カテゴリ: アイファー(爬虫類生態館)

みなさまこんにちは
ブログのチェックありがとうございます

アイファー入ってすぐ、本館に入る前、風除け室で出迎えてくれるのが、ホルスフィールドリクガメ(学名:Testudo horsfieldii)。

アイファー
の嘴(クチバシ)問題・・・

前肢の指が4本だから・・・ヨツユビリクガメとも呼ばれます。

ロシアリクガメとも呼ばれることがありますが・・・ロシアにはいません・・・

と思う方もいると思いますが、アフガニスタンヨツユビリクガメ、カザフスタンヨツユビリクガメ、トルクメニスタンヨツユビリクガメの3亜種に通常分けられており、これらは主に旧ソ連圏の個体を調べた結果に基づくものであるらしく1・・・それでロシアリクガメと呼ばれるのかも。

上から見るとまんまるまっちいくて、まるでメロンパンなのでメロンパンリクガメとも呼ばれることも(←まったくの嘘です)。
melonhors

Fmeloncpy

ただ、体が平たく、背甲、腹甲ともに柔らかいため2)パンケーキの名で呼ばれるパンケーキリクガメ属と、リクガメ科の中で形態から見て最も近縁な属である3)とされるので、「メロンパンリクガメ」もありかな、と思うのですが・・・

 

で、ヨツユビ君()の嘴問題。カメには歯はなく、するどい嘴が歯の役目をします。草食性の彼らは根の張った植物を嘴で引きちぎって食べます。この時嘴はすり減り、欠けるなどを繰り返してバランスを保っています。飼育下ではこれが伸びすぎることがあり、口を開けても、伸びた嘴が葉っぱを押し戻してうまく噛みつけないなど、うまく食べ物を口の中へ入れることができなくなることも・・・

そこで、定期的なトリミングが必要となってくるのですが、爪切りやニッパーなどを使うと、力のかかり具合によっては折れてしまったり、縦割れしてしまうこともあるので、ルーターで削って整えます
biforeafter

1)     安川雄一郎:チチュウカイリクガメ属の分類, Creeper, No.13, 20-23, クリーパー社(2002)

2)     小家山仁:リクガメ大百科, 64-65, マリン企画(2003

3)     安川雄一郎:チチュウカイリクガメ属の分類, Creeper, No.1, , クリーパー社(2000)

現在天王寺動物園は休園中ですが、開園した際は、ぜひアイファー;爬虫類生態館にもお立ち寄りください


みなさまこんにちは

ブログのチェックありがとうございます

2月3月は時の流れがはやいよ、と昔からよく言われていましたが、ほんとにそうですね…

さて、この週末、南港ATCホールでレプタイルズフィーバー2021Winterが開催されます

そして!天王寺動物園もPR出展しています

たいる

生き物の展示はしておりませんが

ずふぃ

こちら!

アルダブラゾウガメの骨格標本を展示しています
(レプリカではありませんので、手を触れないようにお願いします)

某有名ゲームの影響でカメの甲羅はすぽっと胴体から離れると思っている方も少なくないのでは・・・?

しかし、実際にはもちろんそんなことはなく、

ばー

背中に背骨がくっついて状態で、背骨と広がった肋骨で甲羅が作られています

そして、肩甲骨や骨盤は甲羅の中に収容されています。

骨格標本を見ればその様子がよくわかります!

れぷ

爬虫類生態館(アイファー)の紹介パネルもありますよ!


ぜひレプタイルズフィーバーに行かれる方は当園のブースにもお立ち寄りくださいね

良い週末を~

レプタイルズフィーバーの詳細はこちらから↓
https://www.tv-osaka.co.jp/event/reptiles2021winter/






みなさん、こんにちは

今回は、天王寺動物園のアイファー(爬虫類生態館)のバックヤードで暮らす、
ちょっとムチムチしててポテっとしててウルウル(白目の部分の色素が濃いので黒く見えるだけなのですが・・)しててヒョウモントカゲモドキみたいにビビッドではないパステル調のモルフ(注:色や柄のこと)がとてもかわいい、
ニシアフリカトカゲモドキ・・・

診察したところ、はっきりとした原因は分かりませんでしたが、下腹部に咬傷のような傷口が。。。
開いていたため、麻酔をかけて眠ってもらい
(これから麻酔をかけますよー
ニシアフリカトカゲモドキ麻酔
(イヌ等用の麻酔マスクにすっぽり。まさに全身麻酔です。)

おなかの傷口の壊死した組織をきれいにし(デブリードマンといいます)、縫合しました。
(ニシアフリカトカゲモドキのおなか
ニシアフリカトカゲモドキ縫合

どうぞお大事に
ニシアフリカトカゲモドキ
(麻酔から覚めたところで、ちょっと寝ぼけ眼。。。



ビビッドなヒョウモントカゲモドキはこちらです
ヒョウモントカゲモドキ

みなさん、こんにちは

さて、ヘビなどの爬虫類の歯は、一生のあいだにどんどん生え変わっていくのですが、
アイファー(爬虫類生態館)のバックヤードで暮らしているミドリニシキヘビ(グリーンパイソン)の歯が、いつもより多く抜けたということで診察へ

口の外に唾液が出るなどの症状はなく、そこまでひどくありませんでしたが、かるい口内炎を起こしていたため口の中を消毒し、
ミドリニシキヘビの口

抗生剤の注射を打ちました。
ミドリニシキヘビに注射

しばらく治療を続け、口内炎はおさまってきています。
体はやせていませんので、無理にエサを食べさせることはせずに見守りたいと思います。
ミドリニシキヘビ

どうぞお大事に



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
みなさまに大切なお話をさせていただきます。
最近、コメント欄が荒れてしまうことが多く大変困っています。

ブログはみなさまに楽しんでいただきたい思いから運営をしており、お子様も目にする機会が多いと思います。
当園に対するご意見はもちろん真摯に受け止めますが、
読者さまどうしや特定の個人に対する誹謗中傷、他園の批判など、ブログを楽しみにご覧いただいている方を不快にさせてしまう内容も増えています。
みなさまどうぞ、良識のあるコメントをお願いいたします。

このままの状況が続くようであれば、予告なく内容の削除、コメント欄の閉鎖を行う場合がございます。
あらかじめご了承ください。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

みなさんこんにちは

ブログのチェックありがとうございます。

この季節、ただでさえ体調を崩しやすいですが、それに加え今年はコロナが…と少し暗い気持ちになってしまいます

しかし!!!
明けない夜はありませんし、ひとりひとりが感染予防、対策、をして、一日も早く収束することを願いましょう

さて、先日「は虫類生態館(以下アイファー)」で暮らすオオサンショウウオの身体測定を行いました
ウオと付きますが、魚ではなく、カエルやイモリと同じ両生類の仲間です。
動物の仲間分け、「分類」で示すと、両生綱有尾(イモリ)目オオサンショウウオ科に属しています。

オオサンショウウオは土地開発などにより生息数が減少し、1952年に特別天然記念物に指定されました。また、近い将来において、野生での絶滅の危険性が極めて高いとされる絶滅準絶滅危惧種に指定されています。

さて、

展示場にお邪魔して
おお



体重と

さん



体長を測ります

しょう



と、このついでに、貴重な写真を

てて


オオサンショウウオのお手手!!!(ヒトでいうてのひら)

(手、と表現するよりもお手手と言った方が適しているような気がしてお手手にしました

こっちのお手手の指は、過去にケンカなどでかじられた後、再生したものだそうでちょっといびつな形をしていますが

ててて


さてここでみなさまにオオサンショウウオの「目」を探してもらいましょう!

めめ

↑この写真でわかったあなたはなかなかのオオサンショウウオ好き!?



めめめ


さぁ、わかりましたかーー?

IMG_5924


ここでしたっ

はい、これで身体測定は終了です

ご協力ありがとう


↑このページのトップヘ