こんばんは。飼育スタッフです。

悲しいお知らせが続いてしまいました。

フクロテナガザルのサンキチ(オス)が本日、9月13日に亡くなりました。

2014年生まれのまだ幼いサンキチの突然の死にスタッフもショックを受けております。
現在、死因については調査中です。

サンキチはレモン(オス)とナナ(メス)の第3子として天王寺動物園で生まれ、
2016年に生まれた第4子と両親の4頭で仲良く暮らす姿をごらんいただいておりました。
1番元気に飼育スペースを飛び回るサンキチは、多くのお客様を笑顔にしていました。

今までサンキチを可愛いがっていただいて、ありがとうございました。

新規 Microsoft PowerPoint プレゼンテーション