2019年07月


天王寺動物園の人気者、コアラのアークの特別イベントを開催します

スライド1


2006年にオーストラリアで生まれたアークは今年で13歳、すっかりおじいちゃんの年齢となりました

今年の暑い夏も元気で乗り切ってもらうために、みなさんといっしょに”アーク父ちゃんの一日”を知っていただき、さらなる長生きを願いたいと思います。

開催日:令和元年7月26日(金)
内容:
 ① 「アーク父ちゃんの朝」
   時間:9:45集合 (9:30の開園と同時に集合場所へお越しください)
   集合場所:コアラ舎出口
   定員:20名 (先着順)
   アーク父ちゃんが寝室から外へ出るようすを、普段は入ることができないコアラ舎の中から観察しましょう
 ② 「アーク父ちゃんの午後」
   時間:13:30
   場所:コアラ舎
   アーク父ちゃんのことを知り尽くした担当者が、コアラやアーク父ちゃんについて解説します

まだまだ元気いっぱいなアーク父ちゃんが、もっともっと元気で長生きできるように応援していきましょう

1

2

3


みなさん こんにちは 飼育スタッフです。

ブログをご覧いただきありがとうございます♪

 

さて、突然ですが問題です。

714日は、世界中である動物の日とされているのですが、いったい誰の日なのでしょうか??

 

 

正解は、、、



WCD_Logo_Signature_t6xeix



「世界チンパンジーの日」

1960 7 14 日はジェーン・グドール博士が野生チンパン

ジーの研究のため、初めてゴンベ渓流国立公園へ足を踏み入れ

た日だそうです。

 

天王寺動物園でも、この714日にチンパンジーについてのスペシャルガイドをさせていただきます

詳細は次の通りです。

 

  日時:7/14() 13:15

  場所:天王寺動物園 チンパンジー舎屋内展示室

  内容:

・チンパンジーのガイド

   ・おやつを食べるチンパンジーを観察しよう!


チンプ1s


また、現在屋内展示室でも、世界チンパンジーデイについてパネルで紹介しています。

もしよければ、この機会に私たちによく似た動物、チンパンジーのことについて一緒に考えてみませんか?


みなさまのお越しをお待ちしております。

 
チンプ2s




みなさん、こんにちは
このたび、日本ハンザキ研究所の田口先生をお招きし、公開講座「両生・爬虫類の生態と保全」を開催します

日時:令和元年7月10日(水) 9:45~14:45
内容:
 9:45~12:45 田口先生による講義 @レクチャールーム
 13:45~14:45 両生・爬虫類飼育担当によるガイド @アイファー

参加を希望される方は、9:30の開園後すぐにレクチャールームへお越しください

スライド1

天王寺動物園は今日はいい天気
ご来園のみなさまありがとうございます
ブログチェックのみなさまありがとうございます

天王寺動物園でユーカリの庭に出ているときはコアラはコアラらしく過ごしているアーク父ちゃん
夜間はお部屋の中で過ごしていますが…
ある日の朝方外に出たいアーク父ちゃん

 https://youtu.be/_EWrDEXbolI

やっぱり外に出たいのか扉のところでうろうろと外に出たそうにしているアーク父ちゃん
毎晩30分〜1時間くらいこんなことをしていますよ

時間が長いので20倍速にしてみました 



このタイミングで扉を開けてあげれたらなぁ~っていつも思ってしまいますよ
                                                                                 ^~^

こんにちは、運営スタッフです。
ブログチェックのみなさま、ありがとうございます
天王寺動物園を支援してくださる、「天王寺動物園応援団」加入者の皆さま(※)を対象に、6月8日(土)および16日(日)に「バックヤードツアー」を開催しました
(※今回は平成31年2月~令和元年5月に加入された方が対象)
天候にも恵まれ、動物たちのお家を訪問してきました!様子を少しだけご紹介します

ライオン・ハイエナ舎
01
寝室を見学。飼育員さんからハイエナについてお話を聞きました

02
さっそく寝室にいるルナ、モナカの2匹とご対面
(8日はガオウと対面しました!)

03
おやつをあげている様子です
近寄ってきたり、低い声で唸ったり、みなさまを楽しませてくれました

サバンナ草食舎
04
エランドやシマウマの寝室を見学し、動物たちのいるサバンナへ。
幸弥がお出迎えしてくれました
奥でハルカスもこちらを見ています

05
幸弥に樫の葉やニンジンをあげている様子です
幸弥の舌の感触が好評でした

06
エランドの2匹も近くに来てくれました

カバ舎
07
寝室を見学し、普段のエサやペアリング等についてお話を聞きました


08
この時はティーナが近くに来てくれました
大きい口を開けて飼育員さんとのスキンシップをとる瞬間もあり、
みなさまも大喜びでした
(バックヤードツアーは班に分かれてまわるので、班によってはカバが姿を見せてくれないこともありました

このような貴重な体験ができるバックヤードツアーは「天王寺動物園応援団」加入者だけたくさんのご加入をお待ちしております。なお、次回のバックヤードツアーは令和元年6月から令和2年1月までの加入者を対象に、令和2年3月に開催予定です。
日時につきましては、決まり次第SNSなどでご案内させていただきます
(対象者、開催月は予定ですので、変更になる可能性があります。)
天王寺動物園応援団についてはこちらをご覧下さい
https://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu170/tennojizoo/information/support/supporter/

↑このページのトップヘ