2023年10月11日

もしも洪水になったら・・・避難訓練

10月11日(水)

本日洪水避難訓練を行いました。
毎年この時期に行っています。

こども達に、今日のお天気は?と聞くと「Sunny!」と元気のこたえてくれました。
「そう今日は晴れているんだけれど、一杯雨が降った時には保育園がびしょびしょになるから、てのひらこども園の2階に行くんだよ。今日は練習ですよ。」
と伝えて訓練に入りました。

想定は、「朝からの大雨で新芝川の氾濫注意報が発令された」状況で、てのひらこども園の2階に避難の指示を出しました。

まずは、てのひらこども園の受け入れ態勢を整備してもらってから、てのひら保育園と第2てのひら保育園の子どもたちの移動が始まります。
お散歩カーに乗せて、ビニールシートをかけて、職員2名体制でピストン輸送です。
IMG_3186-1

残って移動を待っている子どもたち。
IMG_3181-2

床上浸水を想定して大切な書類などを机の上にあげます。
IMG_3182-1

必要な物資を運んだら、玄関に「てのひらこども園に避難しています」の案内を掲示して、最後に電気・ガス等の元栓を切って園を後にしました。
DSC_0114-1

避難先のこども園では、幼児さんのバルーン演技を見せてもらって視線くぎ付けの園児たちでした。
IMG_3189-1

訓練を行ってみて課題もでました。
・職員のレインコートは、電車通勤者の分として2枚/園用意しているが間に合うか?
・火事の避難とは違って、一刻も早い非難を優先するのではなく、避難先の長時間滞在を想定した物資の運び出しが必要ではないか?
・昼食前の避難なら、昼食を同準備するか?調理済みなら持ち出しができないか?
・こども園の2日の避難体制は十分だったか?
などなど。

訓練の後の再検討を職員間で行っていきたいと思います。

てのひら保育園 あっこ




tenohirahoikuenn at 16:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。