カテゴリ: キーウィ

みなさんこんにちは
ブログのチェックありがとうございます


今日なんですが、タイトルにある通り
キーウィに少しの時間お散歩をしてもらいました

天王寺動物園では2羽のキーウィを飼育しています。
今日お散歩したのはメスの「プクヌイ」です。
IMG_2660

普段は夜行性動物舎で飼育されています。
(展示されているのはオスのジュンで、プクヌイはバックヤードにいます)

プクヌイは毎日行っている体重測定のデータから
夏頃に体重が落ちる傾向があることが分かっています。
IMG_2646
↑体重測定の様子。ケースの中にキーウィがいます。

というわけで、体重が落ち始める前に少しでも体重を増やしておきたいのです。


やってきたのは旧コアラ館屋外放飼場
ここに枯葉の山があるのですが、実はこれ
キーウィが食べる用の幼虫を育てるために置いているのだとか
IMG_2655
IMG_2656

ここでお散歩することによって、
野生本来のように細長い嘴を土や枯葉の山に入れて幼虫を探したり、
歩き回ることで運動不足解消にも繋がります。
また、夜行性ですが多少は日光に当たってもらいたいのです。


夜行性動物舎からキーウィに歩いて移動してもらうわけにはいかないので
IMG_2647
ケースごとスタッフが運びました

放飼場に到着
IMG_2649


IMG_2652

中々出てきません。

久しぶりの放飼場に緊張しているのかな~、と思いましたが

よーく見ると
IMG_2653

寝ていました(笑)

朝一だったのですが、この時間はまだ眠たかったようです。
このまま20分ほど寝ていました。

担当者からの助言で、スタッフがそーっと外に出したところ



活動し始めました





長い時間ではありませんが、
今後もプクヌイの体内時計が乱れない程度にお散歩させようと思います

もしキーウィのお散歩を見かけたら、そーっと見守ってくださいね



おまけ

うとうと中のプクヌイ


みなさん、こんにちは

天王寺動物園では、ジュン(オス)とプクヌイ(メス)の2羽のキーウィが暮らしています
野生のキーウィは、長いくちばしを地面に突き刺してミミズや昆虫などを捕まえて食べています。
天王寺動物園では牛の心臓肉を細長く切ったものなどを与えていてジュンは食べてくれるのですが、プクヌイがあまり食べません。
そのため、プクヌイにはかわりにコオロギやジャンボミルワームを与えています。
(写真は、ジュン)
ジュン

そんなプクヌイの体重が最近落ちてきてしまったため、11月中旬から強制給餌を行っています。
(「強制給餌」はエサをうまく飲みこめないペットにも行う方法で、人が動物の口にエサを入れて食べさせることによって、動物が体力をつけ、自発的に食べられるようになることを目指します
まず体重測定をして、プクヌイの状態を確認し。。。
プクヌイ体重測定
前日より体重はすこし戻っていましたが、もとの体重よりは軽かったため、キャットフードやサプリメントなどをミックスした流動食をプクヌイにあたえました。
プクヌイ強制給餌
これからますます寒い時期になっていきますので、プクヌイが少しでも体重を戻せるよう考えていきます。
(動物園内で甲虫の幼虫やミミズを採ってきたりもしています)
どうぞあたたかく見守ってください
お疲れさま、プクヌイ。
プクヌイ


~プクヌイの流動食の作り方~
材料
エサの材料
すべての材料をミキサーにかけます(水は複数回に分けて加えます)
材料をミキサーにかけます
大きめの注射器に取り分け、冷蔵庫で保存します
注射器に入れます
プクヌイに与える前に、湯煎で温めます

天王寺動物園は今日も休園日
ブログチェックのみなさまありがとうございます

日本では天王寺動物園でしか観ることのできない飛べない鳥キーウィ!
オスのジュン、メスのプクヌイの2羽のキーウィが暮らしています。ジュンは展示場で暮らしているので普段から観ることが出来ますが、プクヌイさんはバックヤード暮らしなのでなかなか観ることが出来ません。
体調を崩して食欲がないときに大好きなカナブンなどの幼虫やミミズを食べることが出来るように担当者が作戦を立てているのです。
 
大成功の様子を動画にまとめたので観て下さいね〜 
 
元気な幼虫たちはすぐに土の中に潜っていきますが、キーウィのプクヌイさんにとっては全然お構いなし!潜った幼虫たちを次々と探し当て美味しくいただきましたよ〜

^〜^
 

みなさん こんにちは
今日は、明日10/26と明後日10/27のナイトズーに関して、特別なお知らせがございます

天王寺動物園では、10月の週末に秋のナイトズーを行なっておりましたが、
今週末が今年最後のナイトズーです

そこで、耳より情報です
ナイトズー最終2日間、コアラ館・屋外のユーカリの森にキーウィのプクヌイさんがお散歩にやってきます

IMG_0295


時間は正確には決めていませんが、外が暗くなってからを予定しております。

ユーカリの森に対して、キーウィはかなり小さめですので、なかなか見つけにくいところもあるかもしれませんが、
もしよければぜひ一度覗きに来てください

ちなみに、実はこっそりと先週・先々週にもお散歩を行なっておりましたので、
そのときの実際の様子をご覧ください

※赤色ライトを当てていますので、映像全体が赤くなっております。
Facebookの方では、ライブ配信を行っていたので、それでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

ただし、気候やプクヌイさんの体調によっては、突然の中止もあり得ますので、その点はあらかじめご了承ください。

プクヌイさんは普段バックヤードで暮らしているキーウィですので、夜行性動物舎では、ナイトズー期間も普段と変わらずオスのジュンを展示しております。
プクヌイさんが見にくいという場合は、夜行性動物舎にも行ってみてくださいね


天王寺動物園は今日は休園日
ブログチェックのみなさまありがとうございます

天王寺動物園で暮らしているキーウィのジュン&プクヌイ
日本では天王寺動物園でしか観ることの出来ないキーウィたち
しかも屋外で元気にえさを探したり追いかけっこしたりする姿はナイトズーでしか観れません!

何度も鳴き合わせをするときもありますが、19日にははじめと終わり、昨日は最後だけ鳴き合わせをしましたよ

終わりのときは19日にも20日も閉園の音楽がなり始めるとジュンが鳴き始め鳴き終わるとプクヌイが鳴いていましたよ 
20日の様子をジュンが鳴いてる途中から動画でどうぞ
 
 出口へむかうみなさまへさよならを言ってるみたいでしたよ
^〜^ 

↑このページのトップヘ