カテゴリ: エンリッチメント

天王寺動物園は今日は雨が降ったり止んだりな天気
ご来園のみなさまありがとうございました
ブログチェックのみなさまありがとうございます


ホッキョクグマのゴーゴは14歳です。人間で言うと中年のおじさんくらいの年齢です。そこで筋力アップのため、時々高いところにエサの入った容器をぶら下げて、ジャンプしてとってもらうようにしています。 

簡単に取られるとあんまり筋トレにならないので届くか届かないかギリギリの高さを狙ってぶら下げます。
なかなか取れないとなると、今度は道具を使ったりもします。 

最後は少し下げてでも自力で取らせてあげるようにします😊
こうして筋肉や頭を使ってできるだけ退屈しないようにしています! 
 

天王寺動物園は今日は雨も降った一日でした
ご来園のみなさまありがとうございました
ブログチェックのみなさまありがとうございます

さてマレーグマ担当さんからお便りが届きましたよ〜
 
夕方、部屋に帰った後のマレーグマのマーズ、なにやら一生懸命にやってます…


マレーグマはとても長くて器用に動く舌を持っています。
野生下ではこの舌を活用してエサを手に入れてるはずですが、飼育下ではあまり使う場面がありません…
そこでエサの一部をこうやって与えてみました。
そのまま与えるより時間をかけて食べていました(^^)
 

動物園の動物たちはほとんどがおもてに出ている時間より狭い寝室で過ごす時間の方が長いんです。
お客様からは見えないですが、寝室での暮らしも豊かになるように工夫していきたいと思います!

こんにちは 飼育スタッフです
ブログチェックのみなさま ありがとうございます

マレーグマ舎の前を通りかかるとエンリッチメントのために付けたフィーダー(給餌器)と格闘中の
マーズ(オス)とマーサ(メス)さん発見


格子の隙間からおやつが投入されるのをめざとく発見するマーズさん
IMG_5822s
すぐさまフィーダーに向かい、無我夢中でフィーダーにしゃぶりついてます
IMG_5831s
あ~んっ!
IMG_5887s
まだ入ってるかな?と持ち上げるも
IMG_5849s
手がすべってフィーダーが頭に直撃
IMG_5827s

一方のマーサさんは?
壁にフィーダーを押し付けてすべらないようにもぐもぐ♪
IMG_5844s
なんだかご満悦な表情
IMG_5852s

向かって左がマーズさん・右がマーサさん
IMG_5840s


少し時間をおいてまた様子を見に行くと
マーズとマーサ場所が入れ替わってましたが
2頭とも同じポジションでフィーダーと格闘してましたよ~
IMG_5912s


おのおの好きなポジションでフィーダーと格闘する2頭のマレーグマ
天王寺動物園にお越しのときは、ぜひゆっくりみてくださいね~





こんにちは。飼育スタッフです。
ハクビシンの飼育担当者からお知らせですよ~



先日、ZOOフレンズの皆さまから
「ハクビシンたちに
と、消防ホースで編んだフィーダー(給餌器)をプレゼントしていただきました

普段のハクビシンたちは、開園中のほとんどを寝て過ごしています
まだ、可愛い寝顔や寝姿が見えればいいのですが、奥の方で寝ていると
お尻のあたりしか見えないことも多く・・・

お尻しか見えない○つき
そこで、今回いただいたフィーダーを時々使って、動いて餌を食べている姿をみなさんに見ていたこうと挑戦中です

しかし、フィーダーにセットするエサが問題
好物でにおいもするお肉やバナナはネチョッとするのではさみにくく、はさみやすい生のにんじんやさつまいもはにおいも少ないしそんなに好物でもない
いろいろ試してみて、そんなこんなで、今はりんごをあげることが多いです

食べ物のにおいがすると、こんこん(オス)はたいてい起きて探しにきますが、人前で餌を食べたがらないぱむ(オス)は、定位置のまま
こんこんは動くけどぱむは定位置のままブログ 
実は、街中で電線の上をわたって移動できてしまう身体能力の持ち主のハクビシン
動物園では、そこまでの能力は披露できませんが、タイミングがあえば上手に木登りしたり、
こんな風にフィーダーからエサを取る様子をごらんいただけますよぉ~
消防ホースフィーダーのりんごを取ろうとしているブログ

ZOOフレンズの皆さまありがとうございます

皆さまもかわいいハクビシンたちに会いに来てくださいねっ

天王寺動物園は今日はなんとか天気ももちました
ご来園のみなさまありがとうございました
ブログチェックのみなさまありがとうございます

メガネグマの展示場には穴のあいたブイをチェーンでぶら下げています。
このブイの中に小さく切ったエサを入れて、クマたちがそれを時間をかけて食べるのですが、オスのダイスケはブイを激しく揺らして中のエサを出します。
メスのプッペは自分の舌を入れてエサを掻き出そうとします。
ダイスケのやり方の方が短時間でたくさんエサを出せるのですが、プッペにはプッペなりのこだわりがあるようです。
担当者としては利用してくれるのならどちらのやり方でもいいんですけどね(^^)

なかなかピントが合いませんが、プッペの舌の動きをご覧ください。 


↑このページのトップヘ