天王寺動物園は今日もいい天気
ご来園のみなさまありがとうございました
ブログチェックのみなさまありがとうございます


4月からホッキョクグマのおやつタイムの時間を不定期にしようと思います。
今年に入ってからクマ4種の展示時間中の常同行動(やることがなくて退屈を感じてる時などに同じ動きを繰り返したりする異常な行動)の頻度を調べてみました。
その結果、
1月
ホッキョクグマ
イッちゃん…約30%
S__91037706
 
 
マレーグマ
マーズ…約59%
マーサ…約54%
S__91037709


ツキノワグマ
コテツ…約46%
S__91037708


メガネグマ
ダイスケ…15%
プッペ…約2%
S__91037707

2月
ホッキョクグマ
イッちゃん…約32%

マレーグマ
マーズ…約48%
マーサ…約46%

ツキノワグマ
コテツ…約46%

メガネグマ
ダイスケ…約20%
プッペ…約4%
でした。

メガネグマは2頭ともお年寄りなので寝てることが多く、常同行動は少なめです(^^)
ですが、マレーグマとツキノワグマに関しては、実はホッキョクグマよりも常同行動をよくしています。
 
S__91037710
常同行動を減らすためにはオモチャを与えたり、エサをなるべく時間をかけて食べさせたり、エサの時間をランダムにしてわかりにくくしたりすることが有効です。
ちなみにマレーグマの常同行動が1月より2月の方が減ってるのは、おそらく展示場横の木を剪定して日当たりがよくなって日向ぼっこする時間が増えたからだと思います。
こうして居心地のいい場所を作ってあげることも有効です。
暑い時期には別の方法を考えないといけません。
 
 
S__91037711
これからはすべてのクマの暮らしをを充実させるためにあえてホッキョクグマのおやつタイムを不定期にして、いつおこなわれるかイッちゃん自身にもわからないかたちでやろうと思います。
また、他のクマたちのおやつタイムもやろうとすると時間の余裕もなくなるため、おやつタイムをする時間の告知ができない日が多くなると思います。
皆さんにはご不便をかけるかもしれませんが、クマたちにいい刺激を与えるためのやり方と考えていますのでご理解とご協力をよろしくお願いします。