カテゴリ: ウサギ

みなさなこんにちは

ブログのチェックありがとうございます

ふれあい広場から、ウサギについての報告です。

ウサギのトトは高齢であるため、現在は寒さ対策で室内で過ごしていると前回のブログではお伝えしておりました




温かい日は展示場に出てもらうなどしておりましたが、ここ最近はトトがくしゃみをしたり鼻水が出たりと体調を崩し、元気がない様子です

現在は獣医師とともに治療にあたっております。今のところ体重の変化はないのですが、食欲の低下が見られております。

S__34767023

↑人の会話に耳を傾けているトト



展示場への移動や体重測定のためにバリケンに入るときも、非常にゆっくりとやってきてくれました。
これからは治療に専念するため、展示場でご覧いただける機会が減ってしまいます。トトのためのことと、ご理解ください。

元気になった暁には、またトトを見に来てください。


みなさまこんにちは

ブログチェックありがとうございます。

1月ももう終わり…とても早く感じますね。動物たちにも私たちにも早く春が訪れることを祈るばかりです

さて今回は
ふれあい広場、ウサギ担当からのお知らせです

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以前のブログでお伝えしましたが、ウサギのトトは現在寒さ対策のため屋内で過ごしています。

IMG_6277 2

遊び相手がいなくなってしまったトトはホッキョクグマのゴーゴ人形と暮らしています。限られたスペースになってしまいましたが生活の質の向上のため隠れ家を用意したり、時間をかけて餌を食べてもらえるようにしています。



そして、温かい日には、走り回ったり穴を掘ることができる広い展示場で暮らしてもらうのですが、トトに負荷がかからないように、自らバリケン(移動ケース)に入ってもらえるように練習をしています。








また、以前は体重計に乗ってもらい体重測定をしておりましたが、今回はバリケンに入ってもらいそのまま体重測定も実施しました。
IMG_6280 2


IMG_6281 2


今後も寒さが落ち着くまでは屋内で過ごしてもらいますが、温かい日は展示場で見ていただくことができます

みなさまぜひご来園の際はのぞいてみてくださいね!



ウサギのウータン(メス)が、本日1月8日に亡くなりました。

図1

ここ1年ほどは、天王寺動物園で暮らす2頭のためにさまざまな工夫をしていて、生活環境が良くなるように取り組んでいました。

図2
(土を耕し、芝生を植えました。)

4
(この夏には草が伸び、その中をウサギたちが走りまわっていました。)

図3
(ごはんの与え方も工夫し、退屈しないような環境を心掛けました。)

今年の冬を乗り切るために、ヒーターマットや投光器を設置したり、風よけのシートをはったりしていました。
ここ数日は寒さが一気に厳しくなり、よりウサギたちの状態を注視していましたが、残念な結果となってしまいました。

解剖検査の結果、肺に膿がたまっており、呼吸不全であったと考えています。
肺のようすから、徐々に膿がたまっていったものと考えられますが、ごはんも食べていることを確認していて、前日まで元気で暮らしていました。

もう1頭のトトも高齢であることから、防寒のため、しばらくの間は屋内で暮らしてもらう予定です。
当面はウサギをご覧になれませんが、気候が穏やかになるまで、しばらくお待ち願います。


みなさんこんにちは

ブログチェックありがとうございます

長らく閉鎖中のふれあい広場からお知らせです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回はウサギの運動場についてご紹介します。

ウサギの運動場の一角には、落ち葉を敷くエリアを作っています。

普段は穴を掘ったり、草の中を走ったりする姿をよく見かけるのですが、最近その落ち葉エリアにさえ行くことが少なくなりました。

そこで、落ち葉の総入れ替えを実践

新しく落ち葉を集めてきて、新鮮な落ち葉を敷き詰めました。

すると小屋から出たウサギたちが真っ先に向かった先はなんと落ち葉エリア

ウサギ

伸びをしたり、落ち葉を掘ったりといろんな動きをまた見ることができました

ウサギ2


ゆったりとくつろぐウサギの様子はぜひ動画でご覧ください




まだまだ暑い日が続きますが、動物たちが快適に暮らせるようにいろいろ試してみたいと思います。



みなさんこんにちは

ブログのチェックありがとうございます

さて、ふれあい広場のウサギを担当している新人飼育員の新しい挑戦の様子です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


現在閉鎖中のふれあい広場ですが、動物たちは元気に過ごしています。

体調管理のため、週に1度の体重測定を行っているのですが、捕まえて測定するのではなく、ウサギたちにあまり負担がかからない方法で測定できるように練習中です

まずはウサギたちとの関係づくりから始め、


tarou

ウサギたちが自ら体重計に乗ってもらえるように

体重計と同じ高さの台を設置

usa


その上で餌を食べてもらうことをまずは覚えてもらいました



それから、その台を体重計にこっそり変えて・・・

無事に体重計に乗ってもらうことができました




今後も継続して取り組んでいきたいと思います


↑このページのトップヘ