こんにちは 飼育スタッフです
ブログチェックのみなさま ありがとうございます


さて、大阪南港ATCホールで開催中の「メガ恐竜展2017 -巨大化の謎に迫る-」に
天王寺動物園で暮らしていたアジアゾウの「ユリ子」さんの全身の骨格標本が展示されています
①アジアゾウ・ユリ子
在りし日のユリ子さん

ユリ子さんは2000年5月に推定52歳で亡くなるまで天王寺動物園の人気者でした
ユリ子さんが亡くなったあと、学術資料とするため骨格標本にして大切に保管していましたが、天王寺動物園内では展示できるスペースがなく みなさまにご覧いただく機会がないまま これまで倉庫で眠っていました


今回のメガ恐竜展では「巨大化」がメインテーマとなっていて、現存する陸上動物で最大であるゾウを代表してユリ子さんの全身骨格標本が展示されることになりました
IMG_0141s
こちらはメガ恐竜展準備中の会場で“初めて”組み立てられた直後のユリ子さん


また、最近の学説で恐竜の進化した姿が鳥と考えられていることから
ニワトリの「まさひろ」が広報大使に就任しています
P7250015s
広報大使就任のセレモニーまで開いていただきましたよ
スペインの博物館「ディノポリス」の館長さんであるルイス・アルカラ博士から委嘱状を手渡されました
ルイス・アルカラ博士はメガ恐竜展の目玉の一つ欧州最大の恐竜「トゥリアサウルス」の化石発見者のお一人です

P7250028s
立派な委嘱状と記念撮影する「まさひろ」


メガ恐竜展2017は9月3日(日)まで開催!
8月30日(水)には当園の恐竜好きの獣医師、ゾウの飼育員とまさひろが出張し、講話や撮影会が開催されますよ
詳しくは、メガ恐竜展2017公式ホームページ:http://mega2017.jp/をチェックしてみてくださいね~