カテゴリ: チンパンジー

みなさん こんにちは 飼育スタッフです。

ブログをご覧いただきありがとうございます♪

 

さて、突然ですが問題です。

714日は、世界中である動物の日とされているのですが、いったい誰の日なのでしょうか??

 

 

正解は、、、



WCD_Logo_Signature_t6xeix



「世界チンパンジーの日」

1960 7 14 日はジェーン・グドール博士が野生チンパン

ジーの研究のため、初めてゴンベ渓流国立公園へ足を踏み入れ

た日だそうです。

 

天王寺動物園でも、この714日にチンパンジーについてのスペシャルガイドをさせていただきます

詳細は次の通りです。

 

  日時:7/14() 13:15

  場所:天王寺動物園 チンパンジー舎屋内展示室

  内容:

・チンパンジーのガイド

   ・おやつを食べるチンパンジーを観察しよう!


チンプ1s


また、現在屋内展示室でも、世界チンパンジーデイについてパネルで紹介しています。

もしよければ、この機会に私たちによく似た動物、チンパンジーのことについて一緒に考えてみませんか?


みなさまのお越しをお待ちしております。

 
チンプ2s




こんにちは。飼育スタッフです。
先日お知らせさせていただいたとおり、6月18日に発生した地震による余震を警戒して、現在チンパンジーの屋外展示を中止させていただいているところですが、最近のチンパンジーたちの様子について、飼育担当者からお知らせします。

              

地震の翌日にはごはんを大量に残したりしました。不安定な気持ちが長引くかなぁと心配で、阪神大震災時にチンパンジーを担当していた先輩に当時の事を色々教えてもらったりしました。

地震のあとのチンパンジーたちの様子を少しご紹介しますね。

<ミナミの場合>
普段から甘えたなところがあるのですが、地震の直後は特に甘えてくるそぶりを多く見せたので、なるべく一緒にいるようにしました

IMG_0017
地震の次の日もまだ不安そうで、前に座ると手を握って、背中を掻いてと甘えてくるミナミ。

<レモンの場合>
天王寺動物園のチンパンジーの中で一番こわがりのレモン
地震の翌日、プテリおばあちゃんと一緒にしたところ、安心したのかごはんを食べてくれました。そのため、その
日から昼間はプテリと一緒に過ごせるようにしています
IMG_0005

チンパンジーたちは私たちが気づかないような小さな余震でも気づくので、完全に落ち着くにはもう少し時間がかかりそうです。しかし、
日が経つにつれて、落ち着きも食欲も徐々に取り戻してきていますので大丈夫です

動物たちのことを気にかけていただいた皆さま、ありがとうございます

チンパンジーの様子ではないですが、地震があった当日の午後、獣舎の点検で屋外展示の丸太の上に登りました。

P_20180618_131446-01
普段チンパンジーのみんなが見ている景色風がとても気持ちよかったです

余震の心配も落ち着き、チンパンジーたちの気持ちも落ち着いて、
また横になったり、毛づくろいをしあっている姿がはやく見られますように

おはようございます 飼育スタッフです。

昨日の地震から余震が続いており、大きな余震が発生した場合、地震の揺れに驚いて想定外の行動をする可能性がありますので、チンパンジーの屋外展示を当分の間 中止させていただきます。
IMG_3921s
なお屋内展示ではチンパンジーをご覧いただけます。

動物とお客様の安全の確保のためですので、ご理解いただきますようお願いします。

今日も朝から雨模様の天王寺動物園
こんにちは 飼育スタッフです
ブログチェックのみなさま ありがとうございます


さて、10月5日のだ~れだ?のこたえ
チンパンジーのレモン(♀)さんでした
IMG_9579(レモン)s
レモンさんは2003年10月18日に天王寺動物園で生まれました
お父さんはレックスさん お母さんはアップルさん(2012年他界)
天王寺動物園で暮らしている6頭のチンパンジーの中で一番若いコです
そのせいか担当スタッフ曰く とっても甘えん坊さんだそうです


天王寺動物園ではチンパンジーはオスの群ごとの交互展示となっています
レモンさんはリッキー(♂)・プテリ(♀)・ミナミ(♀)と一緒に
水曜日・金曜日・日曜日に屋外グラウンドでご覧いただけますよ

火曜日・木曜日・土曜日の屋外グラウンドではレックス(♂)・ミツコ(♀)に会えますよ

明日 14歳のお誕生日を迎えるレモンさん
ぜひ会いに来てくださいね~(*^・ェ・)ノ



↑このページのトップヘ