カテゴリ: 夜行性動物舎

みなさんこんにちは!
本日もブログのチェックありがとうございます

今回は夜行性動物舎からお知らせですよ~

夜行性動物舎では13種の動物を飼育しているのですが、その中からアライグマのエンリッチメントについて紹介します


アライグマといえば、あの有名なアニメ!皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?
北米原産の雑食性の動物ですが、天敵のいない日本で大繁殖し生態系への影響等が問題になっています
アライグマに罪はありませんが、、、

そんなアライグマ、手先がとっても器用だということをご存知ですか??
小さな手にはヒトと同じで5本の指があって、小さなものも器用に掴むことができます
AM

↑指が見えますか



現在天王寺動物園では、オスのアライグマを1頭飼育しています。
アライグマ
夜行性動物舎の出口に一番近い獣舎にいます(*^_^*)

この個体の生活の質の向上を目指し、まずはその器用な手先を使う機会を増やそうということでフィーダーを2つ作成しました。

じゃじゃん

フィーダー


じゃじゃん


フィーダーの中には好物の蒸しイモやリンゴを入れます。
簡単には餌は出てきません。手を突っ込んで掴み取ったり、揺らして落とす等、アライグマ自身に試行錯誤してもらうことが目的です


早速設置してみると、、、

2つ


すぐに興味を示してくれました



手を突っ込んだり、揺らしたり、
とても器用に餌を取り出しているのが分かりますよね


狙い通りです
これには作成者も思わずにっこり

フィーダーの他にも、体重測定を目標としたトレーニングにも取り組んでいます
まだまだスタート地点ではありますが、やっと担当者に自ら近づいてくれるようになりました
その様子についてもまたブログでお知らせしていきますね


おまけ

ふれあい広場のフタコブラクダ「ジャック」の採食中を激写
IMG_E9363
IMG_E9362

上唇の動きが好きです

獣医さんによると、最近は今年の2~3月頃に比べて動きも軽快とのこと
元気に過ごしていますよ。


みなさん、こんにちは
先日の休園日に、エジプトルーセットオオコウモリの飼育個体を確認するため、年に1度の全頭捕獲を行いました。

まず、夜行性動物舎のコウモリ展示場に入り、100頭強のコウモリたちを1頭ずつ捕獲していきます。
コウモリ捕獲

天王寺動物園では飼育しているすべてのコウモリにマイクロチップを挿入していますので、その番号を1頭ずつ確認します。
MCリーダー

この1年間に生まれ、マイクロチップがまだ入っていないコウモリには、注射器でマイクロチップを埋めこみます
24頭いました
マイクロチップ

貴重な機会なので、ケガや病気がないかもチェックします

確認が終わって、ケージで休憩
コウモリ

お疲れさまでした
ほかのみんなの確認が終わるまで、もうすこし待ってね。



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
みなさまに大切なお話をさせていただきます。
最近、コメント欄が荒れてしまうことが多く大変困っています。

ブログはみなさまに楽しんでいただきたい思いから運営をしており、お子様も目にする機会が多いと思います。
当園に対するご意見はもちろん真摯に受け止めますが、
読者さまどうしや特定の個人に対する誹謗中傷、他園の批判など、ブログを楽しみにご覧いただいている方を不快にさせてしまう内容も増えています。
みなさまどうぞ、良識のあるコメントをお願いいたします。

このままの状況が続くようであれば、予告なく内容の削除、コメント欄の閉鎖を行う場合がございます。
あらかじめご了承ください。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

みなさん、こんにちは
天王寺動物園は現在、年末のお休みをいただいており、年始は1月2日(土)から開園します。

さて、今年は子年でしたね。
2020年子年の締めくくりとして()、夜行性動物舎のネズミの仲間に登場してもらいましょう。

スナネズミ
ネズミネズミ
ユーラシア大陸、中国からロシアにかけての砂地に生息します。
スナネズミ

ヒメハリテンレック
アフリカトガリネズミ目テンレック科
(正確には、ネズミの仲間ではありません・・・
アフリカ・マダガスカル島の固有種で、背中に針状の毛が生えています。
ヒメハリテンレック

来年は丑年ですね。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


みなさまこんにちは

ブログのチェックありがとうございます。
明日から夜行性動物舎、は虫類生態館(アイファー)が再開いたします。
休館中に何やら動きがあったようで!

それでは、以下、担当者からです!
夜行性動物舎→アイファーの順です
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さまお待たせいたしました。222日から閉めていました夜行性動物舎が明日(24日)から再開いたします。

enn

4ヵ月夜行性舎の動物達は、皆さんにお目にかかれませんでしたが、元気に過ごしてくれてました。

この4ヶ月の間に夜行性舎の中も少しですけど変わった事があります。

ハクビシンの台が1つ増えました。


nn

コウモリと、ハクビシンの照明を少し暗くしました。少し見にくくなるかもしれませんが、動物達のためとご理解ください。

op

ik



そしてもう一つ、退屈な時間が少しでも少なくなるようにと、時間をかけて採食してもらおうとこんな物を作ってみました。

動画はキンカジューのアスリーです。







キンカジューは長い舌を持っていますので小さな穴を開けたペットボトルの中のすりおろしリンゴジュースも上手く舌を使って飲みます。

 

夜行性動物舎入口には、消毒スプレーを設置しておりますのでご利用ください。


ko

また館内では、密にならないよう職員手作りの足跡のシールを貼らせて頂いてますので動物を見る時の目安にして下さい。

use

この足跡誰の足跡かお分かりになりますか?

巷で今大人気のあのぬいぐるみのモデルとなった

日本ではここでしか会えないあの子達です。

ya


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、アイファーからのお知らせです!

休館前と比べてどこが変わったかぜひチェックしてみてくださいね!

まずはグリーンイグアナの展示場から!

っゆ

園内で育ちすぎたため切った木を利用して

ち

新しい展示レイアウトを組み立てています!

せ

さっそくお気に入りの場所?(気分によっては見えない位置にいることもありますが、ご理解ください)

鮮やかな緑が特徴的なグリーンパイソンや

いたい


猛毒注意!?なアイゾメヤドクガエルも展示デビュー!

るい


ドンと構えるイエアメガエルは相変わらずです

は

さて、明日から再開となりますが、みなさまソーシャルディスタンスには十分気を付けて思う存分楽しんでくださいね!

※とは言いつつ、ホームページにもありますが、混雑時には入館制限をさせていただく場合がありますが、ご理解ご協力のほどお願いします。

https://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu170/tennojizoo/assets/pdf/information/20200623.pdf




みなさんこんにちは
いつもブログをご覧いただきまことにありがとうございます

随分春めいた日が増えてまいりました

園内でも、桜の木が開花をはじめ、園内が静かなこともあり桜の木にたくさんのメジロが蜜をすいにきていました
IMG_5127


無事に桜が満開になる前によいお知らせができることとなりました。
天王寺動物園の開園を24日より再開いたします。 ※慶沢園は20日より再開いたします。
 ↓↓↓ 詳しくは、こちらのURLをごらんください
https://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu170/tennojizoo/assets/pdf/information/20200318.pdf

大変お待たせしました!!
是非みなさんお越し下さい☆


さぁ、1日遅れてしまいましたが、3/17はニホンアナグマ「にり」のお誕生日でしたー!!

にり〜  Happy birthday  

ということで、にりの暮らす夜行性動物園舎にさっそく写真撮影に!!


IMG_5121

……

IMG_5122

………うまく撮れない
 
夜行性動物舎はやっぱり暗いですね

夜行性動物舎では、動物たちに昼夜逆転生活を送ってもらっています。

そこで、まだ暗くなる前に、担当者が写真を撮ってくれました♪
IMG_5120

おぉー
さすが見やすい♪

ちょっと体が小さめで引っ込み思案の方が「にり」、大きめの堂々としている方が「まる」だそうです!
(私はまだ見分けられませんでしたので、もうちょっと修行します)

夜行性舎にいると、こんなにはっきりお顔を見れる機会は少ないと思いますので、初めて顔ちゃんと見た!!という方も多いのでは??


これはよい!ってことで、夜行性動物舎の他の仔たちも一部ご紹介!
まずは、渋い名前の「フーザブロウ」
IMG_5123

フーザブロウは、フサオネズミカンガルーという種類で、おなかに袋をもつ有袋類の仲間です。
フーザブロウはオスなので、おなかに袋はないんですけどね
IMG_5124

ピョンピョンと跳ねながら素早く移動するので、夜行性舎での写真撮影難易度は非常に高め、、、
しかも隠れていることも多いので、お顔を初めて見たという方も多いのでは?
とってもかわいいおススメ動物の一種です。


そして、次はニホンアナグマとよく間違えられる、ハクビシンの「こんこん」と「ぱむ」
こちらが「こんこん」で
IMG_1703


こちらが「ぱむ」です。
IMG_3114

ハクビシンは、アライグマと同じように、最近日本の山にもよく出没するようになった動物です。
野生のハクビシンを見かけたことのある方も多いのでは?

一般的には、タヌキ(イヌ科)やアライグマ(アライグマ科)と間違えられやすいのですが、
ジャコウネコの仲間です。

夜行性舎やアイファーなど、まだオープンできないところもありますが、
そちらは、今後もブログでも紹介したいと思います。

ひとまずは、24日からの開園を是非お楽しみに!!




↑このページのトップヘ