2011年04月

2011年04月18日

『プロ店長になる88の心得』感想

こんにちは、長岡です。気付けば早4月。北軽井沢もずいぶん春らしくなってきました。

今回は『プロ店長になる88の心得』という本の感想を書いていきたいと思います。店長の仕事とは何か、どんなことに気を配り、実践していけばいいのかということがこの本には詳しく書かれています。店長という括りだけではなく、お客様と接する機会が多いサービス業の方でも共感出来る部分が多いのではないかと思います。

店長とは、いわばその店の看板的存在です。店長の存在をお客様に知っていただくことで、お客様と信頼関係を築いたり、地域との関わりを持ち、多くの方から愛されるお店になることが期待できるのではないでしょうか。お客様が当店に何を求めているのか、期待しているのか、そのニーズを見極め、お店に反映させていきたいと思います。

もちろん、お客様だけでなく、スタッフの育成・管理も店長としての重要な仕事の1つです。多数いるスタッフの意思を統一させること、役割分担を明確化すること、スタッフの人数が多くなればなるほど難しくなっていくことだと思いますが、1つ1つ丁寧に説明し、出来ないこと、難しいことは弊社の教育方針であるO.J.Tに則り、教育を行っていこうと思います。4月から弊社にも新人が入社してきました。私も1年前は新人として、社長、専務、先輩方からご指導をいただきました。今度は私も指導する側の人間です。まだまだ未熟な部分は多々ありますが、指導しながら気づくこと、学べることはたくさんあると思うので、頑張っていきたいと思います。

お店のことは当然のこと、店長は会社全体の経営面も理解が必要です。人件費や光熱費、売上、仕入れ価格等どのくらいのコストがかかっているのか、売上は悪い時はその原因は何か、向上させるにはどうすればいいのか。ただ単に目の前のお店の状況だけではなく、もっと先のことまで視野に入れていかなくてはいけないのが店長の務めだと思います。そういった部分が私にはまだまだ不足しています。もっと長いスパンで、物事を見極めていけるよう、努めていきたいと思います。

今月末にはパンやさんもオープンする予定です。今年の北軽井沢パン工房は、一部、店内のレイアウトを変え、お客様により快適に過ごせるような店内になっています。イートインコーナーも昨年よりスペースを広くしたので、ゆっくりと過ごしていただければと思います。オープンまであと少しですが、頑張っていきたいと思います。今年もたくさんのお客様に出会えることを楽しみにしています。

長岡

tennenkoubo at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)