2018年01月

こんにちは 飼育スタッフです
ブログチェックのみなさま ありがとうございます

さて だいぶ日にちが開いてしまいましたが
11月20日スタッフブログの「だ~れだ?」のこたえ
みなさんお分かりになったでしょうか?


こたえはジャガーのルース(♀)さんでした
IMG_3468(ルース)

このときは向かって左側のお部屋にいましたが
ルースさんとジャガオさんはときどき展示場が入れ替わっています


向かって右側のお部屋にいるときいは木の上でまったりしたり
IMG_3727s

うとうとしたりしていますよ
IMG_3729s


向かって左側のお部屋にいるときは
お肉入りのブイを転がしてよく遊んでます
IMG_4952s

ときどきカメラ目線も
IMG_4950s


厳しい寒さが続いていますが しっかり防寒対策をして
お部屋ごとに楽しみを見つけるルースさんに会いに来てくださいね



こんばんは飼育スタッフです
ブログチェックのみなさま ありがとうございます

悲しいお知らせです
本日1月25日17時02分にアジアゾウのラニー博子(メス)が亡くなりました
推定48歳で国内で4番目に高齢のゾウでした
DSC03971 (1)s

ラニー博子さんは以前から肢に膿が溜まりやすくなっていて治療を繰り返していました
昨年の夏ごろからは両前肢の化膿が進行して歩行に支障をきたすようになってきたため
治療を続けていましたが 1月23日から展示場に出なくなってしまいました
昨日1月24日には開園時間中に起立不能になり
治療を続けていましたが 本日(1/25)17時02分に死亡しました


ラニー博子さんは 1970年に大阪で開催された万博博覧会を記念して
インド政府から贈られました
来園時のラニー博子s
来園当時のラニー博子さん


来園から47年間という長い間 天王寺動物園の人気者だったラニー博子さん
園内のいろいろなイベントに登場してくれました

IMG_0545s
2016年冬至の日イベントでおばけかぼちゃを一息で踏み潰して
豪快にかぼちゃにかぶりつくラニー博子さん


IMG_9214s
昨年9月18日の敬老の日イベントのときは好物のスイカをプレゼントされて
うれしそうなラニー博子さん

ラニー博子(平成29年12月10日撮影)s
こちらは昨年12月10日のおやつタイム♪樫の木をむしゃむしゃ


ラニー博子さんは世代を超えてたくさんのファンの方々に応援いただきました
来園以来47年間ラニー博子をかわいがっていただき本当にありがとうございました


明日1月26日からゾウ舎屋内展示室に献花台を設けます
また献花台にはラニー博子さんへのメッセージシートをご用意いたします
天国に行ったラニー博子さんとの思い出やお別れのメッセージをいただければと思います
みなさまからの温かいメッセージをお待ちしております



こんにちは 飼育スタッフです
ブログチェックのみなさま ありがとうございます


残念なお知らせです
カリフォルニアアシカのエリー(♀)が1月20日に亡くなりました
☆訃報 カリフォルニアアシカ エリー 担当者より


エリーは1988年生まれで29歳でした
アシカの寿命は25~30年といわれていますので天寿を全うできたとは思いますが
もっと元気で長生きをしてほしかったので残念です
IMG_5209(エリー)s

今までエリーをかわいがっていただいた皆様ありがとうございました





天王寺動物園は今日は休園日
ブログチェックのみなさまありがとうございます

フタコブラクダ担当さんから21日の日曜日に実施した
★フタコブラクダ・ジャックさんのお宅訪問★
についてのお便りが届きましたよ〜
 
前回悪天候のため中止になったフタコブラクダのジャックのお宅訪問、今回は天気も良く無事に開催できました。
 5467
今回はプチ応援団の方々にも恩返しをしたいと思い、プチ応援団限定イベントにしてみました。
もう1つの目的が、いつも土日祝日と動物専門学校の生徒さんがふれあい事業を手伝ってくれているのですが、実戦経験も積んで欲しいとガイドをお願いしました。

 5469
ガイド役を買って出てくれたのが大阪ECO動物海洋専門学校の森元君!
さわやかスマイルですね!

 5471
飼育員がジャックの散歩している間、ラクダの生態について詳しくガイドしてくれました。
とても上手に説明してくれていて、参加者の皆様もわかりやすかったと思います。

 5473
飼育員はジャックについて、どのような想いで飼育しているかなどお話しました。

 5475
参加者の皆様には実際触ってみてコブがどんな感じなのかなども感じていただきました。

5477
今回は少人数での開催で30分間ゆっくりフタコブラクダについて学んで感じてジャックの魅力を再確認していただけるイベントになったと思います。

また機会があれば開催したいと思いますー。

↑このページのトップヘ