 

ん。。。?

 

 

 

 

 

 

俺の車は当時スープラ

 

 

 

 

 

 

2ドアのスポーツカー走り屋仕様

 

 

 

 

 

 

先に送るひとみが助手席に座るべきなのだが

 

 

 

 

 

 

まぁお気にの娘なのでOKみたいなw

 

 

 

 

 

 

女3人で車内は盛り上がり俺はただの運転手

 

 

 

 

 

 

ひと言ふた言あいづちしているまに到着

 

 

 

 

 

 

「またねぇ〜」

 

 

 

 

 

 

そう言いながらひとみを降ろし

 

 

 

 

 

 

後ろにちなつ

 

 

 

 

 

 

やっぱりなつきが助手席

 

 

 

 

 

 

ちなつは疲れたのか無口に

 

 

 

 

 

 

なつきは話す相手を俺に切り替えて

 

 

 

 

 

 

質問の嵐www

 

 

 

 

 

 

「どんなタイプの娘が好き?」

 

 

 

 

 

 

「本当に彼女いないの?」

 

 

 

 

 

 

「5歳も年下だけど恋愛対象になるもの?」

 

 

 

 

 

 

え。。。え。。。えぇ〜

 

 

 

 

 

 

その質問ってまさか俺に気があることのアピールですかぁ

 

 

 

 

 

 

うれしさ反面、素直に困惑していた

 

 

 

 

 

 

だって今日会ったばかりだし

 

 

 

 

 

 

しかも彼女と別れたばかりでそんな気には。。。

 

 

 

 

 

 

ん?元ホストが何言ってんだって聞こえてきそう。。。

 

 

 

 

 

 

そんなことは言われ慣れてるので気にしないもん。。。

 

 

 

 

 

 

で。。。とうとう次のお家に到着

 

 

 

 

 

 

 


半寝状態のちなつを起こし見送る

 

 

 

 

 

 

 


。。。

 

 

 

 

 

 

 


あれ?俺ってはめられた?

 

 

 

 

 

 

なつきを送るために家の場所を聞くと

 

 

 

 

 

 

「まだうちは平気だよぉw」

 

 

 

 

 

 

 


なにを言っているんだ君わぁ〜

 

 

 

 

 

 

 


あれよこれよと言い訳して家の場所を聞き出し

 

 

 

 

 

 

とりあえず家の近くに行くことにした

 

 

 

 

 

 

 


ふぅ〜(ため息w)

 

 

 

 

 

 

近くのちょっとした広場で車を止めていろいろ話し始める

 

 

 

 

 

 

でも確信には絶対近づかない

 

 

 

 

 

 

今日会ったばかりでそういうことを言うのは軽く見られる

 

 

 

 

 

 

そんな感触でお互い遠慮しがちに話す

 

 

 

 

 

 

ちょっとした沈黙が訪れる

 

 

 

 

 

 

(まずい!!!)

 

 

 

 

 

 

心で俺がつぶやく

 

 

 

 

 

 

っておいおい目をつぶってるぞ

 

 

 

 

 

 

 


(そ。。。そういうことなのかぁ〜)

 

 

 

 

 

 

(いやいや眠くて目をつぶってしまっただけでしょう)

 

 

 

 

 

 

(じゃぁそのスキに奪ってしまえ!)

 

 

 

 

 

 

(駄目だよ!ほんとに寝てるだけなんだから)

 

 

 

 

 

 

(いやいやキスを求めてるんだよ)

 

 

 

 

 

 

 


(そんなわけないじゃんかぁ〜今日会ったばっかだし)

 

 

 

 

 

 

 


(時間なんか関係ないだろぉ〜)

 

 

 

 

 

 

 


(勘違いしてるだけだって俺になんか興味ないって)

 

 

 

 

 

 

 


数秒の間に天使けんじと悪魔けんじが戦ったw

 

 

 

 

 

 

 


相手は渋谷あたりにいる娘じゃなくて

 

 

 

 

 

 

某地方都市で育った純粋な娘

 

 

 

 

 

 

さすがの俺も天使が勝った

 

 

 

 

 

 

「なっちゃん眠いなら帰ろうよ」

 

 

 

 

 

 

 


ぎゃぁ〜もしマジにそれを求めてたなら俺は相当ひどい事を言ってるぅ

 

 

 

 

 

 

「私みたいな娘はタイプじゃないんだ。。。」

 

 

 

 

 

 

 


どっへぇ〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

やっぱそうだったのねぇ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

弱冠16歳の乙女心を傷つけてしまったぁ〜

 

 

 

 

 

 

どぅしよぉ〜

 

 

 

 

 

 

「そうじゃないよ。。。」

 

 

 

 

 

 

「そんな軽い気持ちで行動したくないだけだよ」

 

 

 

 

 

 

 


。。。

 

 

 

 

 

 

「ありがとう。。。」

 

 

 

 

 

 

 


うまくいったかぁ〜???

 

 

 

 

 

 

続きを聞かぬまま彼女は車を降りて家に向かって歩き始めてしまった

 

 

 

 

 

 

ど。。。どうしよう。。。

 

 

 

 

 

 

おもわず車を飛び降りて彼女の元へ

 

 

 

 

 

 

ぎゅぅ〜

 

 

 

 

 

 

策略にはまってしまった。。。

 

 

 

 

 

 

近づいたとたんに俺に抱きついてきたのだ

 

 

 

 

 

 

「じゃぁ今日はこれで我慢しておく」

 

 

 

 

 

 

か。。。かわいぃ。。。

 

 

 

 

 

 

帰りの運転

 

 

 

 

 

 

 


まったく覚えてません

 

 

 

 

 

 

赤信号きちんと止まったのかさえも。。。

 

 

 

 

 

 

自分家に着いてもあの抱きしめた温もりが腕の中に残ったまま

 

 

 

 

 

 

はまりそうな予感です。。。

 

 

 

 

 

 

でも。。。

 

 

 

 

 

 

そのまま事が進まないのが俺の人生らしい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青年期? 3.大学 - 愛『情?』へつづく...

※携帯でご覧の方は「*」ボタンでお進みください。

 

AX

★ Ranking ★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
Subscribe with livedoor Reader
リンク用バナー
リンクいただける際にご利用ください
★ Sales ★



★ Archive ★
★ Search ★
★ Access Ranking ★
★ Little love ★


いつでも里親募集

★ Access Counter ★

    ★ Twitter ★
    ★ Facebook ★
    ★ Instagram ★
    Instagram
    ★ Comment ★
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。