カテゴリ: コビトマングース

みなさんこんにちは
悲しいお知らせです。

先日、コビトマングースのメス・メグミが亡くなりました。
IMG_9102

メグミは、2016年3月に天王寺動物園にやってきました。
と、聞くと、若い子が亡くなったように思われるかもしれませんが、メグミの場合、天王寺動物園に来た当初からすでに大人で、誕生日が分からない個体だったため、年齢がまったく分かりませんでした。

メグミ自体とても元気で、若々しく見えましたが、今年の春先から、メグミが食べても食べても太らないようになってきました。

その様子から、メグミはもしかしたら高齢なのではないかと想定をして、ケアをするようにしておりました。

IMG_9104

まず、動物性の食べ物の種類が当時4,5種類だったところを8〜10種類に増やしました。

これによって、カロリー摂取量を増やして、被毛の質を上げるとともに、筋肉量をアップすることを狙いました。
また、ハズバンダリートレーニングによって定期的に体重測定を行い、見た目と体重を確認しながら餌の調整を行いました。
IMG_9110

その結果、一時期痩せているように見えたところから、体重・見た目ともにある程度いい状態をキープすることができていたと思います。


しかしながら、この秋の気温の上下は、小さい身体には少しこたえたようで、天気の悪い寒い日には一日中巣穴の中から出てこないこともありました。

担当者でミーティングをし、メグミを温度調整ができるバックヤードへの引っ越しも検討しましたが、
暖かい日中にはオスのユキオと仲良く日向ぼっこをしていることもあり、1頭にするとより元気がなくなってしまうかもしれないと判断して、
巣穴の中に乾草などを敷き詰め、床暖房で温度管理をしながらケアをしていたのですが…
このような結果となり大変残念です。
IMG_9103

解剖の結果、肝臓の機能が低下していたことや、貧血だったことなどが分かりました。
その他の臓器の様子からも、やはり加齢による衰えがあったのではないかと考えております。

亡くなる直前までしっかりとご飯は食べていたので、胃の中には食べ物がしっかり入っていたそうです。

私自身は、亡くなる3日前に写真を撮りに行ったのが、メグミとの最後の時間となりました。
可愛い写真をたくさん撮らせてくれて本当にありがとう、メグミ。
IMG_9097
みなさまにもメグミをたくさん可愛がっていただき、ありがとうございました。

コビトマングースは本来群れで生活をする動物ですので、今は元気なユキオもメンタル面が心配です。
しっかりとケアをし、できる範囲でコミュニケーションをとっていきたいと思います。
IMG_9108

みなさんこんにちは
ブログのチェックありがとうございます


さぁ、今日は、アフリカサバンナゾーンで暮らす、ある私のイチオシ動物を紹介したいと思います。

彼らは、アフリカサバンナゾーンにいる動物の中でいちばん小さな身体をしており、
巣の中でひっそりと過ごしていることも多いので、
もしかしたら見たことのない方もいらっしゃるかもしれません。

その動物とは、、、彼らです。
IMG_5259


この姿を見て種類を言える方はすごい!!笑
こちらは、コビトマングースと言います。

もちろん、名前の通り、マングースの仲間なのですが、
マングースと聞くとハブを思い浮かべるという方も多いのでは??

こちらのコビトマングースはコビトと名づけられている通り、
マングースの仲間の中でもかなり小さく、頭からシッポまで合わせても20㎝ちょっとのサイズしかありません。
小さな昆虫類やトカゲやネズミなどの小動物、小鳥の卵などが主食です。時には果物なんかも食べて暮らしています。
IMG_5260

ちなみに、一般的に知られるマングースも、実はハブを食べることはあまり好きではなく、
沖縄でも小型のネズミや昆虫などを食べるため、最近ではそれが問題になっていたりもします。
詳しく知りたい方は調べてみてくださいね☆

そんなコビトマングースは、自然界ではアリ塚や枯れた木の穴などに暮らしており、
天王寺動物園でも展示場に無数にある巣穴の中で暮らしています。
IMG_5261

そのため、なかなか姿が見えないこともあります。

そんなレアキャラ、コビトマングースなんですが、
結構器用で、穴を掘ったりいろんなものをイジイジしたりするのが得意♪

そこで、大好きな昆虫を餌にするときには、土の中に埋めてみたり、穴の開いたカプセルにいれてみたり、、、、
IMG_0043

とゲットするために一工夫できるような方法をとっています。

今日は、土に埋めた昆虫(ミールワームという小さな虫の幼虫)を探して食べる姿をのんびりと撮影してみました。

虫が苦手という方は、チラッと写ることがありますので、ご注意を

それでは、どうぞ

いかがでしたか?
ずんぐりむっくりな姿が動いているの、かわいくないですか

私の中では、イチオシの可愛らしさです♪

実物を見てみたい!!という方は、何度か時間をずらして展示場を覗きに行ってみてくださいね。

コビトマングースたちには、必殺技とも言える特技も持っていますので、
その様子は、次回ご紹介したいと思います。

お楽しみに


悲しいお知らせです。

コビトマングースのサチオとマナミが相次いで亡くなりました。

環境エンリッチメントとしてフィーダーなどを与えて少しでも幸せに暮らしてもらえたらと考えていましたが、根本的な飼育環境に不備がありました。
地球から預かっている大切な命を全うさせてあげることが出来ず本当に申し訳ない思いでいっぱいです。

サチオ、マナミごめんなさい

今後は飼育環境を改善し、天王寺動物園で暮らしている動物たちが少しでも幸せであるようにしていきます。
コビトマングース訃報
 

↑このページのトップヘ