転勤族ヨメの子育て日記

転勤族の旦那と結婚し、地元を離れドタバタの毎日。 子供も生まれて日々奮闘中の転勤族ヨメのブログです!

赤ちゃんのヘアカット

赤ちゃんの髪型は
本当に個人差が大きい






赤ちゃんでもフサフサの子もいれば
全然生えてない子もいる。






量だけじゃなく




なんかいい感じに伸びている子もいれば




セイ君のように
前だけ伸びて、後ろは全然という





アンバランスなベビーもいるのである。













ということで
前髪が目にかかるまえに



生まれて初のヘアカットをすることにしました!








ネットで調べてみると


赤ちゃんの毛は柔らかいので
多少下手でもいい感じにおさまる


とのこと!





なんだ楽勝じゃん!












裸にして、ベビーチェアにお座り頂き


いざ!









と思いきや




暴れる暴れる






首をブンブン振り回しハサミを拒否!






本能で恐いとかわかるのかな?








前髪カットはハサミが顔に
あたりそうなので髪を持ちあげてカット






記念に髪の毛はとっておきたいし
長さがあったほうがいいよね












ザクッといったら






あああ
完全に切りすぎた






もう前髪とかじゃない




根元!!
もう根元だよ!






両親に写真を送ると大爆笑


スズキくんは苦笑いでした。。。








いくら毛がフサフサの赤ちゃんでも
切りすぎはどうにもならん




ということがわかりました。







もうママは髪の毛を切らないと
心に決めたよ




セイくんごめんよ











ちなみに切った毛は
セロハンテープで止めてへその緒と
一緒に保存しました!



あと一部育児ノートにも!






まぁこれも記念ということで。



早く伸びますように!





子供の心肺停止 救護法

本日、子供の救護についての
レクチャーを受けてきました。




消防士さんが来て
心肺停止になったときの救護法を
教えて頂きました。




AEDの使い方や心臓マッサージの方法は


免許取得時や学校などで教えてもらいますが、それの乳児バージョンです。





まずは
足を触って意識の確認し
119番通報とAEDの手配する。




ここまでは大人と同じです。

そのあと心臓マッサージを行うのですが




乳児と大人との違いは





大人の場合、何かしらの異常で心臓が止まり呼吸が止まることが多いが





乳児の場合は寝返りや、布が覆い重なるなど呼吸が止まることで心臓が止まることが多いそう。




そのため、大人には最近必要ないと言われ始めた


人工呼吸が乳児には必要


とのことでした。















乳児への人工呼吸は





顎をあげて気道確保


鼻と口を自分の口で覆い二回息を吹き込む


入らなくても入っても
必ず2回で心臓マッサージにうつることが大切なんだそうです。

またあまり強く吹き込むと胃の軌道に空気が入って嘔吐してしまう危険があるため

軽く胸が膨らむ程度に吹き込むと良いとのこと。












心臓マッサージは



乳首と乳首の真ん中を垂直に
中指と薬指2本で押す


これを30回







人形で練習させてもらいましたが

かなりの力が必要でした!














乳児救護の手順

①足を触って意識確認

②救急車とAEDの手配を頼む

③胸に手を当て呼吸を確認

④30回の心臓マッサージ

⑤気道確保して、鼻と口を自分の口で覆い、2回息を吹き込む

⑥4と5を繰り返す





他にもAEDの使い方を習ったんですが、
生後1ヶ月から大人用のAEDを同じように使えるのは初耳でした。








救護法はたまに習う機会もありますが
いざとなると忘れてしまいがち




さらに我が子が、、となれば
100%テンパります!!!




しかも子供だと

AED使っていいの?とか

心臓マッサージこんなに強くやっていいの? 

とか戸惑ってしまうと思うので





定期的にこういったレクチャーを
受けるのが大切だなぁと思いました。



子供の成長に複雑な思い

子供の成長


それは本当に喜ばしいこと









イメージでは
初めて立った赤ちゃんに





ほらあなた!この子立ってるわよ!







とか夫婦で喜ぶイメージ












いや、本当に嬉しいことなんだけど










実際は複雑な気持ちだったりする。
















うちのセイ君は平均よりも少し成長が早くて



寝返りもハイハイも



え?もう?




てな感じで
すんなり出来てしまった。






きっとのんびりな赤ちゃんのママに言うと怒られてしまうけど




正直想像していたように
目を潤ませて感動!!
という感じではなかった。













嬉しいは嬉しいけれど、





ハイハイし出した時は

もうあのコロコロ寝返ってるのを見ることはないのかぁと

少し寂しく思ったりもした。







まだ月齢の小さな赤ちゃんを見ると




うちの子も大きくなったなぁと
感慨深く思うと同時に




もう一度新生児の頃のセイ君を
ダッコしたいなぁと





不可能なことを思って
少し切なくなったりする。











母心は複雑だなぁ。






まぁあとは
出来ることが増えるということは




危険なことをする可能性も増えるということ





ハイハイやつかまり立ちをすれば


今まで安全だった家具の配置や
コンセントなど全てを見直さなければいけない。





嬉しい悩みだけど。







とにかく赤ちゃんの成長は早い







昔を懐かしむのではなく、



今!




後悔しないように

動画を撮りまくらなければ!!
ギャラリー
  • ライブドアブログ