近畿地方が梅雨明けしました。
お隣のコンビニ跡の改装工事も始まりました。
(残念ながら、コンビニさんは入りません。)

IMG_20180709_112236

西日本豪雨の犠牲者の数も増え続けていますし、被害状況も甚大です。
災害が起こるたびに思います。

「テニスのことなんか、書いてていいのか?」

よくはないのかもしれません。
でも、私にはこれしかできません。
商売を頑張り、わずかですが募金をしようと思います。

18周年のことを書いてしまいましたので、お祝いの言葉を多数いただきました。
ありがとうございます。
お客様にはあまり関係ないことなのに、書いてしまってすみません。

こんなお店でも続けていますと、様々な相談をされることもあります。
繁盛店ならばお答えできると思うのですが、細々と続けている店ですので、ご希望されるようなお答えはできません。
何度か書いていますが、守ろうと思っていることは、近江商人の「三方よし」の理念です。
(守ろうと思っているだけで、できてはいませんが・・・)

売り手よし、買い手よし、世間よし

(店よし、客よし、世間よし と言われたもしますね。)
売り手の都合だけで商いをするのではなく、お客様に心から満足していただく、さらに商いを通じて社会貢献ができなければならない。
テニスショップなんて、ぼろ儲けできる商売ではありません。
でも、お客様の笑顔や涙を見ることができる素敵な仕事だと私は思っています。

そういう私も、テニスの道には成り行きで入ってしまいましたし、テニスショップも成り行きです。
昔は、「この道でいいのか?」と思ったこともありました。

石川啄木の短歌にありますよね。

こころよく 我にはたらく仕事あれ それを仕遂げて死なむと思ふ

こころの底から気持ちよく働くことができる天職が欲しい、その仕事を成し遂げて死にたい。
そんな意味だと思いますし、現状の仕事への不満の気持ちもあるでしょう。
でも、天職かどうかなんて、気持ちの持ちようじゃないですか?
お金を稼ぐためには、生活するためには、嫌なことだってたくさんあります。
逃げてばかりいては、結局先に進めないこともあるように思います。
何か別の仕事を追い求めていては、今の仕事は絶対に成功しないのでは?
もちろん、様々な事情や事例はあるでしょうけど。

私は、ある時から、この仕事を、「こころよく我にはたらく仕事」だと思うようにしました。
そうすると、「仕遂げる」にはどうすればよいかを考えて、努力するだけです。
努力をしていると、だんだん「こころよく我にはたらく仕事」になってきたような気がします。
私の大きな勘違いかもしれません。
それでも、仕遂げるまでは死にたくありません。

生かされていることに感謝し、もがいて、もがいて、死ぬまで頑張ろうと思います。
さ、明日も展示会に行ってきます。

★人気blogランキング参加中★読んだ後は一日一回応援のワンクリックをお願いします。