2018年07月09日

AED訓練


7月9日(月)

テレビで西日本の豪雨災害ニュースが流れて、画像を見ていると悲痛な気持ちになります。
そんな朝、急にゲリラ豪雨みたいな雨でした。
いつ何時災害が起きるかわからないので、園児をどう守るか、イメージを膨らませて準備しなければなりません。そんな年間災害訓練の一つ「AED訓練」と「消火訓練」を、実施しました。
DSC04182-1

西新井消防署から来ていただいた指導班に、最初は対応の模範を見せていただき、そのあと職員が体験しました。
DSC04180
意識不明の子どもを発見したら、大声で職員を呼び、「119番通報」と「AED持参」を依頼すること。
AED訓練では、赤ちゃんの人形をモデルに2本指で心マッサージです。「体の1/3迄押すように!」のアドバイスに緊張しながらリズムをとって。

そのあとは、消火器の使用訓練です。
DSC04175
火に直接かけないこと。手前から掃くようにかけましょう。
火が天井に迄燃え上がったら、手に負えないのですぐに非難しましょう!
など教わりました。

毎年実施している訓練ですが、忘れてしまうのか毎年発見することがあります。
災害は起きてほしくありませんが、起きる想定で事前準備をしておきたいと思いました。

てのひら保育園HP http://tenohira-kids.com/






tenohirahoikuenn at 20:05│Comments(0) 保育園運営 

コメントする

名前
 
  絵文字