2018年08月24日

夏の初体験

8月24日(金)

8月も半ばを過ぎましたが、まだまだ暑さの厳しい日が続きますね。日暮れの早さと、虫の声に少しずつ夏の終わりを感じる頃となりました。
アツーイ この夏、てのひらのお友だちはどんな思い出ができたのか…
ご家庭からの連絡帳から紹介してみたいと思います。
 
ひよこぐみ、Kくん(1歳0か月)。父母各々の実家に帰り、とにかく遊び通しました。急に一人で立ち、数歩歩くようになり本人も嬉しいのかニコニコしながら誇らしげにしています。
(職員)Kくんの得意げな表情が目に浮かびます。Kくんの初めの一歩を見たおじいちゃまおばあちゃまも大喜びだったでしょうね!!

りすぐみ、Kたくん(2歳3か月)。初めての温泉に入りました。大きな露天風呂でバシャバシャとはしゃいで少し熱めでしたが「大丈夫!」と入っていました。じぃの家では、みんなで花火をやりました。花火をじっーと見て、なんとも不思議そうでした。
 すごーい。露店風呂デビューだったのですね。お話が上手になって、思いを言葉でしっかり伝えられるようになったきたKたくんなので、きっと「大丈夫!」だったのですね。

うさぎぐみ、Rくん(3歳0か月)静岡に行き海に入ったり花火大会へ行ったり、夏を満喫しました。海は意外にも自分から飛び込んでいって楽しんでいました。成長を感じた夏休みでした。
 ⇒ へえー。慎重派のRくんが、海に自ら飛び込んだのですね。確かに成長です!

他にも、キャンプに行ったり釣りをしてみたり電車 を見に行ったり、お家でのんびり水遊び をしたり…沢山お家の方と楽しめたようです。
体調を崩すことなく、元気にお休みを過ごせたこと、笑顔で登園してきた様子が何よりも嬉しかったです 。

さてさて、ひと夏の成長でたくましくなった子ども達。久しぶりの勢揃いですが落ち着いてお話を聞く姿が見られます。巧技台を並べると誰からともなく並んで座ってみたり 、お気に入りの絵本の体操をしたり…。
20180823_160344

20180823_095039

お友だちと一緒に過ごすことが更に『たのしいなぁ』という様子が伝わってきます。
厳しい夏を終え、少しずつ大きく、たくましくなった子ども達。
次は、すこし涼しくなったら、お散歩再開で小さな秋🍄を見つけていきたいと、思います。

てのひら保育園   幸子



tenohirahoikuenn at 17:12│Comments(0) こどもの様子 

コメントする

名前
 
  絵文字